スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

ノートルダム大聖堂火災と羽生結弦のノートルダム・ド・パリ

パリの中心地にある
ノートルダム大聖堂の火災という

衝撃的なニュースが最初に飛び込んで来てから、
14時間余り。

ようやく鎮火したとのニュースに
ホッとしたわ。

怪我人などは出ていないのが
不幸中の幸いね。




ノートルダムは皆様にとってどのようなイメージかしら?

・パリを代表する観光名所
・パリのシンボル
・ディズニー映画でも有名な「ノートルダムの鐘」

ちょうどいま劇団四季が
「ノートルダムの鐘」を上演中だから、

ミュージカルをご覧になられた方も
いらっしゃると思うのよね。

でもフィギュア好きなあたしはやっぱり、

2013年の世界フィギュアで

羽生結弦が演じた、「ダムパリ」
こと、

「ノートルダム・ド・パリ」

が思い出されるのよね。

ちょっと今日はその時の思い出話をしてみたいのよ。

満身創痍で迎えたフリー。ニースを彷彿とさせるような心揺さぶられる気持ちになったのよ

ワールド前の四大陸を終えてインフルエンザに
かかってしまった後で、左膝を痛めてしまい、

膝の怪我が完治せずに大会へ望んだのよね。

ショート9位と出遅れてしまった彼の涙に、
この選手は全身全霊をかけて試合に望んでいるんだな

と改めて感じたわ。
祈る事しかできない自分に不甲斐なさを感じて、

どうしたらこの未来ある、
才能溢れる選手が

笑顔で怪我に悩まされることなくスケートを愛し、
滑ることができるんだろうって思っていたわ。

でもそんなあたしの考えを覆すような
渾身の演技が「ノートルダム・ド・パリ」だったのよ。

4回転トーループと4回転サルコウ。
決して完璧な着氷とは言えなかったけどね、

なんていうのかしら、あたしの中では
綺麗に決まった時よりも魅力的に見えたのよね。

怪我をしている中でなんとか立ってやるんだ!
そんな彼の底力を感じた時、

あたしはニースで転倒した後のような、
何か心の底に響いてくるような彼の魂の滑りを感じたのよ。

渾身の力を見せながらも、
しなやかにドムパリの想いに身を馳せているような

そんな美しい演技だったわ。

足は悲鳴を上げているはずなのに、
中盤、ピタっと止まった後の彼が見せた一瞬の笑顔が

今でも忘れられなくて。
なんていうのかしら、

多彩な表情の変化に
完全に惹きこまれていったのよ。

一本の線のシルエットがただ美しいわ。

まさに渾身の力を振り絞ってのイナバウワー。

演技が終わってもあたし彼から
目が離せなかったのよ!

彼の演技に心奮わされる時って、
なんていうのかしら、

うまくこう言葉で表現できないんだけど、
しばらく呆然としてしまう自分がいるのよね。

彼にすべてを持っていかれたような、
心奪われたようなそんな感覚かしら!?笑

リンクの外でもうひとり、
イナバウワーに挑戦しようとしていたパパ笑

最後に大爆笑してしまったじゃない!

ノートルダム大聖堂の復興を
一日も早く願うと共に、

わたしたちの心にいつまでも
鐘を鳴り響かせるユヅの演技は

いつまでも心に残っていくんだわね、、、

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. だれだれ蜂蜜熊 2019年4月17日 8:39 AM

    オネエさま、おはようございます。

    ノートルダム大聖堂の炎上ニュース、
    きのうの朝から衝撃でした・・・。
    寝起きのボーッとした状態(わりといつもボーッとしていますが)で
    テレビのニュース映像を見たので、
    「ん?『ノートルダムの鐘』って火事で終わったっけ?」と、
    実際のニュースだと理解するのに時間がかかってしまいました。

    ところで、羽生結弦選手の『ノートルダム・ド・パリ』、
    正直、私はあまり好きではなかったんです。当時は特に。
    このプログラムはとても素敵だと思っています。
    思っていますが、ディビット・ウィルソン氏の振り付けが、
    羽生結弦選手にいまいちしっくりこない気がして。
    なんて言えばいいんでしょう?
    ディビットのゆづへの愛が強すぎて、目がくもった感じ?
    凄腕のシェフが、最高級の素材を前にして、
    気合いが入りすぎて、ほんの少し塩加減を強くしちゃった感じ?
    ・・・何を言っているんでしょうね、私は。

    ディビットは超一流の振り付け師のひとりだと思っていますし、
    他の選手の振り付けで違和感を持ったことは
    ほとんど覚えがないですから、
    本当に単純に、
    私がディビット×ゆづのタッグが好みではなかっただけだと。
    そういえば、当時世界一だと言われていた
    ローリー・ニコル×パトリック・チャンのタッグも、
    私は「そんなにいいかなぁ?」と否定的でした。
    実際、振り付け師を変えてからのパトリックの演技の方が、
    断然好きですし。

    でも、久しぶりにディビット×ゆづタッグの
    『ダムパリ』『ロミジュリ』二本立て鑑賞しようかな。
    今なら違う感想も出てきそうだし。
    それにはまず、山のよーなDVDからの発掘作業が必要だわ・・・。

    朝っぱらから長文失礼いたしました。

    • オネエ 2019年4月17日 9:55 PM

      >だれだれ蜜蜂熊様

      率直なご感想ありがとうございます!

      「ディビットのゆづへの愛が強すぎて、目がくもった感じ?
      凄腕のシェフが、最高級の素材を前にして、
      気合いが入りすぎて、ほんの少し塩加減を強くしちゃった感じ?」

      すごくわかりやすいです。仰ることも非常によく伝わります。
      最高級の素材を凄腕のシェフが必ずしも最高のものにできるとは限らないことがあるように、

      普通な食材でも凄腕のシェフが最高にしたり、その逆もしかり。
      要は相性ですよね!

      時が経つことで当時の演技もまた違った観点で見れることもありますよね。
      わたし当時がしっくりこない演技はあえて数年寝かせてから見直すことがあります!
      要は「ぬか漬け」にするってことですかね笑
      今見るとそれは自分の目が肥えたのか?もしくは観点が変わったのか?
      当時とは全く違う作品に見える時があって。だからフィギュアっていつまで
      経っても新しい発見があって飽きないんです!
      DVD発掘ができた際にはまた感想聞かせてくださいね!

  2. ゆっここ 2019年4月17日 9:10 AM

    オネエ様、おはようございます
    通称、ダムパリ。ゆづ君に深くはまるきっかけになった演技が、2013ロンドン世界選手権のこの、ダムパリでした。
    ショートの演技も、膝の怪我も知らずにこの演技だけ見たのですが、見たこともない若い子が、これまたピンク色の衣装で、転ばない様に必死に耐えるサルコウジャンプに思わず引き込まれました。
    リンクから上がると、声を上げて泣いてコーチにすがっていて、それにも驚きました。
    今思えば、ノートルダム・デ・パリは、若いゆづ君には難しい内容で、理解できなかったと言っていましたが、この頃からゆづ君の演技は壮絶で、美しかった!オネエ様がおっしゃる様に、まさに、心が震えて、それから、ゆづ沼にハマりました。
    あの衣装、とても好きです。片方の手の部分だけヒラヒラが付いていて、胸の十字架が印象的です。ジョニーも似た衣装を着ていましたが…胸のある部分が見えていて…あれ減点にはならないのかな?
    この頃のゆづ君はまだ、18歳くらいだったと思いますが、衣装を着てリンクに立つと別人の様になって、危うい様な美少年でしたね。
    この物語は、三角関係でしたが、今のゆづ君が演技したら、また違う表現になるのかもしれないですね。そんな、演技も観てみたいです。

    • オネエ 2019年4月17日 10:00 PM

      >ゆっここ様

      曲を完全に解釈して魅せる演技も素晴らしいですが、
      若者なりに難しくても目を反らさずに必死に楽曲を捉えようとする
      姿勢にわたしは当時心を打たれました。
      フリーの中盤で手をクロスに切る振りありましたよね。
      あそこはあの年齢のユヅにしか出来ない表現じゃないかなって思いました!
      まさに美少年!あの衣装が似合うのはユヅかジョニ子くらいでしょうか?笑

      • ゆっここ 2019年4月18日 1:26 PM

        手をクロスに切る振り…わかります。ダムパリは、一番初めのお披露目は、フィンランディア杯でだったと思うのですが、振り付けはかなり違うのもでしたよね。見馴れたせいか、ブラッシュアップ後の方が好きです。
        デビッドウィルソンの振り付けは、印象的な振り付けがあり私的には好きですが、ゆづ君は余り好みでないらしい…。相性もあるから、しょうがないですが、またデビッドとも組んで欲しいです。

  3. 咲来蘭子 2019年4月17日 5:26 PM

    おネエさま
    わたくしもニュースで真っ先に思い浮かべたのは
    ゆづ様の
    Nortre Dame de Paris でした
    ゆづ様の、
    余りにも儚げで 
    それでいて強靭な身体表現に我を忘れ
    魅了され、クチあんぐり (゚Д゚)
    当時(時々今も) 何度YOUTUBEを繰り返しHITしたことでしょうか!
    演技終了後に力尽き果て氷に頽れて、、
    キスクラでも痛そうに膝をさすっておられましたね
    美しい顔を歪めて、、、(哭く)ウゥゥ
    何と言っても
    ゆづ様のダムパリは私の中で至高の作品です。
    振り付けの一つ一つが見とれるような魅力に溢れ
    悲しげだけど
    おどろおどろしい曲も忘れ難い
    LOVE♡♡♡、LOVE♥
    お衣装のオーバーな十字架と
    薄ラズベリー色と袖口フリル、
    ゆづ様しか着こなせない!!
    痛みと病明けの、
    弱弱しく華奢なゆづ様が氷上で演舞する
    ゴシック音調の芸術と身体技巧!
    至高です。
    このような
    ゆづ様にゆかりの深い
    Nortre Dame寺院の尖塔が焼失して崩れ落ちる様は
    実に胸が痛みました。

    • 咲来蘭子 2019年4月17日 7:01 PM

      NOTRE DAME でしたーーー!
      失礼致しましたーーー

      あと、名前の漢字返還ミスに気付いたのでーーー
      コメがだぶってしまったかも?
      失礼いたしましたーーー

      • オネエ 2019年4月17日 10:14 PM

        >咲来蘭子様

        ご丁寧にありがとうございます。
        コメの重複の件は断腸の思いで重複したものは、
        削除致しましたのでご安心を!
        ちょっと話変わりますが、わたし劇団四季のノートルダムの鐘、
        今度みにいくことになりました!
        舞台中もユヅの演技が頭に浮かびそうですわ笑

    • オネエ 2019年4月17日 10:12 PM

      >咲来蘭子様

      蘭子さん、こんばんは!
      そうですね寺院はもう復興の支援の動きも出てきているし、
      きっとまたより素敵なパリの代名詞ともいえる皆様の憩いの場になると思います。
      ユヅもどんなに傷ついても、いままでリンクに不死鳥のように舞い戻って
      きてくれました。ユヅを見ていると出来ないことなんてないんだ、
      限界を決めちゃいけないんだと勇気をもらっております!

  4. 応援するのみ子 2019年4月17日 8:20 PM

    オネエ様(*^^*)
    「ダムパリ」2012年・・・。 羽生選手が一番苦労したシーズンだったのではないでしょうか。未知の世界に飛び込んで全てを1から築いていかなければならなくて。
    2013年の世界選手権。涙なしには見られません。
    ショートが終わった時の羽生選手の涙。フリーが終わった時の安堵の涙。

    当時の構成で今の羽生選手の技術と表現力でダムパリを滑ってほしいです♡♡
    実際に見たら・・・倒れそうです(≧∇≦)
    オネエ様は羽生選手の今の滑りで見てみたい過去プロはありますか?
    私はチゴイネ堕ちなのでチゴイネが観たかったのですが、コンティで夢が叶ったので今はダムパリが観たいです♡♡

    • オネエ 2019年4月17日 11:30 PM

      >応援するのみ子様

      のみ子さん、こんばんは!
      そうですね。あの時のニースのロミジュリはあの若さで
      がむしゃらだったからこそ、より魅力的に見えたプログラムだと思うんですが、
      成熟した今、またあのロミジュリを見て違う局面を見てみたいなと思います。
      チゴイネもいいですよね、うーんいろいろありすぎて迷ってしまう。
      EXの花は咲くが個人的には好きなプログラムなので、
      ずっと滑ってほしいなとって。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.