ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 坂本花織 紀平梨花

投稿日:

紀平梨花のジャンプミスは乱調でなく連盟が酷使してきた代償よ!

皆様、おはようございます!

世界フィギュア国別対抗戦、
女子フリー!

トゥクタミシェワに続いては
日本娘のふたりを見ていきましょうよ。

ショートで世界最高得点を更新した、
紀平梨花。

彼女に対してマスコミはフリーも
世界最高得点更新か?

って煽りが凄くて、
プレッシャーにならなければいいなと
思っていたのだけれど、、、




ジャンプ全般を通して足への疲労が見えたわ

ビューティフルストーム梨花

なんかいつもよりメイク濃く見えたのはあたしだけ?

最初のトリプルアクセル。
決して悪い軌道じゃなかったと思うのよ。

しかし跳び上がりのタイミングから、
足がもつれてしまい、転倒してしまったわね。

あたしこの時、疲労の蓄積が足に来てやしないか?

って心配がよぎって仕方がなかったわ。

2本目のアクセルはダブルアクセルに
抑えたわね。

いつもなら一本目入らない場合は、
二本目に挑んでくるんじゃないかって

思っていたから意外だったのよ。

「朝練の時点でも、6分間練習でも迷っていたけど、1つ目のアクセルがかなり点数を引かれるようなミスだったので、ダブルアクセルにしようと。2本目がばっちり決まる自信があまりなかったので、安全にと」

本人曰く、トリプルアクセルを跳べる
イメージが持てなかったってことかしら?

連戦やショーなどで調整不足から
来るものじゃないの?

あたしがさらに違和感を感じたのは、

3Lz-3Tのコンビネーション。
セカンドのジャンプ軸がかなり斜めになってしまい、

そのまま転倒してしまったわね。

トータルバランスの良さが持ち味の
彼女らしからぬミスだわ。

大乱調なんて報道がされているけれど、
明らかに足への疲労が見てとれたのよ。

2度の転倒はあったものの、
最後まで滑り切ったことに拍手を送りたいわね。

マスコミはさ、不調とか精彩を欠いたと
ただ記事にするのではなくて、

今季彼女が背負ってきた目に見えないプレッシャーと
連盟が彼女達を酷使してきた現実を踏まえて、

不調の原因を追究するようなことはしないのかしら?

連盟やマスコミが彼女を守れないなら、
誰が守ってあげられるのよ!

まだシニア一年目。
ショートとフリーを揃える難しさを

改めて知った年ではあると思う。

他の女子選手にはない、高難易度の
トリプルアクセルを計3回組み込んで来た姿勢は

絶対に来季へとつながっていくと思うのよ。

そして、連盟やマスコミは日本の宝をもっと大切にしてほしいわ!

ジャンプの乱れはあったもののしっかりとまとめた集中力

坂本花織

最初のコンビネーション。
ファーストジャンプが前傾になってしまい、

単独ジャンプになってしまったけれども、
動揺することなく、冷静に対処できたわよね。

トリプルルッツで着氷に乱れが
あったわね。

彼女はルッツを今後、試合に
どう入れてくるかがひとつのポイントになりそうね。

トップで居続けるには
ルッツはやはり入れないとだめよ。

やっぱり坂本はこう終わらなくっちゃ!

出たあ~!
極道中野組長のお出迎え!

ジャケットの中のスカーフ?インナー?
まあなんてカラフルなの!?

極道 in ハワイかしら?

国別対抗のお祭りをヴァカンススタイルで
表現する園子!

今回のキスクラは園子が断トツね!

もう花冠も自分から被る被る~!

完全にヴァケーション園子状態笑

紀平、坂本共に
ホント連戦お疲れ様!と声を掛けたいわ。

来季、彼女たちにとっても
また試練の年になるに違いないわ。

でも今季戦い抜いてきた力を「糧」にして
エテリガールズと北京まで競っていってほしいって

心から願っているわ。

またもや園子の破壊力に演技がすべて
吹き飛んでしまいそうよ、あたし!笑

さり気なく送り出す眼球の鋭さ、
これホンマモンやで~!

-フィギュアスケート, 坂本花織, 紀平梨花

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.