ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

羽生結弦が転売問題に申し訳ないと言及する事態をどう捉えるのか?

先日、仙台市モニュメントデザイン発表式の
時にも書いた転売問題。

仙台市の群和子市長が、定例会見で

羽生選手が「転売されていろいろ申し訳ありません」

と話していたことを明かしたそうよ。

なんでユヅが申し訳ないと謝罪しなければいけないの?
これって違うでしょ!?

って思わずにはいられないのよ。




転売をなくすには誰でも買える販売システムと買い手の断固たる意識が必要

フィギュアスケートの羽生結弦選手(24)の五輪連覇を記念した仙台市営地下鉄の1日乗車券が、インターネットオークションで定価を上回る高値で転売されている。羽生選手は仙台を訪れた際、「転売されていろいろ申し訳ありません」と話したと、郡和子市長が23日の定例記者会見で明らかにした。

市交通局などによると、1日乗車券は20日に仙台駅などで定価1500円で約6千セット販売。羽生選手のポストカード3枚がついており、その数日前からオークションサイトに「発売後に郵送します」などと高値の出品が相次いだ。

羽生選手は20日、連覇を記念した市のモニュメントのデザイン発表会に出席した。郡市長によると、式典前に控室で会った際、開口一番に転売について触れたという。郡市長は「羽生さんにとって残念なことだったのだろう。転売はやめていただければ」と話した。

大手オークションサイト「ヤフオク!」では23日現在、「仙台限定」などとして1日乗車券が約40件出品されており、5千円以上での出品もあった。ガイドラインでは、転売目的の興行チケットなどの出品を禁じており、違反出品に当たると判断されたものは削除されるという。

市交通局は今回、乗車券を5万セット用意した。20日の窓口販売分以外は通信販売で2500円(送料込み)で受け付け、27日からの2次募集は3万セット分の申込枠がある。交通局は「転売せずにすむよう十分用意しており、正規のルートで買ってほしい」と呼びかけている。

転売せずに十分な数を用意したとしても、
ファンの心理としては一日も早く欲しいものよね。

「限定」「1次募集」と言ったような
ファン心理を煽る表現は仕方のないことだけど、

本当のファンであれば、
ここはグッと我慢して、正規ルートで購入が筋だと思うわ。

販売する側も最初から、
誰でもが同時期にネットで購入できる体制を整えておけば、

転売屋に目を付けられずに済むんじゃないかしら?

それでも転売がすべてなくなるというのは
なかなか難しくて、

フィギュアスケートのチケット転売問題も
なくならない問題だと思うのよね。

先月の世界フィギュアも入り口で、
身分証のチェックなど一切なく、

ちゃんと見ているんだかイマイチわからない
荷物チェックのみだったわけだし。

スケート連盟はこうした事態に
対応し、国内のどの試合でも、

チケットに購入者明記をした上でのIDチェックを
行って少しでも転売のリスクを減らす動きは必要よね。

それでも同行で!なんて募集されてしまう
可能性も多いわけだから、

安室奈美恵の引退前のドームツアーのように
申込時に同行者の名前も登録し、

後から変更できないなどの徹底的な対策が必要よね。

あたしラストライヴに行ったけど、
運営がすごく真摯に対応しているなと感じたもの。

会場のドーム前でのIDチェック。
時間は掛ったけど、安心感が違ったもの。

羽生結弦が申し訳ないと謝罪するのは違うわ

これ本末転倒よね。

主催者側、そしてファンが

羽生結弦ありがとう!

と本来伝えたいべきなのに。

転売屋にファンの心なんてものは微塵もないわけだから、

主催者側は転売のリスクを減らす対策を最初から
徹底する。

ファンは転売では絶対に買わない。

の姿勢が大事よね。

ユヅが「ありがとう」だけを言えるような
環境作りができればいいなって思うわ。

皆様はどうすれば転売問題がなくなると
お考えかしら?

いろいろなご意見お聞かせ頂ければ嬉しいわ。

モニュメントデザイン発表式の記事はこちらよ。

羽生結弦が悲しむ転売は絶対ダメ!仙台市モニュメントデザイン発表式

世界フィギュアの転売問題の記事はこちらよ。

フィギュア世界選手権チケットが驚愕45万円!転売報道に疑問を申す

チケット転売問題!高額すぎるフィギュアスケート世界選手権

最後までお読み頂きありがとうございます。
ぜひブログランキングバナーを清楚な人差し指で
押して頂戴!笑

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.