ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 浅田真央

更新日:

浅田真央がどんなに傷ついても全てを受け止めたい!愛の夢

浅田真央の演技で
皆様が一番心に残っているのは、

どの年のどの曲かしら?

あたしは挙げたらきりがないのだけど笑、
その中でも違う意味で印象に残っているのがね、

2010年のNHK杯のフリー

「愛の夢」

なのよ。




一度完成したジャンプなどすべてを未来の為に見直した

バンクーバーの話は今度ゆっくりさせて
頂くとしてね、

ルール改正でジャンプのエッジなどを
厳しくジャッジが見るようになってきてね、

バンクーバーが終わった後に、
浅田真央は佐藤信夫氏に師事して、

ジャンプを一から見直すことから始めたのよね。

これってどれほど大変なことなのか、
想像もつかないことよ。

右手でお箸で食事していたのを、
足を使ってお箸で食べる。

例えがうまくなくて下品でごめんなさい汗

でもきっとそれぐらいに難しいことを
やろうとしていたはずよ。

なんでそこまでするの?
あたしは浅田真央に対して、

今まで通りに
多少のジャンプのエッジエラーを取られても
そのまま押し通してほしいって当時思ったのよ。

でも、彼女は目の前の勝利でなく、
もう4年後をはっきりと見据えていたのよね。

彼女がどんなに倒れて傷ついても全てを受け止めたいと思った

ジャンプの矯正を発表してから、
迎えたグランプリシリーズ、NHK杯。

今までの輝かしい功績を残してきた
天才と呼ばれてきた彼女の面影はなく、

ことごとくジャンプのタイミングが合わずに、
抜けたり、転倒してしまったのよね。

あたし、この時にハッ!としたのよ。

今まであたしは浅田真央に対して、
勝手に理想像を作り上げてきただけ
だったんだって。

ジュニア時代からどんな難しいジャンプも
やってのけて、シニアに上がっても

飛ぶ鳥を落とす勢いでね。

いつも上位にいて表彰台を上るのが
当たり前な天才なんだって思っていたのよ。

優等生だっていう勝手なイメージを作っていたのよ。

でも、彼女はそうじゃなかった。
努力をする、決してどんなことがあっても諦めない、

努力をする天才なんだって!

あたし目を反らすことができなくなったのよ。
成功して素晴らしいジャンプを跳んで、

わーすごい!感動した!

って、それだけがフィギュアじゃないんだって。

転んでどんなに傷ついても、苦悩の顔をしていても、
そんな人生の紆余曲折を必死に乗り越えようとしている

彼女の姿をすべてこの目に焼き付けたいと思ったの。

手を握りしめながら祈ることしか出来なかった。
でも、もし自分の幸せを少しでも減らしてでもいいから、

彼女に力を与えてほしいと涙ながらに願ったのよ。

最後のステップ、この両手を包み込むように
一旦立ち止まり、

駆け出していくシーンがすごく好きでね。

今までのすべてを受け止めて、
これから来るべき輝かしい未来へ走っていくような!

彼女の希望が最後に見えたのよ!

こんなにも心を揺さぶられて
喜怒哀楽を共有できるスケーターなんて

そうそう巡り合えないわ!

この試合から2か月後に、
ひとつの奇跡が起こるのよね、、、

つづく!




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート, 浅田真央

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.