ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ツルスカヤ フィギュアスケート

投稿日:

17歳の若さで現役引退をしなければいけない理由とは一体何!?

2015年ジュニアグランプリファイナルで優勝したこともある

ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)

が現役引退を表明したわね。

まだ弱冠17歳よ。

これからが楽しみなスケーターだったのに!

一体彼女に何があったというの!?




引退理由は多くは語りたくないけれども、、、

 

この投稿をInstagramで見る

 

Все имеет свойство заканчиваться...вот и моя жизнь в фигурном катании подошла к концу Не хочется много писать, но это обдуманное решение и я думаю оно верное. В жизни перед нами часто встаёт сложный выбор и я его сделала в сторону учебы Прежде всего хочется поблагодарить каждого кто был рядом со мной на протяжении этого недолгого, но очень важного для меня периода в жизни, это мои родители, тренеры(каждого кто вложил в меня силы, душу и передал мне знания), друзья и конечно же болельщики, которые верили до последнего и поддерживали не смотря ни на что Всех люблю...СПАСИБО♥️

Polina_Tsurskayaさん(@polina_tsurskaya)がシェアした投稿 -

「すべてのことに終わりがあります…。私のフィギュアスケート人生が終わりに近づきました。多くを書きたくはありませんが、これは良く考えた上での決断で、私は正しいと思っています。人生では私たちの前に難しい選択を迫られる時がよくありますが、私は学業を選択しました。

何をおいても第一に、この長くはないですが人生で、私にとってとても重要な時期に近くにいてくれたすべての人に感謝したいです。私の両親であり、コーチたち(私の成長に精魂を注いでくれ、知識を与えてくれたすべての人々)、友達、そしてもちろん最後まで私を信じ励ましてくれたファンの皆様。みんなを愛しています…ありがとう」

ツルスカヤ

15歳のグランプリファイナル。この独特の手を後ろに組むポーズが印象的でね、

これからどんな演技をしてくれるんだろうって当時ワクワクしたのを、あたし今でも覚えてるわ。

彼女はエテリに将来を有望視されて出てきたのよね。

あたしが驚いたのは、

滞空時間の長い、ジャンプの高さと幅!

ジャンプを跳んでるわ!じゃなくてね、

なんて綺麗なジャンプを跳んでいるんだろうって考える時間を与えてくれるような

見惚れてしまうような見事な高さと幅なのよ。

そんな彼女だったんだけれどもね、

2017年のNHK杯で見た時は、身長が伸びてジャンプを跳ぶタイミングを計るような間が見えるようになってね。

体型変化にもしかしたら苦しんでいるのかもしれないと思ったのよね。

それでも彼女、美しかったわ。

フリーでの「Song for the Little Sparrow」の切ない旋律に乗せてね、この曲は宮原知子も演じたわよね。

学業を選択。

多くを書きません。

彼女は怪我や体型変化などにも悩まされてきたと思うのよね。エテリの元を離れて、何か思うことがあったかもしれないわね。

カロリーナ・コストナーのスケーティング、ユリア・リプニツカヤのスピン、セルゲイ・ボロノフの表現力を目標としているって

最初に聞いた時から、彼女はジャンプだけでなく、

表現力にきちんとおもむきを置いているんだ!ってあたしすごく楽しみにしてきたのよ。

本人が語らない以上、それを詮索するのは失礼。

でもまだあまりにも早すぎるわよ。

あたしは20代、30代とコストナーのように人生経験を糧にして演技の成長を氷上の上で見ていきたかったわ。

スケーターが望むのであれば少しでも長い競技生活が送れるようにできるルールを

競争が激化するロシアにおいて、彼女は自分の居場所を見つけることが困難になっていたんじゃないかしら?

そのシーズン、優勝!という輝かしい成績を残しても、もう翌シーズンには下から台頭してきた若手がその記録を塗り替えてしまう。

ISUは実績をコンスタントに残してくるスケーターに対して評価をする傾向にあるからね。

今の演技構成点を見ていてもそう。

たとえひとつの大きな大会で優勝してもスケーターはどこを目指していけばいいのかわからなくなる時があるんじゃないかしら?

今のルールが現役スケーターの歩みを躊躇させるところは往々にしてあると思うわ。

フィギュアスケートの美しさってジャンプだけでは決してないはずなのよ。

年齢を重ねて、そのスケーターが成長して、恋をしたり、困難を乗り越えたり、

まさしくファンタジーオンアイスで滑ったプロ達を見ていると演技に「脂」が乗っていたでしょう。

ああいう部分をもっと評価できるようなルールにしてほしいのよね。

技術と演技構成を連動させているようじゃ、てんで無理な話よ。

ISUのルールにスケーターが合わせればいい!という意見もあるわよね。

もちろんそうね、ルールを決めるのはISUだもの。

でも、スケーターは人生を懸けて、あたしたちが普通に経験してきたものすらも犠牲に変えて、スケートに打ち込んでいるのよね。

そんなスケーター達の悩み、体型変化、摂食障害などにもっと耳を傾けるべきだと思う。

若いスケーターが難しいジャンプを決めて、歴史的快挙です!優勝です!ってその時は素晴らしいわよ。

でもそれだけじゃないじゃない。そのスケーターが望むのであればよ、30代になったって、その年代の良さを引き出せるところがあれば、

もっとフィギュアスケートの「美」の幅って拡がるんじゃないかしらね。

ツルスカヤが決めた次の人生にどうか多くの幸せが訪れますように。

そして引退してもフィギュアスケートを変わらず愛してほしいし、

また違う形でいつか彼女の演技を見ることができればあたしは嬉しいって思う。

↓写真集、Amazon予約受付中よ↓

 




お読みいただきありがとうございます!共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-ツルスカヤ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.