ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

ダメな記者と評価されるべき記者の3つの違いとは何か!?

皆様、日曜の昼下がり
いかがお過ごしでしょうか?

オフシーズンに入り、
連日様々なフィギュア記事に
一喜一憂したり。

憶測でありもしない記事を書き、

あたしもおだまり!と声をあげてしまう
ダメな記者は多く存在するけれど笑、

日本にも数少ないけれど、
きちんと公平な目で,

フィギュアスケートの将来を
考えた良い記事を

書いてくださる記者様
(こちらは様付けよ!笑)
もいるはず!

今日は皆様と

「ダメな記者と評価すべき記者様」

との違いを考えていきたいと思うのよ。




【その1】記事を書く上での観点に一貫性があるかどうか。

☆田村明子の切り取り記事はこちらよ↓

Numberパトリックチャン無料版記事に違和感しかないわ!

こちらの記事では褒めておいて、
あちらの記事ではそうでもないとか、

この選手は将来が楽しみだとか
言っておきながら、

しばらく経って急にそうでもない
とか言ってみたり、

総じて、ブレブレで言っていることに一貫性がない記者はダメだわ。

出版社の要望に応えられなくても、
きちんと自分の考えを通して書く記者は、

逆にあらまっ!てなるわよね笑

【その2】スケーターをリスペクトしているかどうか

☆先日のデタラメ記事はこちらよ↓

嘘を書くことがスポーツライターの仕事ではないわ!

男子フィギュアは「4回転半ジャンプはできて当たり前」の時代に突入しようとしており、同選手権で羽生はそれに失敗している。

はい?
いつ羽生結弦が世界フィギュアで

4回転半アクセルに
チャレンジしました?

こうだもの。

フィギュアスケートを何も見ていないの。
そしてその選手のことなんて
何もわかっちゃいないのよ。

ただ注目があるんじゃないかってだけで、
記事を書いてその選手のことを知ろうとしない、わかろうとしない、

選手をリスペクトすることから始めなさいよ!

って声を大にして言いたいわ。

【その3】スケーターに寄り添った立場で公平に記事を書けるかどうか

☆特定の選手だけを持ち上げて、公平な目を持たない典型的なパターンがこちらよ↓

おだまり青嶋ひろの!あんたの思考こそジャンプ至上主義だわ!

「世界初の5回転ジャンプに挑戦しようとしているとは人間の成長の予想のつかなさに、めまいがする思いだ。」

めまいでもなんでも起こしなさいよ笑

例えばさ、個人ブログは、
特定の選手の応援であれば、

ファン同士が集まって、
その選手を贔屓にするっていうのは

ごく当たり前のことよね。

でも記者、スポーツライターという立場で、
世間に記事を出すというのであれば、

「公正」な目を持つべきよ。

そしていかに選手に寄り添った立場に立って、
選手の気持ちを汲み取ることができるか。

そこに記者としての本当の資質が
あるかどうかって、

あたしは思うのよね。

最後に松本航氏の記事を紹介させて頂くわ!

先日の記事で、松本航氏の記事で

選手のリンク外での寄付活動に触れて、
公平な目で選手に寄り添った立場で、

きちんと自分の考えを自分の言葉に発して
書くライターさんが日本にもいるんだ!って

驚いたのよ。

読者様がサロンで、彼の記事をいくつか
取り上げてくださって、

ぜひ皆様とも共有させて
頂きたいなって思い、

とても素晴らしい読者様のコメントと共に、
ここで紹介させて頂くわね。

☆本田真凛について

↓記事はこちらよ↓
「本田真凜、令和初年度強化選手外れも「自分らしく」l

本田真凛についてはなにかと過大評価か、落ちたマリン的な暗い記事のどちらかが目立つのですが、この松本記者は現地の様子と共に本田真凛の本当の思いをきちんと伝えていますね。濱田コーチとラファコーチのジャンプについての指導の違いを「同じ山を正反対の方向から登るような技術面の違いがあるようだ。」という一行で上手く伝えています。これって本田太一の言葉なのか、松本記者の表現なのか。フィギュアの技に慣れない人にも想像しやすいですよね。

また、「人前で見せる笑顔の裏で、理想と現実のギャップに2人で直面していた。」と米国生活での精神的辛さもきちんと書いている。真凛と兄の太一から本音を引き出し、最後には、「今の本田は雨に耐え、人目につかない場所で「キラッキラ」になる時を待つ、泥団子に近いのかもしれない。今季の全日本選手権でフリーに進めなかった兄と2人で、その砂をじっくりと固めていく。」、と見守る心で締めくくる。

☆友野一希について

↓記事はこちらよ↓
「友野一希「闘志」羽生やチェンから学んだ令和の誓い」

友野からこれだけ本音を引き出した記事も読んだことがありません。)
この記事も最後の一行が優しく、頼もしいお兄さんのような視線が感じられますよね。

☆宇野昌磨について

↓記事はこちらよ↓
宇野昌磨が見せた5回転への欲 退路断ち覚悟示す

5回転への挑戦発言で、瞬時にメディアにネタを提供してしまった昌磨。その昌磨の真意に迫っていますね。上司からは「5回転だ、5回転!5回転について書け!」といわれたでしょうが、試合直後のアドレナリンの噴火がまだ治まっていなかったであろう時点で、不意に出た昌磨の一言に記者陣が騒然となった時の空気もしっかり書き、その上で、「なぜ、ここまでの高難度ジャンプに言及したのか。」の一行で、煽り目的の記事とは一線を画す、その発言の奥へと取材を続ける。

「君がそう決意したなら僕は応援するよ」という声が行間から伝わってくるような、アスリートへの愛。

※一部、文章を編集させて頂いております。読者様、本当にありがとうございます!

オフシーズンでもたくさんの
フィギュアに関する記事が出てきて、

その中でどれが本当に必要で、
そうでないものなのか、

「真実の目」を養うことが今の時代
あたしたちに求められている
ことだと思うのよね。

その記事が
出版社が求めるような話題作りでなく、

自分の意志をしっかりと持ち、
フィギュアスケートを愛し、
選手をリスペクトし、
あたしたちの心に訴えてくるような記事こそが、

大事なものなんじゃないかってね。

フィギュアスケートの演技と一緒じゃない。心に響くかよ!?

皆様のご意見もお聞かせくださいね。

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

共感して頂けることがございましたら、
ぜひブログランキングバナーを

↓↓↓

☆人気ブログランキング☆


人気ブログランキング
☆にほんブログ村☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

ポチっと押してくださいね!
励みになります!

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.