ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

Numberパトリックチャン無料版記事に違和感しかないわ!

Number無料記事で、

「パトリック・チャンが回想する、ユヅル、ダイスケ、ソチ五輪。」

という記事。

このネットで誰もが目に入れることができる記事に
何とも言えない違和感を覚えたのよね。

回想するのダイスケだけでいいんじゃないのって!




ジャッジが味方!?って、敵味方あるの!?

 唯一の例外が、2013年12月に福岡で開催されたGPファイナルである。

羽生結弦に敗れて2位に終わった後、カナダ連盟の広報担当者を通して「疲労」を理由に筆者も含めて全ての取材依頼を断ってきたのだった。

「(あの試合で負けたとき)確実に、潮の流れが変わったのだということを実感しました」と電話で答えた彼だが、精神的な打撃は計り知れなかったに違いない。

実際、あの福岡GPファイナルでパトリックはフリーで2度の4回転トウループを降りて、当時の彼にできたことはほぼ全てやった。

一方羽生は、冒頭の4回転サルコウで転倒。その後4回転トウループなど残りをノーミスで決めて193.41対192.61と僅差ではあったが、パトリックはフリーでも2位に終わった。

以前の取材で、パトリックは筆者にこうも語ったことがある。

「それまではベストな演技をすれば絶対に勝てるという自信があった。でもあのファイナルで2位に終わったとき、良い演技をしてもジャッジは評価してくれないかもしれないという恐怖心がわいたんです

フィギュアスケートにおいて、精神的な要素の大きさは計り知れない。福岡GPファイナルの後、ジャッジはもう自分の味方ではないのかもという恐怖心が、パトリックを苛んだのである。

心の中に恐怖を抱えてからのパトリックは、あの天然の「キラキラ」というオーラを失った。ソチで2位に終わり、1年の休暇を経て戻ってきてもかつて楽しそうに目を輝かせて滑っていたパトリックは、そこにはいなかった。

パトリック・チャンのスケーティングスキルって
本当に素晴らしくて、

あの滑らかで氷を奏でるようなスケーティングに
当時魅了されたの今でも覚えてるわ。

パトリック・チャンとキム・ヨナは
ジャッジに優遇されているんじゃないの?

って思うぐらい、他を寄せ付けない高得点で
いつも勝ち続けてきたからね。

でもそれはもちろん実力が備わっているからだと
言い聞かせてきたんだけどね。

「良い演技をしてもジャッジは評価してくれないかもしれない」

「ジャッジはもう自分の味方ではないのかもしれない」

良い演技をしても味方でなければ、ジャッジは
良い評価を下すことができないって

いうニュアンスに取られても仕方がないのよね。
なんか根本的に違うんじゃない!?

羽生結弦という天才が出てきたことにより、潮の目が変わったと
いうよりも、

自分の演技よりも高い技術点と表現で負けたと
いう言い方の方が潔いと思うのだけど。

潮の目が変わったっていう感覚は
ジャッジの採点の仕方から言うとわからなくもないのだけれどね。

話がいつの間にかダイスケに。。。

「ダイスケはどうしてる? 元気で活動しているのかな?」

取材の最中も、パトリックの口から幾度も高橋大輔の名前が出ていた。自分が当時ライバルとして意識をしていたのはユヅルではなくてダイスケだった、と何度も繰り返した。羽生と言葉を交わした機会はほとんどなかったけれど、高橋大輔とは試合終了後に楽屋でふざけあった思い出がたくさんあったという。

パトリック自身がもっとも競技者として輝いていた時代に、いつも表彰台の横にいたのが高橋大輔だった。彼にとって戦友といえる存在なのだろう。

2018年全日本選手権で素晴らしいSPを滑り、フリーでは失敗も出たけれど総合2位だったこと。でも自ら世界と戦う準備ができていない、と言って2019年埼玉世界選手権出場は辞退したことなどを伝えた。

「でも次のシーズンも続ける、と発表しました。来季はぜひ国際大会にも出て欲しいのだけれど」と私が言うと、パトリックはこう応えた。

「彼はいつでも素晴らしい表現力があったから、ノーミスで滑ったらまだ高い評価を受けられると思う。だってジェイソン(ブラウン)だってあそこまで点が出ているし。話す機会があったら、ぼくからよろしくと伝えてね」

パトリックはそう言葉を結び、再会を約束しあって電話取材を終えた。

Number無料記事では話は突然、高橋大輔に飛んで、
当時ライバルとして意識していたのは、ユヅルではなくダイスケと。

別にだったら、最初から羽生結弦の名前を出す必要ないんじゃない!?

って思うのよ。

この断片だけを切り取った記事だけを読むと、

何か違和感を感じずにはいられなかったんだけど、
皆様はどう思われたかしら!?

そして、何よりも有料版のNumberの記事では
パトリック・チャンが羽生結弦に対する素晴らしい想いが

書かれているのにも、この無料版には何も記されていないのよ。

だったら最初から、高橋大輔だけを褒めたたえる
記事でいいんじゃないの!?

こうして多くの方々が読まれる無料記事を
印象操作してどうしたいのかしらね!?

???

だわよ。

↓有料版Number記事はこちらで↓

皆様、最後までお読み頂きありがとうございます。
共感して頂けることがあれば、

ぜひブログランキングバナーを
ポチっとクリックして頂いても良いのよ!笑

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.