スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

世界フィギュアで羽生結弦にしか跳べない奇跡のジャンプシークエンス!

皆様、世界フィギュアまで、

あと3日!

いよいよカウントダウンね。

このドキドキ

皆様も同じ心境だと思うのよね。

でもどうか、お食事と睡眠だけはしっかり
摂って、体調管理には気を付けて頂戴ね!

さて、前回お話させて頂いた、

「オイラー」

に引き続き、今回は

「ジャンプシークエンス」

についてゆる~く、
お話していこうと思うのよ。

羽生結弦にしか跳べない、
あのジャンプシークエンス

について見ていきましょ!




羽生結弦が跳ぶ4T-3A-SEQに注目!

また難しい用語、

「SEQ」

が出てきたわね!笑
あんた、何モンよ!?

「SEQ」=ジャンプシークエンス

前回お話した「オイラー」は

着氷した「右足」を「左足」へ
変更するのが目的で、

ここが重要よ!

ジャンプがすべて後ろ向きで着氷するのが
大前提での話なのよね。

「ジャンプシークエンス」は、

後ろ向きで着氷するすべてのジャンプから
ターンを入れることで、

前向きから始まる
アクセルジャンプを跳ぶための準備動作
なのよね。

4T-3A-SEQ

と表記されるけど、
4T-SEQ-3Aじゃないのよね。

あくまでターンとしての扱いだから最後に
付けるのかしらね?

実際にユヅのジャンプで見ていきましょ!

この入りは4回転トーループだわ!

右足のトウをついて、テイクオフ!

見事に華麗に着氷。
ここでは後ろ向きよね。

これからターンを入れますなんて素振り、
全く見せない手の置き方を見て頂戴よ!

異次元すぎるわ!

ここからターンに入り、シークエンス。

ここに注目よ!

ターンを入れて前向きになった瞬間に、
ただちにトリプルアクセルを跳ぶのよ。

何が凄いって、
ターンを入れることで、

最初のトーループを降りた後の
加速がほとんど
なくなってしまった状態でも、

トリプルアクセルを跳んでしまう彼の跳躍力!
バネの高さだと思うのよね!

これ普通に考えたら、無理よ!

昔、スルヤボナリーが
ビバルディの「四季」で助走なしから、

幽体離脱しとるがな、両足笑

いきなりダブルアクセル決めた時も
びっくらこいたけどさ、

ユヅのはボナリー比で100%驚き増よ笑

あたし腰ぬかしそうになったわよ!

助走なしでトリプルアクセル、、、

4Aを本気で目指しているのも
頷けるわよね。

連続ジャンプに比べて両ジャンプの基礎点から8割

こんなに難しい超人技をやってのけるのに、

ターンを入れるシークエンスの方が
難易度的には低いため、

両ジャンプの基礎点
合計の8割が

基礎点となるのよね。

(4T 9.5+3A 8.0)×0.814.0点

ユヅはプログラム後半に跳ぶので

14.0×1.1=15.4点

ここはジャンプの難易度によっては、
ぜひ基礎点を見直してほしいところよ~。

じゃあなんでわざわざ点数が低くなる
ジャンプを取り入れてるのかしら?

彼にこの質問は愚問なのよね!

「点数的にということではなくて、
自分ができる最高のコンビネーション
になると、

4回転からのアクセルだったり、
そういったものになるのかなあと思って!」

要は点数云々じゃないのよ!
彼の目指している、

「トータルパッケージ」

って、

世界最高得点とか
そんなもので計れるような
ものじゃないんだわね。

どれだけ自分の
最高のパフォーマンス、

「フィギュアの美」を
体現できるか!

そこに尽きると思うのよね~

只今、「羽生結弦へエールを送りましょう」企画開催中よ!

羽生結弦へエールを送りましょうよ!

ぜひぜひ皆様のご参加お待ちしていますわ~

↓投票&コメントはこちらよ↓

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. マルタ 2019年3月17日 7:58 AM

    Tomoさん、おはようございます。
    カレンダーを見れば、とうとう今週になってしまい、それだけでドキドキしてきます。

    Tomoさんの懇切丁寧なジャンプ講座のお陰で、世界選手権は今までの『ただ見てるだけ』の試合ではなく、自分なりの観戦が出来そうで、それも楽しみです。

    サロンの皆さんも色々、楽しい提案して下さったり、面白い視点を教えて下さって感謝してます。
    まだ世界選手権は始まってないけど、この場を借りて、お礼を伝えさせて下さいね。

    • オネエ 2019年3月18日 12:04 AM

      >マルタ様

      マルタさんこんばんは!
      いよいよ日付も変わり、あと2日ですね。
      もう心臓バクバクですね。
      わたしこそマルタさんいつもコメント、本当にありがとうございます。
      マルタさんの優しいお人柄、すごく伝わってきます。
      身に染みます。サロンへ訪れる皆様のコメントが
      いつもフィギュア愛が溢れていて、わたしこの空間大好きです!
      ぜひこれからもよろしくお願いします。

  2. ゆっここ 2019年3月17日 11:22 AM

    オネエ様、おはようございます。
    ライブでの試合となると、ジャンプもスピンもステップも、そんな要素なんて吹っ飛んでしまいますが、それ以降は、録画を観ながら要素を調べるのが、私の楽しみです。
    4t-3A は、ゆづ君は、よくアイスショーの時におふざけで、披露しているのを観ましたが、その頃は凄さがわからないでいました。考えれば、第2ジャンプは助走が無い状態なのだから、そこからの3Aは驚きです。
    昨日の、オイラージャンプの続きでもありますが、17年の国別で、4tからの1EU-3s というのもありましたが、これだと回転不足になる確率もたかそうだし、4t-3A SEQはの方が、ゆづ君らしい、最高のコンビネーションジャンプだと思います。何より、3Aが入っていますもんね!
    今大会では、このコンビネーションが一番の目玉ではないかと思っています。
    何気に、後半の、3F-3t もゆづ君にしては珍しいコンビネーションでは? 本人も、ジュニア以来の〜というような事を言っていたような…。
    ループ、そして、フリーでは、3A のコンビネーション二本が決まれば! と勝手な期待を抱いています。あとは、公正なジャッジです。

    • オネエ 2019年3月18日 12:06 AM

      >ゆっここ様

      ゆっここさんこんばんは!
      確かにユヅの3F-3T珍しいですよね。ジュニア以来なのですね!
      ユヅを支えているのは3Aだと思うんですよね。
      4回転ももちろん凄いのですが、あの美しい3Aは
      ただ見とれてしまうんです。
      そうですね、公正なジャッジを望みますね!
      選手たちは一生懸命練習してきたわけですから、選手へ批判の
      いくようなジャツジングはあってはならないと思います!

  3. おばちゃん 2019年3月17日 11:25 AM

    オネエ様 ジャンプ講座連載ありがとうございます!以前からスゴイわ〜と見ていただけで^^; お陰でさまで遂に色々薄ぼんやりながらも判りました。
    そして羽生くんのコンビネーションで〆、海外の実況解説などは「スケートの
    教科書のような!」「とつぜん飛んだ!」「スプリーム!」と絶賛ですものね。

    スパイラルやスピンの足の角度とか、軸真っ直ぐ、着地で上がっている片足、分度器で測りたい!って程いつも綺麗で…日本の解説の方はそーゆーコメント少ないですね。
    やだ、投稿で盛り上がってしましたました。
    皆さまのコメントも勉強にもなり、楽しみでステキなサロンですね☺︎

    • オネエ 2019年3月18日 12:10 AM

      >おばちゃん様

      おばちゃんさん、こんばんは!
      「突然跳んだ」に敏感に反応してしまいました!
      これから跳びますよ~って前触れが全くなく、
      前半の3Fとかステップの延長のように跳びますよね。
      まさにジャンプが表現と同化しているような錯覚を覚えます。
      会場に分度器持参するようにわたしが投げかけますね!
      「皆様、分度器を持参して頂戴!」
      どうでしょう?笑 解説実況は薄っぺらいんですよね、
      特にフジの場合。ここは町田とかに解説してもらいたいな~

      • ゆっここ 2019年3月18日 2:02 PM

        おばちゃん様&オネエ様
        オネエ様のレスにウケると同時に、実は私、子供が使用している分度器で、ゆづ君の着氷足の角度を測っています。「これは、35度」とか呟いて…。
        こんな人他にいるかしら。私、ゆづ君の着氷と足フェチだと思っています(笑)

        • オネエ 2019年3月19日 1:10 AM

          >ゆっここ様

          分度器のスペシャリストゆっここ様と
          呼ばせてくださいまし!
          着氷と足フェチ!いえ、他にもいるはずよ~。
          そうとうお目が高いですわ!

          • ゆっここ 2019年3月19日 11:06 AM

            オネエ様、認定ありがとうございます!
            ゆづ君のスケートは全てが好きですが、着氷が特に好きなのです。
            手が真っ直ぐに伸びている人はいますが、脚が真っ直ぐに伸びている人は、少ないのでは?と思います。
            ゆづ君の調子は、3Aと着氷でわかる…ような気がします。

            • オネエ 2019年3月20日 1:09 AM

              >ゆっここ様

              ゆっここさん、こんばんは。
              着氷で調子がわかる!これは一つの重要なキーとなりそうですね。
              どうしても成功か失敗かで調子を決めてしまう報道が多いですが、
              その見方は私も今後の参考としたいなと思いました!
              どうもありがとうございます。
              トリプルアクセルは彼が得意とするところですし、
              ここでも見極めることができますものね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.