スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

Numberパトリックチャン無料版記事に違和感しかないわ!

Number無料記事で、

「パトリック・チャンが回想する、ユヅル、ダイスケ、ソチ五輪。」

という記事。

このネットで誰もが目に入れることができる記事に
何とも言えない違和感を覚えたのよね。

回想するのダイスケだけでいいんじゃないのって!




ジャッジが味方!?って、敵味方あるの!?

 唯一の例外が、2013年12月に福岡で開催されたGPファイナルである。

羽生結弦に敗れて2位に終わった後、カナダ連盟の広報担当者を通して「疲労」を理由に筆者も含めて全ての取材依頼を断ってきたのだった。

「(あの試合で負けたとき)確実に、潮の流れが変わったのだということを実感しました」と電話で答えた彼だが、精神的な打撃は計り知れなかったに違いない。

実際、あの福岡GPファイナルでパトリックはフリーで2度の4回転トウループを降りて、当時の彼にできたことはほぼ全てやった。

一方羽生は、冒頭の4回転サルコウで転倒。その後4回転トウループなど残りをノーミスで決めて193.41対192.61と僅差ではあったが、パトリックはフリーでも2位に終わった。

以前の取材で、パトリックは筆者にこうも語ったことがある。

「それまではベストな演技をすれば絶対に勝てるという自信があった。でもあのファイナルで2位に終わったとき、良い演技をしてもジャッジは評価してくれないかもしれないという恐怖心がわいたんです

フィギュアスケートにおいて、精神的な要素の大きさは計り知れない。福岡GPファイナルの後、ジャッジはもう自分の味方ではないのかもという恐怖心が、パトリックを苛んだのである。

心の中に恐怖を抱えてからのパトリックは、あの天然の「キラキラ」というオーラを失った。ソチで2位に終わり、1年の休暇を経て戻ってきてもかつて楽しそうに目を輝かせて滑っていたパトリックは、そこにはいなかった。

パトリック・チャンのスケーティングスキルって
本当に素晴らしくて、

あの滑らかで氷を奏でるようなスケーティングに
当時魅了されたの今でも覚えてるわ。

パトリック・チャンとキム・ヨナは
ジャッジに優遇されているんじゃないの?

って思うぐらい、他を寄せ付けない高得点で
いつも勝ち続けてきたからね。

でもそれはもちろん実力が備わっているからだと
言い聞かせてきたんだけどね。

「良い演技をしてもジャッジは評価してくれないかもしれない」

「ジャッジはもう自分の味方ではないのかもしれない」

良い演技をしても味方でなければ、ジャッジは
良い評価を下すことができないって

いうニュアンスに取られても仕方がないのよね。
なんか根本的に違うんじゃない!?

羽生結弦という天才が出てきたことにより、潮の目が変わったと
いうよりも、

自分の演技よりも高い技術点と表現で負けたと
いう言い方の方が潔いと思うのだけど。

潮の目が変わったっていう感覚は
ジャッジの採点の仕方から言うとわからなくもないのだけれどね。

話がいつの間にかダイスケに。。。

「ダイスケはどうしてる? 元気で活動しているのかな?」

取材の最中も、パトリックの口から幾度も高橋大輔の名前が出ていた。自分が当時ライバルとして意識をしていたのはユヅルではなくてダイスケだった、と何度も繰り返した。羽生と言葉を交わした機会はほとんどなかったけれど、高橋大輔とは試合終了後に楽屋でふざけあった思い出がたくさんあったという。

パトリック自身がもっとも競技者として輝いていた時代に、いつも表彰台の横にいたのが高橋大輔だった。彼にとって戦友といえる存在なのだろう。

2018年全日本選手権で素晴らしいSPを滑り、フリーでは失敗も出たけれど総合2位だったこと。でも自ら世界と戦う準備ができていない、と言って2019年埼玉世界選手権出場は辞退したことなどを伝えた。

「でも次のシーズンも続ける、と発表しました。来季はぜひ国際大会にも出て欲しいのだけれど」と私が言うと、パトリックはこう応えた。

「彼はいつでも素晴らしい表現力があったから、ノーミスで滑ったらまだ高い評価を受けられると思う。だってジェイソン(ブラウン)だってあそこまで点が出ているし。話す機会があったら、ぼくからよろしくと伝えてね」

パトリックはそう言葉を結び、再会を約束しあって電話取材を終えた。

Number無料記事では話は突然、高橋大輔に飛んで、
当時ライバルとして意識していたのは、ユヅルではなくダイスケと。

別にだったら、最初から羽生結弦の名前を出す必要ないんじゃない!?

って思うのよ。

この断片だけを切り取った記事だけを読むと、

何か違和感を感じずにはいられなかったんだけど、
皆様はどう思われたかしら!?

そして、何よりも有料版のNumberの記事では
パトリック・チャンが羽生結弦に対する素晴らしい想いが

書かれているのにも、この無料版には何も記されていないのよ。

だったら最初から、高橋大輔だけを褒めたたえる
記事でいいんじゃないの!?

こうして多くの方々が読まれる無料記事を
印象操作してどうしたいのかしらね!?

???

だわよ。

↓有料版Number記事はこちらで↓

皆様、最後までお読み頂きありがとうございます。
共感して頂けることがあれば、

ぜひブログランキングバナーを
ポチっとクリックして頂いても良いのよ!笑

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. ますじゅん 2019年4月29日 6:59 PM

    オネエ様のおっしゃるとおりです‼️
    なので、私、Number買いませんでした‼️
    買おうと思ってたけど、あれ読んでやめた‼️本当にバカにしてるわ‼️

    • オネエ 2019年4月30日 11:12 PM

      >ますじゅん様

      ますじゅんさん、こんばんは!
      わたしは誘惑に負けて勝ってしまいました。
      でもだからこそ、どちらが真実で読み手に伝えたいのか
      疑問に感じました!

  2. 羽生命 2019年4月29日 7:43 PM

    この記事はソチのころの記事ですよね。最初は嫉妬むき出しで憎らしいと思うこともあったが。何度も戦ううちにゆずるを尊敬するようになってきた。
    カナダはゆずと僕がたたかうときいつも僕のジャンプ以外のてんを多くだしてくれてた。
    それが宇野が出てきたとき。芸術点が僕よりすごく高い点がつけられた。すごいショックで引退を決意したとかかれてましたね。その以後カナダハアメリカト日本と3カ国で
    爆森に参加してるのではといわれるぐらいオカシナジャッジをするようになったとか。

    • オネエ 2019年4月30日 11:14 PM

      >羽生命様

      芸術点(演技構成点)が自分より高い点をつけられるとは
      思わなかったとい発想がちょっとパトリックチャンにジャッジが
      優遇しているのではないかと勘繰ってしま部分ではあります。
      でも選手たちはやはりフィギュアスケートをよく知っていますので、
      わたしたちにわからなくとも、選手同士リスペクトし合える部分も
      あるんじゃないかなって思います。

  3. リン 2019年4月29日 8:24 PM

     Nnmber、う○○ですね。これから先どんなに羽生結弦の名前で釣ろうとしても、一生涯買いません。アクセスもしません。有料は、羽生ファンの金目あてでしょう。無料が、羽生を下げ高橋をあげたいという本心ですね。パトリックのインタビューを切り貼りして汚い編集。文芸春秋社も地に落ちたものですよね。これから、文春砲も決して信じません。

     オネエさま、先日は、横からよけいなことしてご心配をおかけしました。以後、気をつけます。

    • オネエ 2019年4月30日 11:17 PM

      >リン様

      どうして真実だけを伝えることができないのでしょう?
      誰かを上げて下げてという比較をするよりもお互いの良いところを
      記事にすることはできないのでしょうね。
      きちんとした真実を見ることができる眼を養っていかなかれば、
      これからの時代はいけないんでしょうね。
      リンさん決して謝らないで!すごく嬉しかったです、わたし。

  4. 燦太 2019年4月29日 9:01 PM

    福岡開催のグランプリファイル2013だけに限っての意見を言わせて頂きます。
    パトリック・チャンのスケートは、スケーティングの滑かさ、スピード感、パトリック・チャンがナンバーワンでした。
    (福岡大会だけに限り)
    それに対して羽生結弦のターン、ステップ、一級品でした。
    ただ、ジャンプの数は羽生結弦の方が多く、コンビネーションも跳んでませんでしたっけ?
    ただ、羽生よりパトリックの方がスピード感があって、しかもほぼノーミス!
    ジャンプの転倒があった羽生よりパトリックの方が印象が良かったんですよね~
    当時は日本開催と言う事で「日本人に対する忖度があったかな?」と思ったのも憶えてます。
    ただ、パトリックの言う「良い演技」だったかと言うと………?
    この時のパトリックは全盛期を過ぎてた印象です。
    (後で思った事ですが)
    と、言うか、
    「あれっ?パトリック…、お前練習サボった?」
    先で書きましたが、「ほぼノーミス」
    「ほぼ」だったんですよね!
    全盛期のパトリックは世界ナンバーワンのスケーティング技術とパーフェクトな演技で勝ってましたもんね!
    しかし福岡では上半身の動きの堅さや足の運びが鈍かったんですよね!
    少しフラついた記憶があるんですよね~
    たしか福岡のGPFは1人も演技後のやりきった感、満面の笑み、は無かった様な大会でしたよね?

    パトリックの負けを認めない、自分中心にした発言は昔からでしたよね?
    そんな発言がくやしかった事を思い出しました。

    • オネエ 2019年5月1日 12:16 AM

      >燦太様

      パトチャンのスケーティングの滑らかさは素晴らしいですよね~
      でもトリプルアクセルを苦手としていたので、これが決まった時には
      もう誰も勝てないような銀河点の時もありましたよね~
      バンクーバーの自国開催のメダル争いから外れてしまい、それからの
      ソチまでユヅが出てくるまでは無敵のような強さを感じました!

  5. 燦太 2019年4月29日 9:06 PM

    あれっ?また間違った~!!
    (福岡大会に限り)
    ってとこ無しにして下さい!
    ちょっとニュアンスが変わってしまうので…(汗)

    • オネエ 2019年5月1日 12:16 AM

      >燦太様

      わかりました~!
      そこは訂正で笑

  6. ミントブルー 2019年4月29日 9:09 PM

    こんばんは、オネェ様
    有料版読みました。
    パトリックチャンも成長したな、やっと負けてしまった理由を納得して受け入れられるようになったんだなと感慨深く読みました。
    それなのに、無理版はクソ記事ですね。
    メインは高橋大輔を語りたいのが見え見えですね。
    こうも色々あるとまだまだ悪巧みがあるのじゃないかと怖いですね。
    日本のフィギュアはどうなってしまうんでしょうね?
    羽生くんクリケットにいて良かったですよね。
    これからも万全の体制で守ってほしいです。

    • オネエ 2019年5月1日 12:44 AM

      >ミントブルー様

      有料版はパトチャンの心情の変化に感動しましたが、
      無料版を読んでびっくり!!!
      ???
      急に話が高橋に飛び、えっ!?ってなりました。
      どれを真実として伝えたいのか、困惑しかないです!

  7. ミントブルー 2019年4月29日 9:14 PM

    ちなみにnumber買ってませんよ〜

    • オネエ 2019年5月1日 8:15 AM

      >ミントブルー様

      こうも情報が食い違うのであれば買う必要はないですよね。

  8. tokokya! 2019年4月29日 9:18 PM

    本当にひどい話です。
    無料と有料で記事違うって、この出版社、他もこうなの?って、本気で思いました。

    • オネエ 2019年5月1日 8:17 AM

      >tokokya!様

      一体何を伝えたいのか疑問符しかありません。
      特に無料版ではファンの方以外にも多くの方々が目に入る記事だと
      思います。そこをしっかりしないとまた誤解や違った印象を植え付けてしまいかねないですよね。

  9. peony 2019年4月29日 10:20 PM

    オネエサマ、こんばんは。
    ゴールデンウィーク、長すぎて、もう挫折しそうです~~。家族のだれかが朝から晩まで毎日家にいて、食事のメニュー考えるだけでウンザリだわ~~~!10日もあると、毎日外食ってわけにもいかないし、混んでる観光地は行きたくないし・・おまけに天気いまいちで洗濯物かわかないしぃ~~~
    学校にいってちょうだい!会社に行っておくれ~~!
    ス、スミマセン・・主婦のストレスが・・愚痴ってしまいましたわ、ごめんなさい。

    この有料記事は読んでいませんが、無料のほうは読みましたわ。
    内容がそんなに違うのですね。
    あくまで私感ですが、パトリックは、羽生君に物凄く脅威を感じていたと思いますよ。
    それは、パトリックが絶対王者として君臨していた2013頃でも。
    もちろん、長くいつも戦ってきたのは高橋君だったでしょうけど、パトリックは高橋君には勝てると絶対的な自信を持っていたと思います。それを崩したのが羽生君なんですよね。
    パトリックって、スケーティングはもちろん素晴らしいのですが、彼自身は、自分は四回転も跳べるし、トータルでもいけると思ってたと思います。(事実、自分にとって四回転は跳べて当たり前のジャンプと言ってましたからね。)
    だけど、トータルパッケージの上位互換が羽生君だったのよね。芸術性も羽生君の方が上だしね。
    演技構成点って、本当に怪しい部分ですよね。
    パトリックは、スケーティングは素晴らしいけど、でも芸術性みたいなのはそんなに感じないし、曲の解釈ってのもう~んって思うこともある(あくまで私感ね)
    演技構成点で宇野君に負けたことがそんなにショックって、あ~そう?って感じだな私は・・・
    結局、難しいジャンプはともかく、演技構成点で自分は勝てるはず・・って思ってたということよね。そこが崩れてしまって、もうジャッジは味方じゃないのかもって思ったってことですよね。

    • オネエ 2019年5月1日 8:21 AM

      >peony様

      お気持ちよくわかります。
      亭主も子供も元気で留守が一番!ですよね笑
      peonyさんの冷静な分析、とてもためになりました。
      トータルパッケージの上位互換がユヅっていうの、すごく納得です。
      パトちゃんはトリプルアクセルが苦手でしたものね、そこも決定打だったと思います。
      演技構成点がいつも自分が一番だという認識もどうかと思うけど笑、
      どのスポーツでも世代交代の時って誰よりも選手自身が感じるものなんでしょうね~

  10. ひととき 2019年4月29日 11:34 PM

    こんばんは

    オネエ様、今日も私が気にかかっていたことを記事に上げて下さり、誠に有難うございます!
    Numberは発売日に書店で見かけてパトリックの記事を読んだところ、涙が出てきたので即買いしたんですよ!特に最後の部分、ピョンチャンで羽生君の連覇を目にし、「感動がわいてきて、ソチの負けを納得させることができた」という箇所には号泣したんです。
    ところが、その後無料web記事を読んで、一体これは何なんだ?と騙されたような気分に陥りました。雑誌を読んで流した私の涙を返してくれとも思いましたわ。

    田村さんが本当に書きたかったことは、(webの方の)パトちゃんは当時大ちゃんをライバルと見做していて、今でも評価しているということなんですよね~
    だから、無料記事で出来るだけ多くの人に伝えたかったんでしょう。
    さすが田村さんですね!上手いこと切り貼りして、2種類の記事を作りあげるんですね~

    • オネエ 2019年5月1日 8:23 AM

      >ひととき様

      ひとときさん、おはようございます。
      Number、書店にある内容から入るとなんだこれは!?って
      いう違和感でびっくりしますね。
      わたしは無料版から読んだので、これって本当に書きたかったことなの?
      という疑問から有料版を読みました。
      同じ記事で内容が2種類、まったく別物だなんて甚だおかしいと思います!

  11. ゆっここ 2019年4月29日 11:42 PM

    オネエ様、こんばんは…。この間、Number を購入して、パトリックの言葉に感動していましたが、他のブログでもおかしな事が書いてあり、一体なんのことかと思っていましたが、こうゆう事か。
    ライターが田村さんだったし、そもそも、Number は文藝春秋だし…。
    しかし、無料で読ませるところに悪意を感じますね。有料記事で、パトリックが良い事を言ってくれているのに、ケチがつきますね。まるで、羽生より高橋を認めているような情報操作です。
    そもそも、パトリックは高慢な所もあるし、、福岡GPFで現実を突き付けられても、なかなか認められなかったのかも知れないですよね。これがハビエルのように相手を認められる人だったら…もう少し変わっていたのかもしれないですね。「ジャッジが味方じゃない」とか…悲しい言葉です。
    しかし、パトリックが本当にこんな事を言ったのかな?とも思ってしまいます。ちゃんと翻訳しているの、ライターさんは。

    高橋君やら、宇野君やらを賞賛する記事を書く為に、必ずゆづ君の名前を出し、「羽生より」というワードを必ずつける。このやり方が、何年も何年も、続いていますがこんな事で何か大きな利益があったのかしら。むしろ、膨大に増えた羽生ファンの怒りを買うだけなんですがねぇ。

    • オネエ 2019年5月1日 8:26 AM

      >ゆっここ様

      ゆっここさん、おはようございます。
      なんでもかんでも羽生越えという言葉を用いるマスコミの報道の仕方に
      憤りを感じています。他の選手にしても常にだれかと比べて、例えば紀平梨花も
      真央越えとか真央2世とか。。。
      それぞれの選手の個性や良いところを見ようとしないところに
      わたしはすごく報道の在り方に疑問を感じています。
      パトチャンがジャッジが味方じゃないという言葉も本当に本人が発したものかどうか?
      いずれにしてもジャッジが公平でない、特定の選手を持ち上げているという
      印象にも受け取れる内容にも疑問を感じました。

  12. でこちゃん 2019年4月30日 1:19 AM

     おねえさま、本当にマスコミの動きがおかしいですね。報道内容に一貫性がありません。相反する内容を同時に発信するとは。 一連の不自然な高橋さんあげは、氷艷の宣伝のためかしら。このアイスショーを成功させ、羽生結弦をさげることで、あわよくば東京オリンピックのオープニングセレモニーに絡めたい。と、いう思わくが、あったりはしないでしょうね。マスコミが、協力しているのはメディア全般に圧をかけられる立場の人が陰にいることの証明だと思っちゃうわ。しかし、わざわざ、国民栄誉賞の日に復帰宣言で嫌がらせを計画したり、とにかく陰湿でどす黒い策を考えるなんでもありの汚い人であることは、間違いないでしょうね。そして、羽生結弦が活躍すると、不利益を被る人でしょう。ドリームオンアイスとファンタジーオンアイスの興業は、同じ会社ですが、氷艷は、どこの会社でしょう。さっぱりわかりません。

    • オネエ 2019年5月1日 8:28 AM

      >でこちゃん様

      何か大きな影での黒幕がいるんじゃないか?
      そう思わざるをえない一連の報道内容とマスコミの動きです、確かに。
      国民栄誉賞の日にも、そのタイミングで!?と開いた口が塞がりません。
      そのことを口にすると羽生ファンがまた~的に思われるのもすごく嫌ですよね。
      すべての報道の物事の裏に「金」や利害が絡んでいるかと思うと、
      選手が不憫でなりません。

  13. ジゼル 2019年4月30日 4:41 AM

    無料記事有料記事に分かれているので印象が違う事になってしまうのですね。でも、無料有料でぶった切らない最後までが本来は一つの記事(内容)だと思います。インターネット記事はしばしば
    こういう事態が生じますね。
    パトリックはライバルの捉えかたとして、羽生と高橋に違う思いを抱いてますね。高橋には脅威を感じない、羽生には脅威を感じたのでしょう。
    ライバルはダイスケと言いながら、ほんとに脅威を感じる真のライバルは羽生と言ってるようなもんですww
    楽屋の仲良しこよしはどうでも良い事。ロシアの女子同士をご覧なさい、口きかずそっぽ向いてたりしてたw wラジ子とメドとか、リプ、ソト子、、
    競技者なので、自分が一番という意識はよくあること。真剣に戦ってるんですから羽生という自分をおびやかす存在に認めたくない思いがあったんでしょうね。認めて戦える人と、認めないから戦える人両方います。(口では前者意識は後者という人が多いかな、と…)
    競技生活を終えて、羽生の事をようやく客観的に見て凄いと尊敬を口に出来るようになったんですね。相反する二つの思いはあるだろうし驚きません。

    • オネエ 2019年5月1日 8:36 AM

      >ジゼル様

      そうですね、わたしも読んだ感想は、パトチャンは高橋とは
      切磋琢磨して一緒に戦ってきた同志、羽生は自分の存在をも脅かす
      存在。今でこそ当時を冷静に振り返ることができたから、パトチャンが
      ユヅに対しての尊敬の言葉が出て来たのではないかと思います。
      無料版でもそこに触れてほしかったです。

  14. マルタ 2019年4月30日 9:59 AM

    Tomoさん、サロンの皆様、平成最後の日、いかがお過ごしですか。お仕事の方もいらっしゃるでしょうが、普段の生活が1番いいと実感しながら連休の日々を送っております。

    さて、パトリックですが、前回の菊地トレーナーの件で思った『本人発信の言葉しか信じない』を改めて感じてます。
    元々、羽生くんに並々ならぬライバル心を持ってた彼なので、試合の度にモヤモヤしていたでしょう。自分の完璧なスケーティングを脅かす、羽生くんは大輔さんとは違った存在だったのかしら。

    現役の時と違って、今では昔のことを落ち着いて振り返れるようになって、発言も若干、攻撃的ではなくなったような。

    今回の件もパトリック本人が有料、無料と発言を変えたわけではないですよね。映像で見たなら納得しますが、第三者の手が加えられ、操作された記事は半分位は差し引いて読むのが妥当かもしれませんね。

    • オネエ 2019年5月1日 8:39 AM

      >マルタ様

      マルタさん、GWはいかがお過ごしですか?
      確かにいつも通りの生活リズムが一番ですよね。
      一度ぐうたらしてしまうと平常運転に戻すのに体力を使いますから笑
      そうですね、やはりトップ選手にもなると現役時代は
      自分に対しても絶対の自信やプライドといったものもあると思うんですよね。
      そんな中で時が経って当時を冷静に振り返ることができるのは、
      素晴らしいことだと思います。
      そこの報道をきちんと発言を一貫していれば、というかそれが当たり前なのですが、
      なんにも問題ないのにと思ってしまいます。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.