ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アンナシェルバコワ フィギュアスケート

更新日:

マスコミ4回転煽りにうんざり!ロシアの天才少女来季のプログラムとは?

来季、ロシアのエテリガールズで、
シニアデビューを果たす、

アンナ・シェルバコワ

が来季のショートの
プログラム曲を発表したわね!

バコ美に限らず、もう新プログラムは
どのスケーターも
取り組んでいるだろうから、

あとは発表のタイミングなのよね~。

あたしは割と直前まで妄想に浸りたいから、
ギリギリで知りたいタイプなのよ笑

皆様はどうかしら!?




生まれてすぐ母親に足蹴され愛を知らずに育った青年

バコ美が来季のSPの楽曲に選んだのは、
2006年公開の映画、

「パフューム ある人殺しの物語」

のサウンドトラック。

「来シーズンの私のショートプログラムでは、あなたたちを『パフューム ある人殺しの物語』の世界に浸らせます!この映画のサウンドトラックから」と報告している。

皆様、この映画は
ご覧になられているかしら?

わたくし、偶然に
も映画公開時に見ていてね、

※ここからはネタバレあるわよ。

自らの香りが無い主人公がいて、

香りに魅了され、
次々と美しい若い女性を

保存出来る香料にするために
殺していくのよね。

究極の香水を手に入れて、
皆に香水は愛されてもね、

自分の香りが無い事で、
存在すら無い事に気づき、
自分自身を消してしまう

という本当の愛を知らないまま、
生涯を終える悲しい結末の物語なのよね。

あたしね、真っ先にバコ美の

心ここにあらずの無のような表情

が思い浮かんでね。

バコ美ならどうこの映画の重厚で壮大かつ
悲劇の世界観を演じるんだろうって、

興味を持ったのよ。

彼女がどこまでこの作品を掘り下げて、
理解をして、創り上げてくるのか楽しみね。

☆バコ美の過去の記事はこちらよ。

3人目の金メダル候補 どう化けるかしら、アンナシェルバコワ

マスコミのジャンプ先行は違うわ!ジャンプはあくまで表現力の手段よ。

ショートの楽曲発表にマスコミは
もうジャンプの話題ばかり。

練習では「4回転ルッツ―3回転ループ」の超高難易度ジャンプを成功させている。シニアデビューする来季、重厚な新プログラムでの演技に注目が集まりそうだ。

マスコミは新プログラムの演技よりも
男子でもチャレンジしない、

高難易度のジャンプの成功に
しかスポットを当てていないわね。

そんなことばかりお書きになるのなら、
少しでもバコ美の表現力について、

過去の演技を見て、

来季の楽曲に合わせて
どんな世界観を演じるか?

という予想を書いた方が、

あたしはおもしろいなって思うわ。

大事なのは、

ジャンプは演じる表現力のツールでしかないってことよ!

ジャンプを使い、いかに演技全体を通して、
伝えたい世界観を持つのか。

そこだと思うのよね。

バコ美は自身の持つ、
清楚で透明感な雰囲気を

良い意味で壊しに
来ているのかもしれないわね。

どちらかというとこの映画は泥臭い、
人間臭いというイメージの物語だからね。

演技の幅を広げて、
千もの万もの演技を身につけることができれば、

紅天女の道は開けるのよ!

オホホホ! by月影千草

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

↓↓↓


フィギュアスケートランキング

↑↑↑

共感して頂けることがあればぜひ
ブログランキングバナーをポチっと
お願いします。

また皆様からの様々なご意見も
オネエサロンでお待ちしております!

-アンナシェルバコワ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.