ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

フィギュア界が騒然!ロシア12歳男子が5回転ジャンプ成功ですって?

皆様、おはようございます。

朝からびっくり騒然とするような
ニュースが飛び込んできたわよ!

12歳のロシア男子スケーター、

マキシム・ベリャフスキーが

自身のインスタグラムで

5回転トーループを決めた!

えっ!?

先日の記事であたし、5回転は50年先で
しゃべってなさい!って言ったばかりなのに、、、汗

・昨日の50年先の記事はこちらよ。

おだまり女性自身!5回転時代の予想は50年先でやって頂戴!




ロシア12歳男子、補助器具付きで5回転成功

12歳のロシア男子スケーター、ベリャフスキーが自身のインスタグラムで、

直後を滑るコーチが背中部分を持ち上げるような特殊な練習器具を手に持った状態で氷上を滑走。跳び上がると1、2、3……なんと5回転して着氷に成功したのだ。もちろん上から吊り下げるような器具のサポートを受けてのものではあるが、驚きの光景だ。

50年先とあたしが豪語して翌日に、
この記事か!?笑

補助器具使用とはいえ、いずれは外して
挑んでくる日も近いでしょうね。

ベリャフスキーという少年、
4回転ジャンプもバンバン跳んでいるみたいだし。

実際の動画を見たけど、
ジャンプの高さがあまりにもないので、

拍子抜けしてしまったのが、正直な感想よ。

回転軸が速すぎて、5回転回っているのも
肉眼できちんとカウントできなかったわ!笑

それぐらい速いジャンプなんでしょうけど、

うわー!すごい!!!

って感動が全く沸き起こってこなかったのは
なんでかしら?

ジャンプの高さ、幅、流れ。
放物線を描くような美しさ。

羽生結弦のジャンプを見ていると、
まるでスローモーションを見ているかのような

美しさを感じずにはいられないのよね。

若くして、まだ成人体型前の段階で
軽々と細い軸で素早く跳んでしまうジャンプに、

あたし全く魅力感じないのよ~。

それでも凄いなって思うのは、

自分自身でSNSを使って、
こうした情報を世に送り出すってことが、

良い意味で凄いなって思うのよね。

ほんと便利な世の中よね。
これを見て、自分もって刺激を受けるスケーターも
少なからずいるだろうし。

でも怪我にはくれぐれも気を付けて頂戴よ~。

演技構成点のジレンマから技術!一点集中への危惧

 

View this post on Instagram

 

Максим Белявскийさん(@beliavskii.max)がシェアした投稿 -

今のジャッジシステム、
昔から大して変わってないんだけどさ、

やはり実績のある選手は、演技構成点で
優遇されるシステムなのよね。

若く才能を持った選手でISUのおめがねに
叶えば別だけれども、

演技構成点で4回転ジャンプ1つ分も差を付けられて
しまう今の現状では、

若い選手は技術点で差をつけるしかない!っていう
風潮にならないかあたし心配だわ。

技術の進歩はロシアを筆頭に男子も女子も
めまぐるしいものがあるけれど、

ジャンプジャンプっていうフィギュアスケートの
流れは、

トータルパッケージの美としての
フィギュアスケートを考えた時に、

かけ離れたものとなってしまうのよね。

ただのジャンプが進化を見ているだけの

フィギュアジャンプスケートって競技になっちゃうもの。

だからジャッジには、

スケート技術(Skating Skills:SS)
要素のつなぎ(Transitions / Linking Footwork / Movements:TR)
動作/身のこなし(Performance / Execution:PE)
振り付け/構成(Choreography / Composition:CH)
曲の解釈(Interpretation of the music:IN)

演技に見合った正当な、演技構成点を
付けてもらいたいわね!

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

ブログランキングバナーも
ぜひクリックして頂戴よ!笑

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.