ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

世界フィギュア直前にルッツとフリップジャンプを見分ける3つのコツ【必見】

世界フィギュアまであと6日!

皆様、フィギュアスケート
ジャンプの見分け方シリーズも、

トーループ、ループ、サルコウと来て、
今回でラスト!

いよいよラスボスのおでましよ~

「ルッツとフリップのジャンプの違い」

この2つのジャンプって
同じジャンプにしか見えないわよ!

よくそんな声を聴くのよね。

実際見比べてみても違いを見つけるのは
至難の業よ。

どうやったら、
このふたつのジャンプを見分けられるのか?

シリーズ最後にして、
難易度高めだけどよ、

ぜひ頭を柔らかくして、
あたしと一緒に

ゆる~く、ゆる~く笑
見ていきましょ!




ポイントその1 ヒントは軸足の角度にある

「オネエブログニゴトウジョノミナサマ、
ナニカオコマリデショウカ?」

出た、エロス!
ルッツといえばエロスよ~

エロスのルッツはお手本のような
ジャンプよね。

あたしはエロスのルッツは
非常に明確だと思うのよ。

後ろ向きから助走に入ったわよ。

跳ぶタイミングを計っているわね。
まだここではルッツかフリップか
わからないわよね~

これはルッツだわ!

???

皆様、エロスの左足の倒す角度に注目よ!

ここ重要よ!

左足を外側(左に)、つまりアウトサイドに倒してるわよね。

アウサイドに倒して
跳ぶジャンプがルッツなのよ。

ここまでは大丈夫かしら?

じゃあ、次に
フリップを見てみましょうよ。
誰か適役いないかしら?

アタシニマカセナサイヨ!

出たわ、リッポン姐さん!
この肩の入れ具合、腕のしならせ具合。

姐さんに任せたわよ笑

後ろ向きで助走に入ったわよ。
まだフリップかルッツかわからないわよね~

ぐるりとターンが入って、
勢いのまま、跳ぶわよ~

右足のトウを着く瞬間の体勢よ~。

これはフリップだわ!

???

皆様、姐さんの
左足の角度に注目よ!

ここ重要よ!

左足を内側(右に)、
つまりインサイドに倒してるわよね。

インサイドに倒して
跳ぶジャンプがフリップなのよ。

このアウトとインの使い分けで苦労している
スケーターも多いわよね。

皆様ここまで大丈夫かしら?
あたしはだんだん頭から湯気が出始めたわよ笑

ポイントその2 ヒントは助走の長さにある

ルッツは6種類のジャンプの中でね、
唯一、滑走の力を活かせない
ジャンプなのよね。

へ???

と、とりあえず

ルッツから見ていきましょ!笑

マーカー汚くて御免あそばせよ。
あたしババアだから手が震えてるのよ笑

先程話した、

ルッツはアウトサイドに
向いていることが原因で、

ここ重要よ!

ジャンプの回転とは
真逆の方向に跳ばなくちゃいけないのよ。

だから滑走してきた力をそのまま
ジャンプの力に繋げることが
できないのよね。

ルッツの助走の長さは、
滑走の力を入れることが出来ない分、

タイミングを計らなくてはいけないじゃない。
だからその分、助走が長くなるのよね~

反対にフリップは、

ここ重要よ!

助走から来たインサイドの方向
とジャンプの回転する方向が一致しているのよ。

だから助走してきた力をそのまま
ジャンプの力に繋げることが出来る分、

助走がルッツに比べて比較的短いわけよ。

言い換えると、
ルッツの助走が短いスケーターは、

ジャンプのセンスがあると思うのよ。

だめだわ、あたし完全に頭が蒸発よ。

ポイント3 細かいことは気にしない!アナタの感性が大事

ここがあたしの一番言いたい重要なことよ。

ルッツやフリップの
ジャンプの概念に捉われるばかりで、

スケーティングの持つ本来の美しさや、
演じたいスケーターの想いを

感じることができなくなってしまえば
本末転倒なのよ。

要は、

ありのままで♪

「感性」は点数で計れないわ
「美」は点数で語れないわ

アナタのその素直な感性を
大事にすることが

フィギュアを楽しむ上で
一番必要なことなのだと

あたしはそう思うのよね。

だからいいのよ、
アクセルジャンプを

ルッツ!と叫んだってさ。

だって見てる本人がアクセルをルッツだと
思ってそれが美しいって心奪われたら、
それがすべてじゃない!

ちょっと極端すぎる例だわね笑

※こんなふうに足上げて
細かいことなど気にせずに楽しむのよ!

羽生結弦に学ぶ!フィギュアスケートジャンプの見分け方①

羽生結弦から学ぶフィギュアスケートジャンプの見分け方②

サルでもわかる!押さえておくべきフィギュアスケートジャンプの見分け方③

皆様、長々とお付き合い
本当にありがとうね!

ジャンプの見分け方って、
スケーターによってジャンプの癖もあるし、
一概にこれって答えはないと思うのよ。

その時代に合わせたルールの中で、
必死の努力で「美」を追求する選手達には

あたしは尊敬の念しかないわ。

リッポン姐、
フィニッシュポーズもオネエね笑

おしまい

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.