ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 伊藤みどり 浅田真央

投稿日:

浅田真央と伊藤みどりのレジェンドから学ぶジャンプの信念とは!?vol.1

皆様、GWも終盤に差し掛かり、
いかがお過ごしかしら?

今日は暑いぐらいの日差しだったわね。

どうか残りの休日、
充実した毎日をお過ごしくださいね。

あたしはジブリの「思い出のマーニー」
を見ていて号泣してしまったわ。

マーニーの孤独、杏奈の孤独、
すごく共感できるのよ、、、

何気にジブリで一番好きな作品よ~。

フィギュアに話は戻して、
今日ネットニュースで、

浅田真央&伊藤みどりのNumber特別対談を読んだわ!

天才の異名を欲しいままに、

代名詞トリプルアクセルで
時代をリードしたフィギュア界のレジェンド2人の熱いトークに
あたし、当時を思い返し目頭が熱くなったのよ。

今宵はふたりのレジェンドのルーツの共通点を探りたいと思うのよ。




カルガリーで感じた新たな時代の幕開けと躍動感

伊藤みどり

あたしの中のフィギュアスケートの原点といえば、
やっぱり、

カルガリー五輪のフリーなのよ!

カタリナ・ヴィットの圧倒的「美」の
表現力がフィギュア界を席巻していた時代。

この男子でも類を見ない、
いえ超人離れした圧倒的なジャンプの高さ!

あたし最初のルッツジャンプでド肝を抜かれたの!

そうね、まるでハレー彗星が
あたしの脳天に直撃したような衝撃と言えばわかるかしら!?笑

そんなのわかるわけないわよね!笑

それぐらいなインパクトだったのよ!!!

男子でも難しいとされていたフリップもこの余裕の高さ!
よく巻き足(足を巻いているかのよう、中野友加里も巻き足よね)で
回りきって降りてこられるわね。

みどりの巻き足の癖がなければ、

本田武史先輩はみどりが、
4回転、もしくは5回転跳べたんじゃないかって、
おっしゃっていたぐらいよね!

当時女子では見ることができない、
3T-3Tの3回転×3回転のコンビネーション!

しかもセカンドジャンプの方が恐ろしく高さがあるって
いう驚愕の事実!

ここでみどりのオネエ的マニアックポイントを
紹介させて頂戴笑

両手を上げるタノジャンプは
いまどの選手もジャンプの工夫として取り入れているわよね。

みどりを見て頂戴よ!

その逆バージョンよ!
手をピタって両足の太ももに添えて、

「整列!」

の姿勢でそのまま跳ぶのよ笑

これ手を上げるよりもバランス取るの難しいんじゃない!?
今この令和の時代で

「整列!ジャンプ」

できるスケーターいるの!?
あたし見たことないわよ笑

いまだに時代がみどりに追いついてないんじゃないの!?
って思ってしまう瞬間なのよ。

最後のダブルアクセルを決めた後、
スピンに入る前の、

ガッツポーズ出たよ!

まさに爽快!スカッとしたわ~。
これから始まる「技術、技術!」の新時代の到来を

感じたまさに歴史的ガッツポーズだったのよ!

あら、やだ。
みどりがもしかして今のフィギュアの「ジャンプ」重視の
礎を築いたんじゃないの!?

いやだわ~!でもみどりはレジェンドだから、
いいのよ~~~!笑

実況が「すっかり会場の人気者ですね~!」

って、あんた動物園のサルじゃないんだから、、、

みどり、泣くのおやめなさい!

みどりの演技にド肝抜かれたのもそうだけど、

えっ!?これ心霊写真!?
みどりの背後にうっすらと

ドデカサングラスをかけたバケモンが!

やだ、山田満知子じゃない!
オリンピック仕様のブレザーだけど、

顔面は流行の最先端、ひとりパリコレかしら!?

あたし何度もビデオテープ擦り切れるぐらい、
巻き戻しては満知子のサングラスばかり凝視していたの。

やっぱり変わったオネエだったわ~笑

ピントがブレブレで妖怪みたい、、、

満知子、大好きよ~!

この時、フィギュアスケートの競技はシングルで、

コンパルソリー(規定)、ショート、フリー
とあって、みどりはコンパルソリーで苦労していたのよね。

真央との対談でも、

私はコンパルソリーが苦手だったから苦労しましたね。練習の3分の2はコンパルソリーに時間を費やしていたかな。

当時、欧米の選手ばかりの中では、突き抜けた個性がないと日本人が認められることは難しかった。私の場合、日本よりも先に世界で個性が認知された“逆輸入”だったと思います。トリプルアクセルを跳んでいない時代は、5種類のトリプルジャンプを跳んでいても、2種類しか跳んでいないカタリナ・ビットが優勝したり。ふざけんなよって思ったことも正直ありました(笑)。でも、カルガリー五輪が終わって、クリスティ・ヤマグチら新しい世代が台頭してきたと同時に、どの選手も一気にトリプルルッツまで跳ぶようになりましたね。

コンパルソリーは廃止され、
いよいよ「技術」が進化する、みどりの時代へと突入するのよね~

そしてカルガリーの翌年、史上初の偉業を
彼女は達成するのよ!




バンクーバーでピョンピョン喜ぶ真央に笑顔が戻ってきた!

浅田真央

私にとってトリプルアクセルは自分の気持ちを強く持たせてくれるものでした。それがなければ、きっと不安になっていたと思います。みどりさんもおっしゃっていましたけど、突き抜けるためには誰も跳んでいないトリプルアクセルをやらなければ勝てないと考えていたんです。キム・ヨナ(韓国)とは小さい頃から常に競っていましたが、ヨナができないトリプルアクセルという武器が自分の中では大きな強みでしたし、それがあるから勝てると思っていましたね。それがなかったら絶対に勝てていませんでした。

あたしね、バンクーバー五輪は
改めて、たっぷりとじっくりと煮込んでお話させて頂きたいのだけど、

ショートの仮面舞踏会、
久々に楽しそうに演技をして、

演技後、ピョンピョン控え気味に
跳びはねて喜びをかみしめていた真央の笑顔をすごく覚えていてね。

すごく嬉しかった。ただそれだけだったのよ!

もちろん彼女の良さはトリプルアクセルだけじゃなくて、
すべての要素のバランスの良さなんだけどね。

でもやっぱり彼女が言うように、
トリプルアクセルという武器が強みであるわけじゃない。

それを決めた会心の演技を見せてくれたことが
すごく嬉しかったのよ。

五輪という大きな舞台、
ましてやショートでミスは絶対に許されないわけじゃない。

そこでなんの迷いもなく、力強い踏切と
回転軸の速さで降りてきたのは、あっぱれ!としか言いようがないわ。

みどりは、対談でこう述べてるわ。

調子が悪いときや自信がないときは、私はトリプルアクセルにこだわり続けず、跳ぶことをやめていたの。跳べる自信があるタイミングでしか試合では跳ばなかった。銀メダルだったアルベールビル五輪も本来ならオリジナル・プログラム(ショート)でも跳んだ方が良かったんだけど、成功する確率が低くて、自信がないから跳ばなかった。フリーでも1本目は失敗しているしね。

真央はトリプルアクセルを決めないと
キムヨナに勝てないことはわかっていたのよね。

みどりは安全策を取ってショートではあえて回避してきた。

それぞれのレジェンドは勝つために最善の策として、
「トリプルアクセル」という大技を大事にしてきたのよね。

みどりは対談でノーミスをすれば勝てる試合だったから、
あえて自信がない時は回避していたと言っていたのよね。

状況に応じて大技を使うべく時を考えていたのかしら。

ふたりの共通のルーツはトリプルアクセルを跳ぶこと!?
いや決してそれだけじゃないってあたし思うのよね。

つづく、、、

最後までお読み頂きありがとうございます。
共感して頂けることがあれば、

ぜひブログランキングに清楚な人差し指で
ポチをお願い致します。

いつもありがとうございます!

-フィギュアスケート, 伊藤みどり, 浅田真央

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.