清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 紀平梨花

更新日:

紀平梨花はコーチを変えるべきの声に濱田コーチの愚痴の真意を考察する

まだまだこどもなんですよ、梨花ちゃんは」

「試合以前の問題です。試合の前の準備や計画が全然できない

「ウォーミングアップは、滑走順によってもかわるもの。例えば、最終滑走だったら靴をいったん脱いでアップをし直します。
そういったことを前提にして準備するものですが計画性が全然なく、いきあたりばったり

「計画通りに試合を進めるという経験がないというか。初めてですし、ばたばたしているし、スケジュールもしょっちゅうかわるのはわかるのですが。

梨花ちゃんには、どんな時もきちんと同じことができるという訓練が必要だと思いました」

報道で紀平梨花を指導する濱田コーチこと
ハマコーが世界フィギュアでの敗因を

まるで愚痴が止まらないとの
報道を見たのよ。




これって本当にハマコーの愚痴なのかしらね?

あたしは紀平梨花がどんな性格なのか、
掴めていないのだけどね、

コーチと選手の信頼関係が
あってこそ、

選手は成長するべき
だと思うし、

素晴らしい演技を大舞台で見せてくれると
思うのよね。

あんた、端から見たら
これ愚痴にしか聴こえないけどさ笑

それは記事を書いた記者の思惑も
あると思うのよね。

問題はそこじゃなくて、
ハマコーが紀平の性格を見通して、

あえてマスコミを通じて、
「晒す」ことで、

彼女を鼓舞する狙いがあるのかもしれないわよね。

だってハマコーが放っておいても

マスコミがもう放っておかないじゃない笑
全部筒抜けよ。

いまや日本ではフィギュアスケートって

空前の大ブームじゃない。

選手はリンクだけじゃなくて、
リンク外でも注目される。

それほど影響力があるってことなのよね。

まだまだ子どもって、
16歳って子どもよね、一般的にはね笑

でもフィギュアスケート界においては
ザギトワのように、

もう世界女王を手にしている
スケーターもいる。

ロシアの指導なんて、それこそ
国のため、生活のため、名誉のためと

死に物狂いでしのぎを削っているのよね。

厳しいようだけど、
フィギュア界では16歳はもう立派な大人。

その世界で生きていく覚悟を
したのなら、

甘えなんて捨てるべきだわ。

ハマコーなんてまだまだ甘い。

あたしなら往復ビンタ食らわせてるわよ笑

計画性を持たせるのはコーチの義務なのか?

ネットではハマコーの指導に様々な意見が出ているわね。

選手の失敗を選手のせいにするのは
間違っているんじゃないか。

計画性を持たせてやるのがコーチの役目ではないのか?

ほんとにそうかしら?

あたしね、今回日本女子の世界フィギュアを
会場で目の当たりにしたけど、

まだまだ甘えを感じるのよね。
一生懸命やってる、努力だってひしひしと伝わってくるわよ。

でも、何がなんでも
泥臭くてもコーチの助言さえも無視してでも

メダルをもぎ取ってやる、

エテ公のシモベ達なんかに取られてたまるか、
コンチクショー!の精神がどこか足りないのよ!

まだまだコーチに甘えている部分がある。
コーチありきなのよね。

来季、ロシアのバケモノ達の乱入で、
女子フィギュア界は大きな変革期を迎えるでしょう。

いまのままの練習環境をかなぐり捨ててでも
単身、日本を離れて武者修行する時がくるかもしれない。

そんな時に荒波を乗り越えていく強さを
身につけるべく、ハマコーは敢えて苦言を晒したんじゃないかしら?

日本女子、がんばれ!
あんたたちならエテ公軍団、倒せるわよ!

-フィギュアスケート, 紀平梨花

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.