ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キムヨナ フィギュアスケート 安藤美姫 浅田真央

投稿日:

浅田真央の時代が来た!世代交代と新たな2人のライバル達vol.6

皆様、「令和」2日目が始まりましたが、

早速ではございますが、今宵は「平成」へと
タイムスリップさせて頂きたいのよ。

もう平成へ逆戻りか!とおっしゃらないで笑
過去を振り返る作業は大事よ~~~

トリノ五輪が終わり、
荒川静香、スルツカヤ、コーエンと

ひとつの時代が幕を閉じ、

新たな時代の幕開けを感じた2006年。

この年こそがわたしが、

浅田真央の時代が始まるんだ!と胸躍らせた時期!

さあ皆様、一緒に参りましょ!

過去の浅田真央シリーズはこちらよ!

真央ちゃんが大人美女へ変貌!永久保存版浅田真央ヒストリーvol.1

浅田真央がどんなに傷ついても全てを受け止めたい!愛の夢 vol.2

浅田真央が見せた心震える全日本フィギュア一夜の奇跡!vol.3

15歳浅田真央の鮮烈なシニアデビューと87日足りない運命のいたずらvol.4

大興奮!白熱の女王対決で15歳の浅田真央が起こした奇跡とは!?vol.5




浅田真央の優雅なノクターンに競技であることを忘れてしまった

浅田真央

トリノ五輪が終わり、翌シーズン。

五輪の次のシーズンは世代交代とも
言われていて、

昨年シニアで鮮烈なデビューを飾った真央は
ショートをノクターンでしっとりと、

いままでのイメージを覆い返すような曲で望んできたのよね。

あたしね、彼女の演技を見て思ったの。

ひとりだけ別次元のところにいる!

なんていうのかしら!?
フィギュアスケートしての競技をしているんじゃなくて、

リンクというシアターで、

まるで、
スケーティングの一蹴り、一蹴りが、
ショパンの音色を奏でている演者のような

うっとりするような時間だったのよ!

ほら、この涼しげな顔があたし大好きなのよ!

どうでもいいけど、テレ朝の
「ミラクルマオ」のロゴは不要よね笑

スパイラルポジションが美しいわ。
表情がまだあどけなくてね、妙に背伸びしなくて、

等身大の真央らしくて、あたしは好きよ。

バンクーバーの「鐘」のスパイラルは一転、
鬼気迫るものがあったわね。

ここのツイヅル大好物よ!
一番、ツボなとこなの!皆様の真央ツボは!?笑

他の選手たちが必死に演技をしているのに対して、
真央ってさらっと朝飯前のようにこなしてしまってね。

これからどんな曲を演じて、成長していくんだろう!?

フィギュアスケートの神様に愛されたスケーターが
地上に舞い降りてきたんだって、

あたし鳥肌が止まらなかったの今でもよく覚えている。

隣に座っていたアルトニアンコーチも、
きっと同じこと思っていたんじゃないかしら?

それにしてもアルトニアンコーチ若い!
そしてイケメン!笑

もうひとりの天才キム・ヨナ

キム・ヨナ

あたしね、キム・ヨナについて
ブログで触れるの初めてよね笑

キム・ヨナファンの皆様、ごめんなさい。
正直に言わせて頂くと、当時は

やはり真央の憎っくきライバルとして、
好きになれなかったの。

でも今ね、時が経って、
彼女の存在やスケーティングのスピード、ダイナミックさは
素晴らしかったなってやっと思えるようになったのよ!

そんなこんなでもね、この2006シーズンのフリー

「あげひばり」

はあたしの中のキム・ヨナ現役生活の中で
一番好きな演技なのよ。

当時彼女、腰の痛みを抱えていたのよね。
でもすべてにおいて必死だったのよね。

その必死さと彼女が持つ天性のセンスが合いまって、
あたしはすごく魅力的なフリーだなって、

敵対心を持ちながらもすごいなあと思っていたの。

ジャンプのスピードも去ることながら、
このスピン!

この独特の変形が、あたし好きでね。
あげひばりのツボポイントよ!笑

水色のお衣装とフランス杯のブルーが合うわ~

イナバウワーからの2A‐3Tは流石よね。

彼女も真央と同じく、
またフィギュアの神様に愛された天才なんだなと、

このふたりがこれからのバンクバーまでの
4年間、どうやって競い合っていくのか。

あたしは胸が躍る気分だったのよ。
だって、やっぱり天才には天才のライバルがいて然りじゃない!

トリノ五輪から這い上がってきたオンナ!

安藤美姫

ジュニア時代から将来を期待されて、
マスコミにも取り上げられることが多かった彼女。

あたしはトリノ五輪の結果から、
もしかしたらそのまま引退して、

芸能界にでも入ってしまうのではないか?と思っていたのよね。

でもさ、やっぱりこのオンナ、ただものじゃなかったわよ!笑

絶不調のトリノシーズンから、
翌年、見事な復活のシェヘラザード!

彼女も真央、ヨナ同様、天才としての力は十二分に
あったのよね。彼女の場合、メンタルが左右するのかしらね。

真央ともヨナとも違って、

ひとり戦闘能力メーター振り切り、
怒涛の畳みかけるステップの勢い!!!笑

このステップに彼女の底知れぬ力と才能を
感じずにはいられなかったのよ。

開いた口が塞がらなかったわ。。。

真央ヨナなんかにあたし負けてらんないわよ!って気迫がね。

そして、真央ヨナにはまだ出せない色香という
フェロモンをたっぷり漂わせ、

お口あんぐり、

あたしはオトコを知ってるのよ!

ポーズでトドメ!

見て頂戴、
このオトコ百戦錬磨の得意げなお顔!(失礼許して~)

エロスと気迫ステップの緩急が
ツボすぎて、、、

最高よ、美姫!

訂正するわね、あたし。

真央、ヨナ、美姫の三つ巴で競っていくと感じた、

バンクーバーへの序章シーズンだったのよ!

つづく、、、

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
共感して頂けることがあれば、

ぜひブログランキングバナーを
腱鞘炎にならない程度に連打して頂戴ね笑

-キムヨナ, フィギュアスケート, 安藤美姫, 浅田真央

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.