清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

転売問題どうする?羽生結弦の仙台巡りのネットオークション

皆様、おはようございます。

羽生結弦が登場する仙台市の観光ガイドブック「仙台巡り」が、

限定で無料配布された後に、インターネットのオークションサイトで

3000円以上で出品されているそうよ。

仙台市の限定無料配布という選択は本当に正しかったのかしら?




羽生結弦ファンは絶対に買うことはない

「仙台巡り」はA5判42ページに渡り、

仙台観光アンバサダーの羽生結弦が観光スポットを紹介。故郷への思いを語ったインタビューも掲載しているという内容よ。

入手方法としては、

・仙台市内商店街での配布

・仙台市内商業施設での配布

・仙台市内のホテル・旅館へ宿泊で配布

・専用の応募はがきを入手し(渋谷東急本店、宮城ふるさとプラザ)、抽選で1000名に送付

基本的には仙台市内での無料配布、そして首都圏の方々には応募はがきを渋谷東急本店で

入手した上での抽選のみ。

そりゃ羽生結弦ファンはほしいわよ。

でも本当のファンであれば、転売サイトから買うことは絶対にないわ。

まず、転売によって、「羽生結弦がショックを受けている」という仙台市長の言葉もあったように、

スケーターが悲しむことはファンである誇りにかけてもしたくない。

そして転売で儲ける売り手が得をするようなことも絶対にしないわ。

けれども仙台市がとった抽選で1000名にという配布方法は、問題がなかったのかしら?

抽選、期間限定というプレミア感が人の売買意欲を煽る

あたし思うのだけど、最初から有料でネット販売すればいいと思うのよ。

そうすれば転売サイトでの売買はなくなるでしょう。

収益を寄付するとか、公共団体の助成金にあてるたらどうかという意見もあったわね。

仙台市が観光客を誘致したいのなら、期間限定での配布というのも、

疑問に思うところもあるのよね。

常に観光で訪れたら、観光案内所に置いておくことは難しいのかしら?

仙台市の期間限定、そして応募による抽選という配布方法自体が、限定感を煽り、転売問題へと繋がってしまう流れを作っているような気もするのよね。

転売問題は本当に深刻でフィギュアスケートの競技大会チケットにしてもそう。

結局は買い手がいるからなくならないのよね。

ファンとしては買わないことが大前提。良識を持ってプライドを持って、スケーターを応援していきたいわよね。

皆様のご意見もぜひ聞かせて頂戴ね。




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.