ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

イリナ・スルツカヤ サラ・ヒュース サーシャ・コーエン フィギュアスケート ミシェル・クワン

投稿日:

前代未聞なフィギュア界衝撃の結末!ソルトレイク物語最終章

皆様、大変長らくお待たせしました!

えっ、待ってないって?
そもそも何をよ!?

やめてー、
ほらほらあれよ、あれ。

最近ずっとあれしかでてこないわ!笑

ほら、あれ、そうそうあれがあれなのよ~

みたいな会話で成立してしまう
友人との会話、、、

歳は取りたくないわよね笑

ソルトレイク物語、第4弾最終章!

今までの3章を入れておくので、
ぜひレビューしてから、
しかと骨の髄まで読みとどけて頂戴笑

・第一弾

ソルトレイクに散った儚き夢 銀盤の女王達の結末は pt.1

・第二弾

豊姐さん下ネタ解禁!全米サラブレット誕生のソルトレイク物語 pt.2

・第三弾

フィギュアファンが見ておくべき五輪金メダルへの熱き女の戦い pt.3 

今宵は2002年の女子フリーに
皆様を誘うわよ~。

SPを終えて、

1位ミシェル・クワン、2位イリナ・スルツカヤ、3位サーシャ・コーエン、4位サラ・ヒュース

世間の予想通り、クワンとスルツカヤの一騎打ち
になった女子フリー!




3-3を2回!喜びを爆発させるアメリカの新星サラ江!

ショート4位とメダル争いからは
一歩後退してしまった感のある、

サラ江こと、

サラ・ヒュース

彼女セカンドにループを持ってくる
コンビネーションをなんと二回も入れてきたのよ!

今のルールでは明らかに回転不足だけど笑
でもセカンドにループをつけるコンビが

どれだけ難しいかあたし何度もお話し
してきたのだけどね。

この五輪という大舞台で
果敢に挑戦してくることがあっぱれだわ。

確かにこれといったものもなく、失礼笑!
あんたジャンプ決まればよ、

キャーキャーわめいて、

最後のジャンプ決めた時の
悲鳴はばっちりマイク拾われていて、

あたし思わずちゃぶ台ひっくり返して、

おだまり、サラ江!!!!

ってTVの前で叫んだのよ笑

あ~ああ!
お口あんぐり開けちゃって。

下品なオンナだわ~笑

このあんぐりの習慣は、
タラ江ことタラ・リピンスキーにまで

継承されていくのよね、、、

お口あんぐり継承の巻

でもね、今の日本女子は
彼女たちから学ばなきゃいけないことも
あるはずだと思うのよね。

そう、

してやったりのジャッジアピールよ!

大きな大会では大事なことよ~。

出た~!
ワグナーコーチ!!!

このオンナも女優よね~笑

サラ江に負けないぐらいのお口あんぐり!笑

すごいわね!
お口の開き具合、金メダル!笑

まだ主要選手を残しているからね。

ばらつきの見えるジャッジ採点の中で、
比較的平均的に並べてきたのはすごいわよ。

選手が最高の笑顔で演技を終えれるのって
見ていてすごくスカッとするのよね!

あんぐりは嫌よ~笑

サラ江と対照的だったのが、

サーシャ・コーエン

あたしショートを終えて、
もしかしたらコーエンが

金メダルのダークホース
なんじゃないかしらと思ったぐらいよ。

彼女初めてのオリンピックにして、
最終グループの独特な雰囲気に

確実に呑まれたいたわ。

コンビネーションで果敢に3-3へ挑むも
詰まって失敗。

硬いのよね動きが。

無理にねじ込ませようとしてくる時のコーエンは

明らかに緊張で動揺しているのがよくわかるのよ。

心なしかいつもよりお股の開き具合も
イマイチよね。

厳しいジャッジだったわよ。でもね、

彼女はこの経験を糧に
次世代の女子フィギュアを作っていく

そんな存在になってほしいと
心から思ったのよ、あたし。

コーエンの演技をよそに
あたしパーフェクト!信じられない!

のインタを受けるヒュースがシュール笑

金メダルが目の前に見えた二人の女王

彼女たちのもう目の前に五輪金メダルが見えていたはずよ。

ミシェル・クワン

王道のシェヘラザード!

これぞ、THE!っていう
王道曲で攻めてきたわね。

彼女の欲しいものは
もう金メダルしかないんだもの。

最初の連続ジャンプ。
3-3のコンビネーションを狙っていたと思うんだけど、

ファーストジャンプが両足着氷になって、
片足がほら、開いてしまったのよね。

セカンドは2回転でまとめたけどね。
このコンビネーションで多少の動揺があったかもしれないわね。

前半が終わり、曲が穏やかに
なる時のクワンのふとした手の使い方、

身のこなし方がエレガントでね、
緊迫した試合の中でも、

あたし一瞬ホッとするような
穏やかな気持ちになるのよね。

あたしが思う、
クワンの魅力ってここなのよ。

緩急をつけて見ているものを
緊張させたり、

落ち着かせたり。

月影千草も言うじゃない~

緊張と緩和。それを生み出すことのできる役者は
観客を惹きつけます!!!

けれどもね、中盤のトーループで
まさかの転倒。

演技の流れが止まってしまうような
つまりながらの転倒をしてしまったのよね。

でも彼女、そこから懸命に立て直して、
優雅なスパイラルを見せたのよ。

スパイラルマニアの皆様、別角度からもご覧あそばせ!

トーループジャンプのミスを2つ。

演技後の彼女の表情が
非常に印象的でね。

五輪の難しさを改めて物語っているような
そんなやりきれない、なんともいえない表情なのよね。

5.6からのテクニカルメリット。

やはりプレゼンテーションも伸び悩んだ彼女。

フリーではサラ江の下に。
しかし順位点ではスルツカヤを残して1位。

でもクワンのシェヘラザードは確かに、

心に刻まれる勇ましい
彼女の女王としての

プライドと誇りが随所に見られる

素晴らしい演技だったのよ!

来たわ~!

氷上のヴィーナス、スルツカヤ!

スル江も長野五輪を経て、
急速にその才能を開花させてきたオンナ。

こちらも五輪の勝負曲はトスカ!

最終滑走とあって、
プレッシャー半端じゃなかった
と思うのよね。

思い返せば、トリノ五輪も彼女最終滑走だったものね。
滑走順によってはひょっとしたら変わっていたのかもしれないわ。

戦略もあったとは思うけど、
彼女も3-3は避けて無難に演技をまとめていったわ。

でも、この終盤のフリップでね、

転倒は免れたものの大きく姿勢を
崩してしまうのよね。

彼女のビールマンスピン、
いつもに比べて、

すごく雑にこなしているなって
印象を受けたのよね。

やはり動揺があったんじゃないかしら。
本来はもっとしっかり、

そして優雅に魅せるスケーターだからね。

わちゃわちゃしていたのよね。

それでもトスカの
フィニッシュポーズは圧巻!

手を突き出して、

グルリンパして、

頭抱えてゴロンてかき回して、

情感たっぷりジャン!

て終わるのよ笑

YES!って口に出しているのが
わかるほど極度の緊張とプレッシャーの中、

滑りきった熱い想いが伝わってきたわ~。

得点発表を待つ、サラ江とワグナーコーチ。

さすがに高いテクニカルメリットよね。

そして運命のプレゼンテーション。

5.6がふたつ!?

あたし目を疑ったわ!

あたしスルツカヤの勝利を確信していたからね。

イタリアなんて4位つけてるじゃないの。

スル江に1位をつけたのは9人中4人。
残りはサラ江に1位を。

ここで順位点のカラクリで、

優勝候補でもなんでもなかった、
まさかのサラ江が金メダルに!

オーマイ!

オーマイ!!

オーマイ!!!

これワグナーコーチの

オーマイ三段活用って呼んでるのあたし笑

オーマイガー!!!!

ワグナーコーチにうつみ宮土理降臨!

女優だわ~。
もうサラ江より目立っちゃって、

まるでアカデミー女優主演賞を取ったような、
うつみ宮土理でなく、ワグナーコーチ笑

まさかの衝撃の大ドンでん返しの結末に
あたしが開いた口が塞がらなかったわよ!

観客席にいたクリスティー山口も
あんた大概よ~。

素だったくせによ、

カメラに映ってるってモニターで
わかった瞬間、

この女優っぷり!!!

あたしは見逃さなかったわ!笑

クワンもスルツカヤも
もうほんとに手の届くところにあった金メダル。

でも彼女たち圧倒的な強さを見せながらも
五輪の金メダルを取ることは叶わなかった。

あたしね、このスルツカヤの後ろ姿が
いまでも鮮明に覚えているの。

もちろん勝者は素晴らしいわよ!
讃えたい!

でもね、この背中を見る度に、
不思議と彼女に惹きつけられてしまって

ドラマティックで切なくて、
胸が締め付けられるようなソルトレイクを思い出すのよ!

 

ソルトレイク物語 完

長い文章にお付き合いくださり、
ありがとうございました!

またぜひ感想を聞かせて頂戴ね。

-イリナ・スルツカヤ, サラ・ヒュース, サーシャ・コーエン, フィギュアスケート, ミシェル・クワン

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.