ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

羽生結弦の考えるフィギュアスケートの美とは姿勢!期間限定ブログ

皆様、

羽生結弦自身の限定ブログが
一旦終了になったわね!

最後のテーマは「美」について!

美はオネエにとっての大好物!




羽生結弦」にとってのフィギュアスケートの「美」とは?

僕はフィギュアスケーターとして、美しさに対しては気を遣って生活しています。
僕にとっての「美」とは凛とした姿勢だとおもいます。
ブレない芯があるように感じるからです。
みなさんにとっての美しさの定義はなんですか?

凛とした「姿勢」。

深いわね。

もちろん演技中の姿勢は大事よね。
フィギュアスケートにおいて、

基本は「姿勢」の良さだと思うのよね。

姿勢がピンとしていると、
手足が長く見えるし、何より基礎を大事にしているなという
思いが伝わってくるのよね。

そしてフィギュアスケートに取り組む「姿勢」
もそうよね。

五輪二連覇をしても尚、成長しようとする姿勢。

ストイックなまでの体重管理、怪我などの困難に
も正面から向かっていく姿勢、

決められたルールの中で
最大限の美を魅せようとする姿勢、
例え敗れたとしても素直に認め、また向上しようとする姿勢。

そしてどんな時でもファンを大切にしようとする姿勢。

あたしが考えるフィギュアスケートの「美」は、

どれだけフィギュアスケートを愛せるか

に尽きると思うのよね。

「愛」があるからこそ、逃げずに正面から
人生を懸けてフィギュアスケートを追及していく過程が

愛おしく美しくかけがえのないものに見えてしまうのよ!

桜舞い散る季節、
皆様はお花見はされたかしら?

桜はほんの一瞬、一年の内に限られた中で
その瞬間の為に過ごしてくるのよね。

フィギュアスケートに似ているなって
ちょっと思うのよね。

美しく儚いものだから、幻のように見えて
でもはっきりとわたしたちの心に何かを残してくれる。

だからいつまでも魅了されてやまないのよね。

やだ、春のせいかしら?
おセンチになってしまったわ笑

こんなこと書いておきながら、
桜の下でビールだのお団子だの食い散らかしたのは
内緒の話よ!笑

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.