清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ザギトワ フィギュアスケート

投稿日:

ザギトワへの引退勧告とフィギュアは18歳で終わり発言ロシアで波紋!

連日のエテリガールズの
ジャンプレボリューション報道。

バコ美こと、

アンナ・シェルバコワ

が今度は4回転フリップに成功。

まさにとどまることを知らないわよね。

ロシアでは来季、ジュニアから上がる、

宇宙人トルソワ、バコ美、コストルナヤが
シニアに加わり、

ザギトワ、メドベージェワ、トゥクタミシェワ
との

代表争いが熾烈になることが予想されるわね。




16歳のアスリートに対する引退勧告に賛否両輪

ロシアでは早くもその将来に関する発言が出ている。06年トリノ冬季五輪アイスダンス金メダリストで、世界選手権でも2度のチャンピオンとなったロシアの名スケーター、ロマン・コストマロフさんがザギトワ選手の引退を勧める発言をした。

さいたま市での世界選手権優勝に触れ「女子フィギュアの五輪チャンピオンがその後も大きな大会で勝ち続けることは珍しいことだけれど、アリーナは世界選手権でそれができることを証明した。彼女の演技は優勝に値したし、現在、世界で最も良い選手だ」と称賛しながらも、「成長しつつある次の世代と戦う必要はないと思う。彼女はすべてのタイトルを勝ち取った。チャンピオンのまま引退するのがいい。今後、彼女が(フィギュアを)やっていくのは千倍難しくなる」と11日までに、ニュースサイト「レアルノエ・ブレミャ」とのインタビューで語った。

コストマロフさんは「盾に乗せられて運ばれる(敗北して)より盾を持って(勝利して)」去った方がいいという古代ギリシャの格言も引用。「今のジュニアは本当に素晴らしい結果を残して、年齢のため五輪や世界選手権に出ることはできなかったけれど本当に複雑な演技をこなしていて、17~18歳で対抗していくのは簡単なことじゃない」と、ザギトワ選手が今後、ジュニア勢に対抗していくのは難しいとの見方を示した。

ロシア国内では、反発の声が相次いで、

「ザギトワはまだ16歳だ!」

「彼女の人生は自分で決めさせるべき」

「世界タイトルを手にしたまま引退するのが英断だ」

といった様々な意見が出ているのよ。

いろんな意見があって然りだと思うし、
このアイスダンスのコストマロフの意見もそのひとつに過ぎないのよ。

あたしはね、

ザギトワが彗星のごとく、平昌シーズン、
タイトルを総なめにしてきて、

その勢いで五輪女王の称号を取ったときに、
そのまま引退してしまうのではないかと思ったのよ。

でも、彼女は
現役続行して、五輪翌シーズンを休むことなく、

今季戦い続けてきたのよ。

それだけでも凄いことなのに、
彼女にとっての今季は、

成長期、体重管理、スランプなど
様々な困難を乗り越えて、埼玉での世界フィギュア女王までの

道のりは五輪女王になるよりも
遥かに険しく厳しいものだったと思うのよね。

この経験は彼女を精神的にも
一回りも二回りも
さらに強くしたとことは間違いないわ。

さいたまアリーナでザギトワの演技を見た時に、
何かを乗り越え、キラキラ輝くような

そんな強さをあたしは会場にいて感じたのよ!

五輪の時よりも遥かに魅力的だった。

フィギュアスケートの「演技」ってその人なりの
人生の様々な「経験」が映されるんだなって。

困難を乗り越えてきたその成長の証を
見ることができたこと、あたしどんなに嬉しかったか。

だからね、本人が決める事ではあると思うけど、
あたしは16歳のザギトワがこれから20歳、25歳と

年齢を重ねていった時の演技の変化を
見守っていきたいのよ。

それにね、彼女の「カルメン」。
あたしは25歳になるときのザギトワでもう一度見たいの。

これはもう個人的願望なんだけどね、
女の子、いやひとりの女性なんですもの、

恋のひとつやふたつしていくはずよ。

人生のすべてが芸の肥やしというか、「演技」に活きてくると
思うのよ!

ロシア代表に例えなれなくったって、
あたしは彼女を見続けたいわね。




年齢で限界を決めてほしくないがフィギュアは過酷なスポーツ

 サッカーの元ロシア代表でクラブチーム、ゼニト・サンクトペテルブルクなどでプレー、40歳で引退したコンスタンティン・ジリャノフさんが「フィギュアスケートはひどいスポーツだ。地獄だ。18歳でキュリアは終わり、もう誰にも必要とされない」と発言。これに対し浅田真央選手らを育成したロシアの名コーチ、タチアナ・タラソワさんが「何様なの。(選手のキャリアに)どんな影響を持っているというの。とっとと失せろ」と批判する騒ぎとなった。

しかし、当のタラソワさん自身が昨年、ジュニア選手のトレーニング環境に触れ「ロシアの選手は14歳で4回転に成功しているけど、これはつらいことだと思う。体重を維持するだけじゃなくて減らさなくてはならない。そうじゃないとジャンプを跳べない。練習の負荷は大きい一方で、水さえ満足に飲めないこともある」と発言、フィギュアが過酷なスポーツであることを認めている。こうした事情もあってか、ロシアではソチ五輪金メダリスト、アデリナ・ソトニコワさんや団体金メダリスト、ユリア・リプニツカヤさんら多くの女子選手が20歳前後で競技生活から引退・活動休止している。

ジャリノフ氏の「18歳でキャリアは終わり、もう誰にも必要とされない」
発言は違うわよね~。

彼も40歳まで現役を続けてきたのでしょう。
現役を長く続けることの難しさは誰よりもわかっているはず。

スポーツのジャンルは違えど、フィギュアで
まわりに必要とされるかどうかなんて、そんなのは関係ないわよ。

本人がリンクで魅せたい、滑りたいという気持ちが
あたしは一番心に響く「必要」なことなんじゃないかって思うの。

うまく言葉では言えないんだけどね。

確かにザギトワが水も飲めないと発言したことで、

記事はこちらよ

100グラムの壮絶な体重管理で水も飲めないフィギュア女子の現実とは?

どれだけ高難度のジャンプを跳ぶために、
努力をしているか計り知れないわ。

まさしくフィギュアスケートは
「過酷なスポーツ」だと思う。

健康第一であるべきだし、拒食症問題なども
現実として、ゴールド、デールマンなども
直面していることだから。

ジャンプばかりの風潮で、体重をそぎ落とし続けなければ
いけないのなら、

フィギュアスケートの「美」という
概念からはかけ離れて行ってしまうわよね。

だって、健康美こそが一番美しいじゃない!

ぜひジャンプだけでないフィギュアの魅力を
どんどん引き出せるようなルールになっていくといいわね。

皆様のご意見も聞かせて頂戴ね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
共感して頂けることがあれば、

ぜひブログランキングバナーを
腱鞘炎にならない程度に連打して頂戴ね笑

-ザギトワ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.