ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

チケット問題に羽生結弦は一体何を思うのかしら!?

先日、神戸新聞旅行社が

羽生結弦の出演情報を
フライング発表したとして、

申込90名のチケットを分配されずに
ツアーが中止になった旨を記事に書いたのよ。

☆記事はこちら

批判殺到!神戸新聞旅行社がFOI中止の謝罪なしのトンデモ対応!

もちろん旅行会社がルールを破ったことは
悪いのだけれど、

あたし何かスッキリしない部分があってね。

この一連のニュースを
羽生結弦本人は、一体どう思うんだろうって。




演技を見たい!と思った純粋な初心の気持ちをどうか思い出してほしいのよ

イギリスのトービル&ディーン

1984年、サラエボで冬季五輪が行われ、
アイスダンスで金メダルを獲得し、

「ボレロ」

なんと芸術点においてジャッジ全員が6・0をつける演技!
アイスダンスで全員が6.0なんて前代未聞よ!

鳥肌が立ったのを昨日のことのように
覚えているわ。

心が震える演技に出逢えるって
そうそうないことなのよ。

ファンタジーオンアイスを主催しているCICの真壁氏が
アイスショーを始めるきっかけとなったのは、

彼らの演技をまたプロのショーとして見たいと思うところから
始まったと彼のコラムに記してあったわ。

あたしね、「演技」って一期一会だと思っているのよ。

その時、会場にいようがTVで見ようが、

この瞬間に出逢えて、感じた「何か」を
大切にしたいなって思うのよ。

もしかしら、その出会いが自分の「人生観」
をも大きく変えてしまう可能性だって秘めているんだから。

だからその、心の芽を摘んでしまうのは
やめてほしい。

フィギュアを好きになった初心を思い出せば、
チケットを取り上げてしまうことなんてできないはずなのよ。

羽生結弦は一体どう思うのかしら?

この一連のニュースは羽生結弦の耳にも届いているでしょう。
きっと優しい彼は、申し訳ないって胸を痛めているに違いないわ。

大人達の勝手な事情なのにね。

アイスショーって、「感動」を与えるため、得るためにあるものでしょう?

選手を商品のように扱って、

後出しだの先出しだの
あたしは違うと思う。

もちろん様々な事情で出演がギリギリに
決まることだってあるでしょう。

でもどこか、「ファンタジーオンアイス」で絶大な人気を誇る、

羽生結弦を商品のように扱う、

旅行会社であったり、主催者の意図や思惑を
感じずにはいられないのよね。

あたし何より心配なのは、全公演出演して、
足の状態は本当に大丈夫なのか?って。

本人の意思が尊重されていればいいのだけど。

お客の気持ちがわからない輩に「夢」を取り扱う資格なんてないわ!

情報解禁が10日に設定されていたのを見落とし、9日にHPに掲載。提供元はチケットを分配できないと通告し、同社は14日にツアー中止を公表した。これまでに90人の申し込みがあり、申し込んだ人に謝罪して返金を進めている。担当者は「今後はチェック制度を強化して再発防止に取り組みたい」としている。

この旅行会社がフライングしたことが
一番の問題なのには違いないけれど、

ネットで大騒ぎになってからの謝罪声明っていう
誠意のなさに呆れたわ。

再発防止っていうけれど、今後はっていうけれど、
その演技と出逢えるのは「一期一会」

その時でしかないのよ。

どんな気持ちで想いで、チケットを申し込んだのか。
様々なご事情があることでしょう。

そんなお客様の立場、気持ちを考えられないような輩に、
「夢」を取り扱う資格なんてないのよ!

そして真壁氏!
なんとかして頂戴!

ペナルティは他にも手段はあるはずよ!
申込をされた方々の「夢」と「希望」を奪わないで!

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

共感して頂けることがございましたら、
ぜひブログランキングバナーを

↓↓↓

☆人気ブログランキング☆


人気ブログランキング
☆にほんブログ村☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

ポチっと押してくださいね!
励みになります!

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.