スポンサーリンク

スポンサーリンク

アンナシェルバコワ ザギトワ フィギュアスケート

投稿日:

100グラムの壮絶な体重管理で水も飲めないフィギュア女子の現実とは?

ロシアのエテリガールズ、

アンナ・シェルバコワ

練習で、

4Lz‐3Loの最高難易度のコンビネーションを
決めた!

ですって!?




止まることのないエテリガールズの進化と一抹の不安

 

View this post on Instagram

 

Anna Shcherbakova on the practice. Moving the limits. 4 lutz+ 3 loop. #isu #teamtutberidze #annashcherbakova #work #practice

Eteri Tutberidzeさん(@tutberidze.eteri)がシェアした投稿 -

エテリがあげた動画がこちら。
国別対抗で沸いたわたしたちをかき消すかのような、

エテ公の大胆不敵とも呼べる来季の挑戦状じゃない、これ!笑

どこまで彼女たちは進化し続けるのかしら?
実際に練習で決めた動画を見たけど、

セカンドのループが
やや回転不足気味かしら?

この首の角度がもう、軟体すぎて。

いまにもエクソシストが
始まりそうだわ、バコ美!笑

もう未知の世界よね。
一体、来季の女子フィギュア

シニアはどうなってしまうのかしら?

バコ美はエテリガールズの中でも
痩せていて、

その体からは想像もつかないほど、

ルッツジャンプ、パワフルよね。
以前も記事で取り上げたように

トルソワとの
ダンスレッスンの中でも、

バコ美の方が体幹がしっかりしているなと思ったのよね。

そんな彼女だからこそできる、大技よね。
来季実践で見てみたいものだわ。

100グラムの体重誤差でジャンプが飛べなくなる

先日、ロシアの人気番組「Evenig Urgant」に出演した

アリーナ・ザギトワ

ザギ子どんどん綺麗になっていくわね。

深紅の赤色のお召し物と
口紅がとても似合うわ!

ロシア版、沢尻エリカだわ!

そんな彼女が、インタビューで

平昌五輪後、身長が7センチ以上伸び、体の変化に苦しんできたザギトワ。今大会前も同様だったようで、「100グラムも超えないように、1日に3回計量する時間がありました」と、明かした。「体重をとても気にしていて水をほとんど飲まなかった。一口飲んでそれを吐き出した。私たちのスポーツは複雑です。体重が増えると、すぐにジャンプテクニックが変わってしまい、跳べなくなる」と、苦悩の日々を振り返った。

そのため「ロシアを不名誉にしたくなかった」と欠場も考えたが、「多くのサポートがあった。ロシアを、そして私自身を失望させたくなかった」と、奮起し、世界選手権に臨んだという。

あたしこれを聞いて愕然としたわ!

たった100グラムの体重の誤差を防ぐために、
一日3度も体重計に乗るなんて!?

水は人間が生きていく為に
必要不可欠なもの。

そんな水でさえも摂れないなら、

生きていく、ましてやフィギュアスケートで
あの過酷なプログラムをこなしていく為の

力を蓄える栄養すら摂れないなんて!

今季のガブリエル・デールマン、
そしてグレイシー・ゴールドなど、

拒食症で悩むスケーターを目の当たりにしてきて、

フィギュアスケートってなんて過酷なスポーツなんだろう!?

って改めて思い知らされたわ。

健康でいる為の必要な「食事」さえも
許されないなんて。

健康であるからこそ、フィギュアスケートが
滑れてジャンプが跳べる。

そんな当たり前のことすらこの世界では
通じないの!?

高難度のジャンプが
これからも続いていけば、

その傾向はさらに続いていくわけであって、

今のジャンプ重視のルールが彼女たちを苦しめていると
言っても過言ではないわよ。

ぜひISUには彼女たちの健康、そして将来も含めた
人間としての正しいルールの見直しと改正を切に希望するわ。

そして国の名誉のため、、、

彼女が何度も口にする言葉こそ、

ロシアスケーターの
ストイックで目指す根底にあるものが、

他の国の選手たちと懸けているものが根本的に違うなと
改めて感じたわ!

シリアスなお話の中で、
まあなんて呑気なのよ、

マ・サ・ル!

あんたは体重制限とは無縁よね?
100グラムの体重増減で
苦しむママをよそに、

体重が25キロを超えたですって!?

あんた!エアーウィーブのCM降板させられるわよ!笑

-アンナシェルバコワ, ザギトワ, フィギュアスケート


 

愛のオネエサロン

  1. ゆっここ 2019年4月16日 8:43 AM

    オネエ様、おはようございます!
    目からウロコの、かなりシリアスな話なのに、ドンキーマサルがそれを、和ませてくれますね。
    確かに、背負っている国、国の体勢、スポーツの存在意義などが、日本、ロシア、アメリカ、ユーロの国々ではまるで違いますよね。ロシアは、社会主義国になったようでありながら、まだまだ昔の資本主義的なところがあり、国の体勢には「少し違うのでは…」と思っても逆らえないところもあるのかもしれないけど、エテリチームにとってはそれも味方にしているような強さがありますね。
    しかし、水も飲めないスポーツって…そもそもスポーツは健康増進のためでもあるのに、最終的には、子供も産めない体になったりしたら、本末転倒では?
    エテリがメドべが離れていくときに、「辞めて子供でも産めば?」というようなことを言ったらしいですが、なんか納得してしまいます。
    最近、ジャッジの問題も含めて、フィギュアが、美しさを賞でる、楽しむ、からずれて行ってるように見えて、ゆづ君が辞めたら私はもう観ないだろうと思われて、悲しくなります。

    • オネエ 2019年4月16日 8:16 PM

      >ゆっここ様

      ゆっここさん、こんばんは。
      わたしが若かれし頃、学校の部活動で水は飲むな!が鉄則でした。
      でも時代と共に水分を摂ることの重要性を重んじ、積極的に
      摂るようになりました。水分さえも摂れずに空腹のまま、
      練習を毎日しなければならないことがどれだけ辛いことか、、、
      想像しがたい苦しみだと思います。
      フィギュアが美しくあるのは素晴らしい事ですが、健康であってこそ
      の美だと思うんですよね。ジャッジの問題にしても
      選手やみているわたしたちを蔑ろにしている今の体制では
      皆離れていってしまうと思いますし、そうなってからは手遅れだと思うんです。
      ゆっここさんがフィギュアから離れてしまわれないように
      わたしも出来る限り、今後ブログで美しさや楽しさを
      伝えていけたらいいなと改めて思いました。

      • ゆっここ 2019年4月17日 12:20 AM

        ゆづ君の居ない競技の場は、考えたくもないし、考えられないのですが、そうなってもオネエ様のブログの愛読者の一人でいたいと思っています。
        聞いた話では、バンクーバーOPの後は(男子シングル)クワドジャンプが否定する流れになったため、ファンが減ってしまったと聞きました。ISU が決める方向性やルールで、選手の体も、ファンの気持ちも左右されるなんて…腐りきった政治みたいです。越後屋みたいな悪代官がいるのだわ。

        • てんこ盛りパフェ 2019年4月17日 9:41 AM

          ゆっここ様
          実はアタクシ、ホタルの様な気まぐれファンなんですのよ。
          みどりちゃんでハマって、あの頃まだクソ高かったSONYのβ1ってビデオデッキ買い、サラエボ五輪から録画してました。でも引退したら詰まんなくなっちゃって五輪とワールドくらいしか見なくなっちゃったんです。
          で、ソルトレイクでヤグにハマって、そしたら先天性の障害で間もなく引退。再び詰まんなくなっちゃって、特に四回転不遇時代とも重なってワールドすら見てなくて、Pちゃん知らなかったくらい。で、五輪だけは見るので、ソチで羽生君に落ちました。
          こんなイー加減なファンですが、根底はフィギュア大好き愛が流れてますから、万一離れてしまっても、必ず引き付ける選手と共に戻ってくると思います。
          でも、今はオネェ様のブログという、あの頃には無かったステキなオアシスがありますものね。毎年の羽生君砂漠期も、引退後の喪失期も、ずっとフィギュアヲタ続けられるんじゃないかな?って思ってるんですのよ。

          何ていうか、語弊がありますが、一度ハマった人は抜けられない、抜けたと思ってもキッカケ1つで戻されてしまう麻薬の様な魅力が、ちょっとフィギュアにはありますよね?

          • ゆっここ 2019年4月17日 8:31 PM

            てんこ盛りパフェ様、
            なるほど、ファンにも色々なタイプがありますよね。オネエ様のように、全てのスケーターに愛を捧げられたら、絶え間無くフィギュアファンでいられるのかもしれませんが、パフェ様と同じく、私も、惹きつけられるような選手がいなければ「結果だけわかればいいや」ファンになりそうです。
            麻薬のような魅力…解る気がします。ゆづ君自体が麻薬のようで、少し距離を置こう!と思っても、離れられずここまで来ました。
            ヤグディンの、先天性の病?そんな事があったのですね?
            ヤグディンファンて、意外に多くて、実はプル様より人気があったのですか?

          • オネエ 2019年4月17日 10:02 PM

            >てんこ盛りパフェ様

            横から失礼致します。
            オアシスだなんて恐縮です!でもすごく嬉しいです。
            でも皆様がこの居場所を作ってくださいました!
            本当にありがとうございます!!
            フィギュアの魅力、すごくわかります。
            一度離れてもひとつのきっかけで戻ってしまう、わたしの周りにも
            たくさんいます笑
            結局みんなリンクが好きなのよ!笑

        • オネエ 2019年4月17日 9:45 PM

          >ゆっここ様

          ゆっここさん、涙が止まらなくなるような
          愛のあるお言葉ありがとうございます!
          そう思い続けて頂けるようにブログ書いていきます!
          ISUが方向性を決めるってそもそもおかしいと思うんですよね。
          選手の成長や体と向き合いながら寄り添って柔軟に対応していく、
          その中で公平さが求められていると思うんですよ。
          まさに越後屋の悪代官だわ笑 最後のフレーズに爆笑してしまいました!

  2. 応援するのみ子 2019年4月16日 6:09 PM

    オネエ様(>___<)
    女子はバンクーバー? ソルトレイクシティー?

    来季以降がどういう展開になるのでしょうね。

    • 応援するのみ子 2019年4月16日 10:22 PM

      オネエ様
      コメントが化けました(・・;)
      申し訳ないですm(._.)m

      • オネエ 2019年4月16日 10:42 PM

        >応援するのみ子様

        謝らないでください、のみ子さん!
        みなさんのコメントすべてが意味のあるものだと
        わたしは思っています。
        こうして時間を割いて頂いてPCやスマホの前でサロンに
        コメントを頂けることがどれほど嬉しいか!
        わたしの方こそ、のみ子さん始め皆様に、感謝の気持ちで
        いつもいっぱいです。
        本当にありがとうございます!

    • オネエ 2019年4月16日 10:28 PM

      >応援するのみ子様

      わたしはバンクーバーの真央ヨナ対決、そして、ソルトレイクの
      クワンスルツカヤ対決と甲乙つけがたい記憶に残る試合となりましたよ!
      意味のあるコメントだとわたしは受け取りました!

  3. マルタ 2019年4月16日 6:34 PM

    Tomoさん、しばらくなりを潜めていたエテリガールズ(JC・JK)、今頃、何やってるのかなと気になってました。
    バコ美ちゃん、あの細身だからバンバン4回転が決まるのでしょうが、それもいつまでのことでしょう。宇宙人も然り。
    彼女達もこれから、もっと躰が変化していくにつれて、食事制限して躰を絞っていくんでしょうか。
    ザギ子もオリンピックからのこの1年、苦しみながら競技生活を続けていたのですね。
    今はフィギュアの事だけ考えてればいいかもしれないけど、彼女達の人生は始まったばかりといってもいいので、そこはエテリはじめ、回りの大人が使い捨てのような扱いだけはして欲しくないです。

    • オネエ 2019年4月16日 10:30 PM

      >マルタ様

      マルタさん、わたしオネエ友と北京について
      最近よく話すんです。
      やはりコストルナヤが全体のバランスなどを考えて一番金メダルに
      近いところにいるのではないかと。
      ただ世界ジュニアを欠場してしまったようにどんなに強い
      選手でも怪我が一番の敵だと思います。
      オリンピックだけ勝てればいいやでなく息の長い、フィギュア史に残るような
      素晴らしい選手がひとりでも多く輩出されるような指導ができればいいですね!

  4. ジゼル 2019年4月16日 7:39 PM

    ザギトワ、
    沢尻エリカ、プラス化粧の濃いジュディオングって感じですね!
    それはさておき、もう彼女達は他の世界の選手とは、意識も生き方も根底から違いますね。
    パコ美!4ルッツ-3ループって~男子超えてるよー!
    こんなパコ美みたいなのがウヨウヨいる中で、毎日才能と成果を示し続けなければならない訳で、日々エテリの目の前で示さなければいけない訳で・・
    試合のプレッシャーより日々のプレッシャーの方が半端ないし、他国の選手より自分の周りのジュニア選手の方が怖い。
    そりゃ試合で勝つわな。普段の方がよっぽどきついもん。
    国を背負って、国から養成されている選ばれた子達・・だからこその道というのがあるんですね。
    来年はパコ達が上がってきたら、ザギトワもしんどい・・水がちゃんと飲めて、いいスケートが出来るといいですね。

    • オネエ 2019年4月16日 10:33 PM

      >ジゼル様

      ジゼルさん、こんばんは。
      ジュディオングに妙に納得してしまいました!笑
      エテリは普段、150%の力で練習をと言っているぐらいですものね。
      毎日が生き残りをかけた戦場のような気がします。
      どの選手もそれぞれ使命であったり、何か目標を持って
      取り組んでいると思います。一人一人の夢が少しでも叶い、
      フィギュア界の未来が明るくなるような時代になるといいですよね!

  5. 応援するのみ子 2019年4月16日 10:20 PM

    オネエ様(・・;)

    なんか コメントが化けてます∑(゚Д゚)
    意味不明な文章になってますm(._.)m

    棒体系の子でないとクワドは跳べないんでしょうね(゚o゚;;
    一昔前のソビエトやルーマニアの女子体操選手みたいです。

    技術は別にして 私はバンクーバーの頃が楽しかったです(>_<)
    真央ちゃん ヨナさん、ジョアニー姐さん。 ソルトレイクシティもよかったです。

    来季の展開がこわいです。
    女子の技術点が男子並みになる…。

    • オネエ 2019年4月16日 10:40 PM

      >応援するのみ子様

      のみ子さん、久々にソビエトというワード聞きました!笑
      懐かしい。そして体操といえばルーマニア!
      ああ、記憶が蘇ってくるようです笑
      バンクーバー前にロシェ姐の評価がグンと上がって
      最初違和感を覚えましたが、あの男気の兄貴っぷりにわたし
      どんどん惚れ込んでいきました笑
      あの時はよかった!って思えるような今であってほしいですよね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.