ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 宇野昌磨

投稿日:

おだまり青嶋ひろの!あんたの思考こそジャンプ至上主義だわ!

あたしね、GW最終日に
オネエ杯と題して、

今のフィギュアルールのジャンプ至上主義な
流れの考え方を変えたいと思って、

皆様とジャンプ以外の
フィギュアの美しさ、楽しさを再発見しようって

始めたじゃない。

早速、スポーツジャーナリストやらの
青嶋ひろのが人の鼻をへし折るような記事を書いたのよ!

ちょっと、ブルーアイランドおだまりなさい!

以前の5回転おだまり記事はこちらよ。

宇野昌磨の5回転マスコミ報道におだまり!違和感しかないわ!




ジャンプ至上主義を唱えてるのはあんたよ!

「自分はジャンプが苦手」と思い込んでいた中学生が、大学生になるころには試合では4種類、練習では5種類の4回転をすでに成功させ、4回転フリップは世界初の成功者になっているとは。そして、世界初の5回転ジャンプに挑戦しようとしているとは……人間の成長の予想のつかなさに、めまいがする思いだ。

日本のメディアは、大技のジャンプが大好きだ。トリプルアクセルにしろ、4回転にしろ、説明しやすく耳目も集めやすい挑戦は、必ず大きく取り上げられる。自然、選手たちに対してもジャンプに対する質問が多くなりがちだ。

ちょっと能力のある女子選手が出てくれば、「トリプルアクセルには挑戦していますか?」。4回転が跳べるようになった男子選手には、「2種類目の4回転は何を跳ぶつもりですか?」などなど。

選手の方が、「もっと挑戦しなくちゃいけないのかな?」と戸惑ってしまうほど、日本のメディアは大技ジャンプ至上主義。そんな彼らでさえも、いまだかつて「5回転ジャンプはどうですか?」などという質問を、選手にしたことはない。そのくらい、人々の想定を超えたジャンプ。練習している選手が既に何人かいる4回転アクセルならともかく、5回転となるともう、視覚的にもどんなジャンプか想像がつかないほどだ。

あんたさ、宇野昌磨を持ち上げるわよね。
本人が5回転ジャンプや~めた!

って言ってるのに、

5回転、5回転て
いつまで騒ぐの!?笑

本人はあんたらみたいなジャーナリストやマスコミが
騒ぐのを危惧して発言撤回したんでしょう。

日本のメディアは大技ジャンプ至上主義って
あんたあくまでメディアのことを指しているけど、

メディアよりあんたの方がジャンプ至上主義よね!

「昔は5回転ジャンプなんてアニメの世界だったのに!」

って、あんの思考回路がいつまでもアニメの妄想の世界から
抜け出せてないと思うわよ。

本人が口にもうしていないんだから、
黙ってなさいよ。

4回転トーループを回りすぎだから5回転をっていう考え方が安易すぎなのよ!

宇野昌磨の今季最終戦となった国別対抗戦。順位はともかく、フリーでは4回転フリップに2度成功、トリプルアクセル‐4回転トウループという成功すれば世界初となるコンビネーションジャンプにも、試合で初めて挑戦した。

これだけ確実な4回転フリップを持ち、さらに高得点をたたき出せるスーパーコンビネーションを手に入れられれば、来季も世界を引っ張る選手のひとりとなるのは確実だ。

できるだけ跳びにくい状態にして回りすぎを抑えなければ、という、跳べずに苦しんでいる選手から見れば、何とも贅沢な悩みを抱えていた。そんな練習の一環として跳んでいたのが、国別対抗戦で挑戦した3回転アクセル‐4回転トウループでもあった。超高難度のコンビネーションジャンプも、「トウループ、何で回りすぎちゃうんだろう?」という彼の悩みから生まれたものだったのだ。

「そんなに回りすぎるなら、5回転トウループを跳んじゃえばいいのにね」などという声も、実は時々あがっていた。しかしそれも、冗談にすぎなかった。

そのジョークか妄想のようなものだった「5回転トウループ」などという言葉を、あの慎重な宇野の口から聞いたのだから、取材エリアはちょっとした騒ぎになってしまう。

青嶋ひろのってなんか言葉にトゲがあるのよね。

「スーパーコンビネーション」、「世界初」、
「これだけ確実な4回転フリップ」

誰かと比べるのが好きよね~、あんた。

あんた確実な4回転フリップって、
今季の昌磨、ちゃんと見ていたの!?

こんなこと言われて本人はプレッシャーに
感じていい迷惑なんじゃないの!?

4回転トーループを回りすぎって、他の選手からすると
贅沢な悩みなの?

あんたが勝手にそう思っているだけでしょうが!

昌磨の口からじゃなくて、
マスコミが5回転をって発言に誘導させたんでしょうが。

4回転トーループを回りすぎているから、
5回転をって考え方ってあたしは安易すぎると思うわよ。

それってジャンプコントロールを
どうでもいい、いけるところまで振り切っちゃえ!

って言うようにあたしは聴こえるわけよ。

ジャンプコントロールをしっかり、コンビネーションを
つけるなら猶更のこと。

そういったところはジャッジはGOEの加点として、
見ているんじゃないのかしら?

昌磨の回り過ぎは課題でもあるし、
練習ではうまく言ってると本人は言うように、

本番の気持ちのコントロールの持って行き方だと思うのよね。
ジャンプコントロールを指摘せずに、

ジャンプ回転至上主義で物申されると、
問題点の「本質」が見えてこないのよね。

あたしには青嶋ひろのが
何が言いたいのかさっぱりわからないし、

「フィギュアスケート」のこと、
本当に真剣に考えているようには到底思えないのよね。

皆様のご意見もぜひ聞かせて頂戴ね。

クリケットのディオニシオコーチとアリサ・リウ?

最新のクリケットでの羽生結弦。
髪伸びたわね。

笑顔がとっても素敵!

4回転の練習に入っているそうよ!

最後までお読み頂きありがとうございます。
共感して頂けることがあれば、

ぜひブログランキングに清楚な人差し指で
ポチをお願い致します。

いつもありがとうございます!

そして、「第6回オネエ杯」開催中よ!

さあ、皆様この中からスパイラルに酔いしれた
3名をどうか選んで投票してくださいまし!

もしよろしければ、投票とご一緒に、

どういった点に酔いしれたとか、
また10名の候補以外でも、
この選手のスパイラルは必須だわ!

というコメントもどしどしお待ちしております。

締め切りは5月12日23:59。

ご参加を心よりお待ちしておりますわ!

-フィギュアスケート, 宇野昌磨

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.