ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オズモンド フィギュアスケート

投稿日:

元世界女王オズモンドの現役引退発表は寂しすぎるわよ!

平昌五輪では銅メダルを獲得し、
2018年世界フィギュアで世界女王になった、

カナダの

ケイトリン・オズモンド

が現役引退を発表よ。

今季ずっと休養していて、もし競技に復帰するなら、
その時は万全の体制でと言っていただけに、

どこかで彼女の復帰を期待していたのよ。
23歳まだ早いわよ。

でも本人が決断したんだもの。
本人の意志を尊重しないとダメよね。
でも、まだできるのに、、、

これからはデールマンがカナダを
引っ張るのね。




オズモンドの引退声明から思うこと

「きっと、公式に出ているでしょうが、私は今後競技には参加しません。個人的には少し前から分かっていましたが、公式発表を聞くと、いまだに信じられない感じがします。自分の決断に自信は持っています。正しいと感じています。でも、もちろん競技の忙しさを恋しく思うでしょう。私を応援してくれた皆さんありがとう。世界は、常に私のそばにいてくれたことであなたたちを知るのです! 人生において次に来るものを楽しみにしています。しかし、あなたたちがいつも私にくれていた応援は、これからもずっと必要になると約束します。グッバイ競技人生、ハロー新しい世界。あなたたちがくれたすべてのものに感謝します!」

この声明を聞く日がこんなに早く来るとは
思っていなかったのよ。

心の準備ができていないわよ、オズモンド。

でも、彼女が言ってくれた、

「競技を恋しく思うでしょう」

この言葉がすごく胸にジーンと来て、
締め付けられるような思いになったの。

フィギュアスケートって本当に素晴らしいものだと思う。
いや、そうでなくてはいけないのよ!

スケーターの限りある一度の人生の中で、
すべてを捨ててでも、フィギュアに命を懸けて、

リンクの中で最高のものをわたしたちに
魅せてくれるんだから。

感動だったり、わたしたちの人生さえも
変えてしまうようなことだってあるでしょ。

それだけ尊いものなのよね。

まだ、できる!

こうして惜しまれて引退するのも
ひとつの「道」なのかもしれないわね。

でも本音はすごく残念よ。
だって、オズモンドにしかり、コストナーにしかり、

大人の成熟した彼女らにしか出せない、
フィギュアスケートの美は、今のフィギュア界において、必要不可欠なのよ!

ってあたし思うのよ。

もちろん若い世代も素晴らしいわよ!

でもね、年齢を重ねて、経験を積んできたスケーティング
って、「重み」が違うのよね。

まさに今の女子フィギュア界はそうした、
円熟味を増したスケーターが絶滅寸前なのよ!

オズモンドのこれからに幸せがたくさんおとずれますように

オズモンドってジャンプの迫力があって、
ダイナミックだったわよね。

高身長で美しさも兼ね備えていたもの。

体型変化や怪我などにも悩まされながら、
しっかりそうした困難も乗り越えて、

平昌で掴んだ銅メダル。
あのブラックスワンは本当に美しかったわ。

これからはアイスショーでまた彼女の演技を
見ることができるのかしら?

ぜひなんらかの形でフィギュアに携わってほしいわ。

でも彼女ほどの美人、メンズが放っておかないでしょうから、
あたしはもうオズモンド2世の誕生に期待して、

2世の将来の活躍に期待するわ!笑
だったら旦那はスケーターのDNAがいいわね、、、

なんて余計なお世話よね!笑

これからの新しい人生、オズモンドにとって
たくさんの幸せが訪れますように、、、

皆様のオズモンドの思い出もぜひ
聞かせて頂戴ね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
共感して頂けることがあれば、

ぜひブログランキングバナーを
腱鞘炎にならない程度に連打して頂戴ね笑

-オズモンド, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.