ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

世界フィギュアで羽生結弦にしか跳べない奇跡のジャンプシークエンス!

皆様、世界フィギュアまで、

あと3日!

いよいよカウントダウンね。

このドキドキ

皆様も同じ心境だと思うのよね。

でもどうか、お食事と睡眠だけはしっかり
摂って、体調管理には気を付けて頂戴ね!

さて、前回お話させて頂いた、

「オイラー」

に引き続き、今回は

「ジャンプシークエンス」

についてゆる~く、
お話していこうと思うのよ。

羽生結弦にしか跳べない、
あのジャンプシークエンス

について見ていきましょ!




羽生結弦が跳ぶ4T-3A-SEQに注目!

また難しい用語、

「SEQ」

が出てきたわね!笑
あんた、何モンよ!?

「SEQ」=ジャンプシークエンス

前回お話した「オイラー」は

着氷した「右足」を「左足」へ
変更するのが目的で、

ここが重要よ!

ジャンプがすべて後ろ向きで着氷するのが
大前提での話なのよね。

「ジャンプシークエンス」は、

後ろ向きで着氷するすべてのジャンプから
ターンを入れることで、

前向きから始まる
アクセルジャンプを跳ぶための準備動作
なのよね。

4T-3A-SEQ

と表記されるけど、
4T-SEQ-3Aじゃないのよね。

あくまでターンとしての扱いだから最後に
付けるのかしらね?

実際にユヅのジャンプで見ていきましょ!

この入りは4回転トーループだわ!

右足のトウをついて、テイクオフ!

見事に華麗に着氷。
ここでは後ろ向きよね。

これからターンを入れますなんて素振り、
全く見せない手の置き方を見て頂戴よ!

異次元すぎるわ!

ここからターンに入り、シークエンス。

ここに注目よ!

ターンを入れて前向きになった瞬間に、
ただちにトリプルアクセルを跳ぶのよ。

何が凄いって、
ターンを入れることで、

最初のトーループを降りた後の
加速がほとんど
なくなってしまった状態でも、

トリプルアクセルを跳んでしまう彼の跳躍力!
バネの高さだと思うのよね!

これ普通に考えたら、無理よ!

昔、スルヤボナリーが
ビバルディの「四季」で助走なしから、

幽体離脱しとるがな、両足笑

いきなりダブルアクセル決めた時も
びっくらこいたけどさ、

ユヅのはボナリー比で100%驚き増よ笑

あたし腰ぬかしそうになったわよ!

助走なしでトリプルアクセル、、、

4Aを本気で目指しているのも
頷けるわよね。

連続ジャンプに比べて両ジャンプの基礎点から8割

こんなに難しい超人技をやってのけるのに、

ターンを入れるシークエンスの方が
難易度的には低いため、

両ジャンプの基礎点
合計の8割が

基礎点となるのよね。

(4T 9.5+3A 8.0)×0.814.0点

ユヅはプログラム後半に跳ぶので

14.0×1.1=15.4点

ここはジャンプの難易度によっては、
ぜひ基礎点を見直してほしいところよ~。

じゃあなんでわざわざ点数が低くなる
ジャンプを取り入れてるのかしら?

彼にこの質問は愚問なのよね!

「点数的にということではなくて、
自分ができる最高のコンビネーション
になると、

4回転からのアクセルだったり、
そういったものになるのかなあと思って!」

要は点数云々じゃないのよ!
彼の目指している、

「トータルパッケージ」

って、

世界最高得点とか
そんなもので計れるような
ものじゃないんだわね。

どれだけ自分の
最高のパフォーマンス、

「フィギュアの美」を
体現できるか!

そこに尽きると思うのよね~

只今、「羽生結弦へエールを送りましょう」企画開催中よ!

羽生結弦へエールを送りましょうよ!

ぜひぜひ皆様のご参加お待ちしていますわ~

↓投票&コメントはこちらよ↓

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.