清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

ロシアの心理的作戦か?連日続くロシアジャンプ革命報道のまとめ

皆様、おはようございます。
ゴールデンウィーク10連休始まりましたね!

いかがお過ごしになられるのかしら?
あたしは混雑が大の苦手だから、

お家でまったりかしらね。

そして、お仕事の皆様は本当にお疲れ様です!

この連休中、
せっかくだから今季を振り返って、
時系列で演技を見て行こうかなって!

って思ったのも束の間よ~。

またロシアからワリ江こと

カミーラ・ワリエワ

4回転からのコンビネーションを
成功させたですって!?笑




エテリが北京五輪の金メダル最有力候補と位置付けるワリエワが4T-3Tに成功!

世界フィギュア後、連日のように
ロシアから配信される大技成功の数々。

まるでフィギュア大国の威厳を
世界に示すような心理的作戦なんじゃないかしら!?笑

そして各国を挑発するかのようなエテリの投稿爆弾。

エテリガールズの中でも、
エテ公が最も北京五輪金メダルに近いと
期待をしている、

13歳、カミーラ・ワリエワ

以前、あたしも記事に取り上げたことがあるのよ。

記事はこちらよ!

エテリ最終兵器!北京五輪金メダル最有力候補「フィギュアスケートの奇跡」

 

View this post on Instagram

 

Валиева Камила 4Т+3Т. Welcome to quads squad💪🏻 #kamilavalieva #sport

Eteri Tutberidzeさん(@tutberidze.eteri)がシェアした投稿 -

そんなワリ江が、4T-3Tに練習で成功し、

セカンドは両手をあげてのジャンプを
エテ公がインスタで紹介しているのよね。

ワリ江は音を捉え、手足の先端まで
表現するのに非常に長けているなって

いうのが最初に演技を見た感想なのよね。
だから、手足が異様に長く見えるのよ。

独特のビールマンへの展開や、

柔軟性を生かしたスピンなど、

ジャンプよりもむしろ表現力が素晴らしい
素質を持っている選手だなと思っているのよね。

彼女が北京に合わせて、
どう成長していくのか、また習得した4回転を

その時まで跳び続けられるか注目したいと思うわ。

世界フィギュア閉幕後からロシアのジャンプ投稿のオンパレードが始まる!

 

View this post on Instagram

 

Show will go on. #teamtutberidze #isu #софьяакатьева

Eteri Tutberidzeさん(@tutberidze.eteri)がシェアした投稿 -

3.29

エテリ門下生、11歳の
ソフィア・アカチエワが4回転トーループに成功!

あんたまだ11歳よ。
日本でいう小学5年生。

ランドセルしょってる幼い子が
すでに4回転で空中飛行ですって!?

 

View this post on Instagram

 

Пробуем что то новое! Например....Комбинацию из 4Т+3А 🦋 @team_rukavitsin_official #teamrukavitsin

Dmitriy Alievさん(@dmitri.aliev)がシェアした投稿 -

4.2

こちら19歳のドミトリー・アリエフが、羽生結弦に続く、
4T-3Aを練習で成功。

ぜひ来季、本番の演技の中で
ユヅに続く奇跡を魅せてほしいわね!

アリエフの記事はこちらよ。

羽生結弦が後続のロールモデルになるのは嬉しいことよ!

 

View this post on Instagram

 

Anna Shcherbakova on the practice. Moving the limits. 4 lutz+ 3 loop. #isu #teamtutberidze #annashcherbakova #work #practice

Eteri Tutberidzeさん(@tutberidze.eteri)がシェアした投稿 -

4.15

エテリガールズの
15歳、アンナ・シェルバコワが、

男子でも高難易度とされる、4Lz-3Loを
練習で決めて、フィギュア界を震撼させたわね!

前人未到のコンビネーションを
試合で見てみたいという好奇心は確かに生まれたわ笑

 

 

View this post on Instagram

 

Софья Акатьева 11 лет 3А+3Т #isu #teamtutberidze #софьяакатьева #тройнойаксель

Eteri Tutberidzeさん(@tutberidze.eteri)がシェアした投稿 -

4.16

立て続けに同じくエテリガールズの門下生、

11歳のソフィア・アカチエワが
3A-3Tのコンビネーションを成功。

セカンドの3Tは両手を上げ。

エテリ門下生では4回転が目立っていたけど、
紀平梨花に対抗するジャンプとして、

トリプルアクセルもついに来たかという感じね。
コストルナヤも来季から3Aを導入すると聞いているし、

まさにエテ公包囲網が
着々と日本に敷かれているわ!笑

アカチエワの記事はこちら。

またか!エテリガールズの襲来に呆然!ロシア11歳のアカチエワが3A-3T!

4.27

12歳男子、マキシム・ベリャフスキーが

補助器具を使用しながらもなんと5T!
5回転トーループに成功。

そしてワリ江の4T-3Tへと
続くのよね。

まあ、よくもこんなにたくさんのジャンプを
ロシア、特にエテ公発信が目立つわね笑

フィギュアスケートが、どうか
フィギュアジャンプスケートって正式名称に

変更にならないことを願うわ。

ジャンプの技術が上がることは
喜ばしいことだけど、

フィギュアスケートがただのジャンプ競技
になってしまうのではないかという懸念と

これらの選手たちがいつまで跳び続けることが
できるかという疑問と、

怪我のリスクが増え選手生命が短くなって
しまわないかという不安と、

いろいろ出てくるわよね。

ISUはルール改正を重ねてきているけれども、

いまの現状を踏まえて、どのように
対処していくのかも考えないといけないわね。




採点の客観性、まだ30%とISU副会長ラカーニック氏が述べる

ISUが目指す客観性について、ラカーニック氏は「以前(の6点満点方式)は0%だった。現行方式では3分の1くらいだろう」と厳しく分析した。ジャンプは基礎点や回転不足の基準が決まっており、スピン、ステップはレベルの獲得要件が定められているため、一定の客観性が保たれているといえる。ただ、スケーティング技術、技のつなぎ、演技力、構成、音楽の解釈の5項目を各10点満点で評価する演技構成点や、技のGOEは主観が入る余地がまだ大きい。

平松さんは「演技構成点が技術点に引きずられている。(表現面の評価は)ジャッジの感性が違うから、そこを詰めるのは難しい。教育しかない」と指摘した。演技構成点の項目には技術的な側面も含まれているとはいえ、難しいジャンプを決めると高いスコアが出る傾向は否めない。ISUはかつて、演技構成点と、技術点のGOEを評価するジャッジを分ける試みをしたが、うまくいかなかったという。ラカーニック氏は「われわれは立ち止まれない。取り組みは続く」と話した。

やはり演技構成点がまだ主観的要素が70%も
占めているという現在のジャッジの現状。

演技構成点が技術点に引きずられていると
いう平松氏の指摘も納得できる反面、

若い無名の選手がどんなに技術点を
伸ばそうとも演技構成点が伸びないという、

この理論にそぐわない「矛盾」も出てくることも
事実。

・スケート技術(Skating Skills:SS)
・要素のつなぎ(Transitions / Linking Footwork / Movements:TR)
・動作/身のこなし(Performance / Execution:PE)
・振り付け/構成(Choreography / Composition:CH)
・曲の解釈(Interpretation of the music:IN)

特に5コンポーネンツのスケート技術以外の点は

ジャンプの技術点だけに引きずられることが
あってはならないと思うのよね。

この要素らがフィギュアスケートの美を
生かすも殺すもの裁量になっている点をジャッジは
的確に学ばないといけないと思うのよ!

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

共感して頂けることがあれば、
ぜひブログランキングバナーを

ポチッと華麗にターンしながら押して頂戴笑

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.