【1人だけ指名スタッフお作りなさい】
オネエコラムvol5

【1人だけ指名スタッフお作りなさい】<br>オネエコラムvol5

1人だけ指名スタッフお作りなさい


アナタのことをよく理解してくれそうなスタッフを1人だけ指名するのよ!



ホストクラブじゃないわよ笑
無事にチェックインも済ませたかしら?

ラグジュアリーホテルには通称「ホテルの中のホテル」って呼ばれるクラブフロアと、
その中心的位置に専任スタッフと呼ばれる精鋭スタッフを配したクラブラウンジがあって、

ぜひプラスの料金を追加しても、泊まる事をおすすめするわ。
あくまで過保護に構ってほしい方だけにおすすめよ〜!!

初めてクラブラウンジに泊まるアナタは心のこもったおもてなし(=マニュアル)を
受けながらも明らかにマニュアルとは違う、扱いの違うお得意様に嫉妬することでしょう。

ここでね、お得意様にはあんなに手厚いおもてなしなのにとセリーヌのハンカチ噛んだりしちゃダメよ!
冷静になって!
お得意様も最初はアナタと同じ一見さま。
文句垂れながらも大枚はたいてきてすったもんだしながら辿り着いただけなのよ!!

ちょっと周りを見渡してみて。
全く相手にされないアタシなら、あのスタッフならきっとアタシのニーズに応えるべくセンスを持ってるんじゃないかしらと値踏みするわね。

そして、姫川亜弓ばりに

「ちょっとアナタ、お紅茶頂けるかしら?クイーンメリーにしてね!」

とお聞きなさい。

「申し訳ございません、クリーンメリーはご用意がございません」

って答えが返ってくるものなら、そのままチェックアウトなさい。

「クイーンメリーよりももっと貴女様にお似合いのマリーアントワネットが愛したラディレはいかがでしょう?」

なんて答えが返ってくるものなら、そのままステイなさい。

ないものできないことをダメと言わずに、感性を生かして更に持ち上げて優雅な気分にさせてくれるセンスを持ったスタッフを選ぶ事が重要〜〜〜!

とっとと指名なさい!!!!