スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

女子フィギュアの4回転時代は本当にフィギュアの未来へ繋がるのか?

今季のルール改正、
ジャンプの抑制に繋がるかと

思いきや、蓋を開けてみれば、
ジャンプ、ジャンプ。

選手たちも打倒誰々の為に、
来季どんどん難しいジャンプを目標に

掲げていっているわよね。

紀平梨花は4回転2種類、
坂本花織、宮原知子はトリプルアクセル。

でも本当にこの流れが、
女子フィギュア界にとっての
未来に繋がるのかしら?




ロシアジュニアからは4回転ジャンパーがシニアへ!

あたしのブログでも度々取り上げてきた、

寿司ざんまい、宇宙から来た

トルソワ

高難度の4回転ルッツを武器に魅せる

シェルバコワ

いよいよ彼女たちが来季、
シニアへ本格参戦することになり、

トルソワに至っては4回転3本もプログラムに
入れて、これ全部決められた日にはよ、

どんなに他のジャンプのGOEや、
演技構成点が良くてもよ、

理論的に勝つのは不可能なのよね。

でもさ、ジャンプ、ジャンプの
今の流れって、本当に

「フィギュアスケート本来の美しさ」

に沿っているのかしらね?

今はとにかく基礎点が高いジャンプ、
コンビネーションンをどれだけ跳んだかで

決まってしまうルールじゃない。

でもあたしはそのスケーターの魅せる

ストーリー性であったり、
ちょっとした心情の変化を表情で垣間見せる

瞬間が好きだったりするのよね。

でも今のスケーターが決して悪いわけじゃないわよ。

いえスケーターでなく
ルールがそうさせているのよ。

要素の詰め込みに必死になっている
表情が時折、画面を通しても伝わってきてしまうのが、

残念なのよね。

あたしその流れでいうとね、

三原舞依の無駄な力のない演技、
そして彼女の表情の豊かさって
無理がなくて自然だと思うのよね。

これこそが本来の女子フィギュアスケートが
あるべき姿なんじゃないかって。

彼女が世界フィギュアで多くの国の方々に
演技を披露できないことをあたしどれだけ
悔やんだか!

女子シニアでも4回転時代に突入!

カザフスタンのトゥルシンバエワ、
世界フィギュアでついに4回転の扉を開いたわよね。

すごいことよ、
確かにすごいこと!

でもね、あたし正直、心の底から沸き起こる感情は
「感動」とは程遠いものだったのよね。

どちらかというと彼女の無機質な演技が
とてもつまらなく見えてしまったのよ。

もちろん人によって、受け取る感性は
違うからね、

トルソワ、トゥルシンバエワのような
素晴らしい4回転ジャンプこそが女王にふさわしい

と思う方々もいるだろうし、

あたしみたいな芸術性、表現力があって
その中にジャンプが溶け込むような
総合力こそが女王にふさわしい

と別れると思うのよね。

できることなら、あたしはね、
日本女子には、

後者の道を進んでほしいのよ。

それでも現行のルールのままでは無理があるわよね。
でもずっと心に残る演技って、

やっぱり音と衣装と演技と選手の持つ感性が
ひとつになって初めて人に感動を与えるものだと

あたしは思うのよ!

だからコストルナヤが出てきた時には
正直跳び上がるほど嬉しかったし、

紀平梨花はオールラウンダーだから、
両方の素質も持つわけじゃない。

来季はどんな戦いが待っているのかしらね?
このオフシーズンに注目選手を

ピックアップして、どんな選手に育って
いくのか特集していくから、

楽しみにしていて頂戴ね。

-フィギュアスケート


 

愛のオネエサロン

  1. ジゼル 2019年4月4日 8:05 PM

    本当にそう思います!
    色々考えたのですが、日本選手のスケートは、ぜひとも芸術と技術のリンクする究極のトータルパッケージを目指して欲しいなって。
    得点だけ高くて感動しない演技より、得点上では僅差で負けても全てが融合し、この人に一位をあげたかった、と思える感動の演技を。質が高くてその選手ならではの世界観を魅せる究極の劇場を。四回転、3Aも努力はして欲しいけど、女子はエテリガールズ男子はネイサンの回数を消化しようとしてつまらなくなる必要はありません。
    量より質では絶対に上回って欲しい。何より感動を与えるシアター(ディック爺)を。
    あと、2009年全日本や、四大陸の宇野、ニースや諸々の羽生のような気迫。得点上負けたとしても気迫では絶対に負けないで。そんな日本人であって欲しい。

    • オネエ 2019年4月4日 10:28 PM

      >ジゼル様

      ホント、そうですよね、量より質!
      やっぱり順位に関係なく、どれだけ感動のある、その伝えたい何かが
      心に響く演技=劇場、シアターが見たいですね。
      日本の良さってやつぱり魂の演技というか、
      ニースのロミオのようなものだと思います!

  2. おばちゃん 2019年4月4日 9:54 PM

    オネエ様 こんばんは、女子は4T、4S位?、男子4Aがプログラムやカラダへのリスクを考えると限界じゃないかな…心配しちゃいますよ!
    ツル子は体型も女子ジャンプに向いていたと思いますが、心打つ印象はなかったですねー。
    もう寿司ざんまいが、思いっきり謎の威嚇でジャッジにビームを浴びせ「カラダ壊すからぁ2年で引退しますけど、何か?」バンバン4回転披露して、ジャッジやスケ連の浅はかなシステムを演技で叩きのめして頂きたい(荒)

    先日の羽生くん、フリーのイナバウアの時に天を仰いで何かを掴み取った感じ…魂に触れるような、心震える瞬間でした。
    そーゆー世界観があるから、フィギアスケートに魅せられるんですよね。

    • オネエ 2019年4月4日 10:47 PM

      >おばちゃん様

      おばちゃんさん、こんばんは!
      トルソワビームに大爆笑してしまいました!
      女子では4回転はトーループまでと規制をかけた方がいいんじゃないか
      って思います。トルソワはアクセル以外全種4回転制覇を狙っているそうですが、
      体への負担が心配です。
      あの天を仰ぐポーズ、わたしも心揺さぶられましたよ!
      ハッとさせられる瞬間がフィギュアスケートだ!って思うんですよね~

  3. オネエ 2019年4月4日 10:31 PM

    皆様へ!

    今まだ試験的にというかタイトルに、「オネエでも分かるルール」という
    コンテンツを作りました!まだタイトルだけなのですが、
    ここにちょくちょくフィギュアのジャンプなどのルールなどを今後、
    入れていきたいな!と思っております。

    • おばちゃん 2019年4月4日 10:47 PM

      ワッ(^。^)v新コンテンツ!発見!これから読ませていただきますね、
      コーヒー淹れてきまーす。

      • オネエ 2019年4月4日 10:49 PM

        >おばちゃん様

        ちょっとホントにまだ触りなので、
        これからどんどんブラッシュアップしていきたいです。
        どうか長い目で笑
        個人的にはもうひとつコンテンツを増やしたいなと思ってるんです。
        今模索中です笑
        コーヒー美味しそう!

    • peony 2019年4月5日 1:30 AM

      オネエサマ、素敵な試みですね!!!
      ここがわかるとフィギュアの観戦、がぜん楽しくなりますよね。
      のんびりでいいので、ぜひぜひ続けていってくださいね。楽しみですわ!
      私的な希望ですが、プロトコルの見方もついでにやっていただけると、なおさら深まりますね~(負担?かしら・・・)

      • オネエ 2019年4月5日 5:18 AM

        >peony様

        そうですよね、ちょっと一歩踏み込んで
        見る観点が変わるような気がしますよね。
        ぜひ続けていきますので。もちろんプロトコルの見方も
        一緒にやっていきたいと思います。
        まず技の表記なども???と思うことがある方もいらっしゃれば、
        そこから始めてもいいのかなと思っています。
        わたしも一緒に楽しく勉強したいので笑

  4. マルタ 2019年4月5日 10:03 AM

    Tomoさん、新コンテンツ開設、ありがとうございます!
    ブログ更新やコメントへの返信など、お忙しい上に、ここまでしていただいて、感激です。
    くれぐれも無理なさらないよう、細く長くやって下さいね。

    • オネエ 2019年4月5日 8:56 PM

      >マルタ様

      こんばんは、マルタさん!
      今後も皆様と楽しく共有できる場を増やしていきたいなあと
      思っています。わたしの記事よりも皆様のコメントを
      記事にしたいぐらいといつも思っているぐらいですから笑
      いつもお優しいお気遣いありがとうございます。

  5. 燦太 2019年4月5日 8:02 PM

    こんばんは!
    ツル子のSP良かったですよね!
    こんな演技ができる子に成長したのか!
    と感動しました。で、FSはどんなスケートを見せてくれるのか凄い楽しみにしてたのに…、
    4回転は凄かったですが、SPの様な伸びのあるスケーティングは影を潜め詰め込み過ぎの演技…、ミス無く滑りきった時は喜びましたが、繰り返し見る気にはなりません、、、
    紀平梨花は音楽の世界観を見事に演じきりました。今度はストーリー性のあるプログラムに挑戦して欲しいです。
    意味の無い4回転はいらないですよね!
    その音楽、ストーリーに必要なら、合ってるなら4回転入れても良いと思います。

    • オネエ 2019年4月6日 11:38 AM

      >燦太様

      こんにちは、燦太さん!
      そうですね、音楽、ストーリーに合っているならば
      4回転ジャンプであり、トリプルアクセルであり良いと
      思うんですよね。
      いまから跳ぶわよ~~~
      あたしの必殺技よ~~~

      と溜が長くジャンプ!
      って感じのはいらないと思います。

      でもみどりのトリプルアクセルはマストでお願いします笑

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.