ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート ヴィンセントジョウ

投稿日:

スポンサー問題!木下グループはなぜ日本人を選ばなかったのか?

  1. 世界フィギュアで3位になり、アメリカが北京五輪で期待している、

ヴィンセント・ジョウが紀平梨花などを指導する、

濱田コーチに師事、そして同日木下グループがジョウと所属契約を結んだ。

これまでも短期間でハマコーの元を訪れて指導を受けていたけれども、

スポンサーをつけて、日本でも支援を受けつつ本格的に北京を見据えて始動するのね。

でもあたしたち日本人は手放しで喜べるのかしら?




自国の若手の選手を育成して強くしていってほしい

木下グループといえば、ペアとダンス、

シングルだと島田高志郎や宮原知子などを支援してくださってるのよね。

自国の立場から言わせて頂くと、やはり日本の若い選手の育成をサポートしてほしいわ。

もちろんヴィンセント・ジョウは素晴らしい選手よ。

羽生結弦と宇野昌磨、そしてネイサンチェンには大きなスポンサーがついているから、

木下グループがジョウをサポートすることは北京五輪に向けた全面支援、

そして日本のハマコーの元で拠点を置き、活動しやすくなるわけでもあるわけよね。

日本の若手にはあまり注目していないのかしら?

中学生の三浦佳生は4S、4Tとすでに2種類のジャンプを決めているのよね。

日本はスケートを続けていくための資金繰りが難しく、クラウドファンディングは皆様ご存知の通り。

スケートリンクの確保もままならない状況で練習できなきゃ、そりゃ強い選手が育つわけもないわ。

スケート連盟はスポンサーをどう付けるのか、

「一体何の為に」付けるのかをもう一度よく考えてほしいわ。

ジョウはこれまで回転不足をかなり厳しく取られてきたのが、今季からは急に取られなくなっていたり、

何か腑に落ちないところもあたしあるのよね。

濱田コーチの元に渡ってこうした部分もクリアになると良いのだけれど。

スポンサーが付いて、メダリストが生まれればそれこそ付いたスポンサーは万々歳。

何故日本のスケーターに付かなかったのか?

それは日本の若手に期待していない、

いえ。連盟がそうスポンサーをあてがうように仕向けなかった怠慢だと思うわ。

北京五輪の日本男子枠はどうなる?

まず、北京五輪への前にしっかり「3枠」を確保しなければいけないのよね。

いつまでも羽生結弦や宇野昌磨に頼っていると予期せぬ怪我などもあるわけじゃない。

日本男子の3番手、そしてそれに続くスケーターを育成していかなければいけないわ!

あたしが好きな宝塚は、

トツプスターがいて、2番手、3番手、そしてその予備軍と

「路線」と呼ばれるスター候補をきちんと育てながら100年以上も続いてんのよ!笑

でも今の日本男子の状況はどうよ!?

あたしから見たらアルベールビル五輪の時の伊藤みどりのようだわ。

彼女だけに全期待を背負わせて、彼女のプレッシャーに押しつぶされる様を見てきたのよ。

こんなポンポン楽しそうに躍動感いっぱいで滑る彼女の姿は、どこにもなかったもの。

北京五輪に羽生結弦が出るのかどうかはまだわからないけれども、

もし出ない場合を考えて「3枠」をしっかり取れるようスケート連盟は選手の育成を考えてほしいわ。

若手が育たないんじゃなくて、育てようとしないんだもの。

資金繰り、練習環境、コーチ、課題は山積みなはずよ。

あたしは次世代のスター選手をぜひ見たいのよ!

スター選手がいなければ、フィギュアの人気はおしまいよ!

フィギュアだけじゃない、どの世界でもそうよ。

※ブログに掲載されていた指定強化選手リストが令和元年でなく、平成30年度のものになっておりました。読者様よりご指摘がございまして、ここに訂正しお詫び申し上げます。

miki様ありがとうございます!




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート, ヴィンセントジョウ

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.