ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 浅田真央

投稿日:

ジャッジに奪われた浅田真央のトリプルジャンプと運命の出逢いvol.9

皆様、今宵は

浅田真央ヒストリー第9弾!

前回の記事で、

浅田真央が転倒しながらも、
最後まで諦めない姿勢。

そしてトリプルルッツのエッジ問題。
コーチ不在問題。

浅田真央が迎える、2008‐2009シーズンに
いよいよ迫るわよ!




ロシアの重鎮タチアナ・タラソワが真央のコーチに!

コーチ不在のシーズンを終え、
真央のコーチは一体誰になるんだろう?って

当時あたしは思いを馳せていたのよ。

「浅田真央ほどの逸材」を担える器量のあるコーチはいるのだろうか?

やきもきしてたのよ、あたし!

そうこうしてるうちに笑

見た目も心もでっかい愛で包んでくれる、

タチアナ・タラソワ

が就任のニュースにやっぱりこのお方しかいないわ!
と唸ったのを今でも覚えているのよ。

ヤグディン、荒川静香など、五輪金メダリストを
育ててきた実績を持つ彼女は、

「チャンピオンメーカー」としての異名を持ち、

同時に、

本当に彼女が認めた才能ある
選手にしか指導をしないことで有名だったのよ。

あたし鼻が高かったわよ!

だってフィギュア界の重鎮、大御所、ご意見番(笑)、
な彼女を最大の味方にしたんだもの!

表現力に定評のある指導に期待とジャンプのエッジ、回転不足問題への不安

2008年世界選手権で見事に世界女王へと
登り詰めた真央に、

ISUはさらなるルール改定で、
ルッツの踏切りエッジの使い方に加えて、

コンビネーションジャンプの
セカンド、とりわけループジャンプの回転不足を

厳しく判定するようになったのよ。

☆ISUのルールが厳格化された記事はこちらよ

浅田真央には勝たせないぞ!ルールが敷かれた運命の年 vol.7

あたしね、はっきり言わせて頂くけど、

「新採点方法=真央には勝たせないぞルール」

がより明確に露骨になって出てきたものだと
当時思っていたのよ!

でもね、真央って一切言い訳をしない。
何も言わない。

怪我すらも実力不足と言って、
努力をすることしかしない。

そんな彼女を見てきたからね、あたしはじっと我慢して
彼女を見守ってきたのよ。

タラソワがコーチになって、
言葉は通じないかもしれないけれど、

あの温かく海よりも広い包容力で
真央のメンタルを支えてくれるに違いないと思っていたからね。

真央がまだ別のコーチに師事していたとき、私がショートプログラムの曲の振り付けをしたのね。数週間、真央を預かったあと、そのコーチから「真央が別人になった」と電話があったわ。真央は練習の虫ね。とにかく真面目に取り組む人。私は真央が自分に打ち勝って、実力以上の演技をしたときが大好き。真央は男子がするような演技をして、私のコーチとしてのイメージを広げてくれた。

タラソワが言う別のコーチはラファエルコーチのことね笑

「自分に打ち勝つ」

人生においてとても大事なこと。
あたしは真央のひたむきな姿勢にずっと心奪われずには
いられなかったのよ。

フリーでは3-3を入れることを断念せざるを得ない
採点方法になってしまったんだもの。

さあ次は彼女のプログラムをみていきましょ!

つづく!!!

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

共感して頂けることがございましたら、
ぜひブログランキングバナーを

↓↓↓

☆人気ブログランキング☆


人気ブログランキング
☆にほんブログ村☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

ポチっと押してくださいね!
励みになります!

-フィギュアスケート, 浅田真央

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.