スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 高橋大輔

投稿日:

どうなのよ?高橋大輔の新ショートがビヨンセ振付師って!

皆様、おはようございます。

高橋大輔の新ショートプログラムが発表になったわよね。

Fall Out Boyの「The Phoenix」

ノリノリなアッパーチューンでフィギュアスケートに合うのかしら?と思ったら、

振付はこれまたビヨンセを手掛けたシェリル・ムラカミ。

えっ、フィギュアじゃないのに!?と思ったら、ミーシャ・ジーも参加するのね。




高橋大輔の新ショートを国際大会のジャッジに判定してもらいたいわ

「今回のプログラム作りに伴い、ダイスケ、シェリル、ユウコと共に仕事をさせて頂いたのはとても光栄でした。このチームにとって、今回の振付は間違いなく刺激的かつ、感慨深さ、挑戦しがいのある経験だったと思います。振付の準備段階から進めていくにあたり、チームでスタイルや方向性などの打ち合わせを重ね、芸術面に関しては細部までこだわり、またそれと同時にダイスケ自身の魅力や技術を最大限に引き出すことはもちろん、氷上での真新しさとユニークさを合わさったものを生み出せるよう心がけていきました。歴史上、最高峰のスケーティングアーティストの一人と芸術作品を生み出すには、大いなる成果と共に大いなる挑戦が不可欠。ダイスケ、シェリル、ユウコ、そして私を含め、1人1人が120パーセントの持ちうる力を出し切っていき、今回、ダイスケも困難はあったようですが、また情熱と楽しさを見出せたと感じました。これからプログラムがどんどん洗練されていくよう我々も引き続き見守っていきたいと思います。ファンの皆様にはこれからも変わらず彼を支えて頂きますよう宜しくお願い致します」

※ミーシャ・ジーのコメント抜粋

最高峰のスケーティングアーティストって上手い表現ね。

この「The Phoenix」の曲は出だしからカッコよくて、ガンガン攻める感じよね。

フィギュアスケートに合うのかしら?って思ってしまったけど、

刺激的かつ挑戦し甲斐のある曲、そしてビヨンセ振付師シェリル・ムラカミ氏の

斬新な振付でフィギュアに新しい局面を見せてくれるんじゃないかしらね。

ミーシャ・ジーがフィギュアとしてどのようにアレンジするのか腕の見せ所よね。

ぜひ、この豪華なコラボで創り出すショートを

国際大会のジャッジに見てもらい判定してほしいのよ。

以前、2007-2008年のシーズンの時に滑った白鳥の湖のヒップホップも斬新だったわよね。

ジャッジがどう評価するのかすごく楽しみだったのよ。

このステップは凄かったわよね。

当時あたしは衝撃的でヒップホップがフィギュアに合うのか?というより、

高橋大輔がヒップホップをフィギュアに合わせてしまったという事実。

ぜひ今度のチャレンジも国際ジャッジの目にどう映るのか、見てほしいのよ。

あたしはこのプログラム、どうなのよ?って聞かれたら、

高橋大輔らしい、面白くまた新しいプログラムになりそうだわ!

振付師シェリル・ムラカミについて

Jazzの基礎・柔軟性・表現力を重視した指導、Pop&RockのMusicテイストをMixしたダンス、 FunkyかつSexyなスタイル。明るいパーソナリティとアジア人とは思えない強烈なオーラを放つシェリルは世界中のダンサーに高く支持され、数多くの優秀な若手ダンサーを育て上げてきた1人。

まだ全く予想も付かないけど、どんな振付になるのかしらね?

ファンキーな振付になるのかしらね笑

どうでもいいけど振付費用すごく高そうよね。

表現ばかりが取り上げられるけど、技術的にはどういうジャンプ構成でくるのかしらね?

4回転トーループは入れてほしいわね。

ジャパンオープンの残り一枠に入るの?

ジャパンオープン、日本だけが残り1名男子のスケーターが未発表状態なのよね。

織田信成が出るかなと思っていたら、まさかのゲストスケーター枠での参加になっていたから、

高橋がやっぱり出るのかしら?

でもジャパンオープンはフリー曲だし、今ショートの振付でフリーまで間に合うかどうか。

そうすると無良嵩人かしらね。でもサンクスツアーもあるし、、、

ジャパンオープンてISU公認なわけでしょ?

いつも思うんだけど選手のスケジュール優先させるより、国際大会なんだから、

エントリーを早い段階で決めて、そこから選手が大会に合わせて練習調整していくものじゃないの?

なんか順番逆なのよね。

そんな大会ならやめておしまい!って思っちゃうわ。





人気ブログランキング

↑↑↑

お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひ2つのブログランキングバナーを
ポチっとお願い致します!

↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 高橋大輔


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. 名無しの一般人 2019年8月15日 10:20 AM

    オネエ様、おはようございます。
    高橋さんのフリーは昨年のプログラムを持ち越しだそうですから、間に合うのではないですか。今回の大会の他の出場選手はずいぶん前に決まっていて、残りは高橋さんのために空けてあるんだろうと思っていて、アイスショーが終わり次第発表するのだろうと思っていたのですが、いつまで引っ張るつもりなのでしょうか?インタビューでは「検討中」としていますね。まさか「出たくない」とごねているのではないでしょうね。
    どちらにしても、スケ連はいつまで高橋さんを特別扱いするつもりなのでしょうか?特別強化選手を下す気がないのなら、特別強化選手としての責任を果たすよう説得するのがスケ連の果たすべき義務だと思うのですが。いつまで「高橋選手の意思を尊重する」をやっているのでしょうか?

    • オネエ 2019年8月15日 12:27 PM

      >名無しの一般人様

      フリーは持ち越しでも最後まで滑りきる体力が今はあるのかな?と
      思ってしまいました。
      特別強化指定とかショーとかそういうことを抜きにして、
      「彼の新ショート」のプログラム自体は魅力に感じました。
      が、プログラム発表よりも出る試合を先に発表の順番がよかったかなと。
      「検討中」というのはまた非難を浴びることになってしまうので。

  2. マロン 2019年8月15日 10:48 AM

    高橋選手は何のために現役復帰されたのか、疑問です。
    現役では勝たなくても良い、全日本は我が儘できる。国内試合限定で国際試合に出場の予定未定。でも全日本で2位だったので、特強。
    国際試合に出場の気持ちが無いなら、特強を即辞退して欲しい。
    そして台乗りさせる為か,技術点30点台の演技構成点が80点台ってこの様なジャッジは明らかに可笑しい。

    クワド2種類に挑戦すると言っていたので、是非跳んでください。
    マンボとかヒップホップとか音楽だけに頼らず、フィギュア技術で勝負してください。

    • オネエ 2019年8月15日 12:30 PM

      >マロン様

      新しいジャンルの融合はわたしはおもしろいのでいいなと思うのですが、
      もちろん国際大会を見据えての技術の構成はしっかり取り入れてほしいです。
      ぜひこの新しいショートを国際大会のジャッジに評価してほしいなって
      いうところは強調したいです。

  3. あじさい 2019年8月15日 12:05 PM

    これまた忙しい曲を選びましたね。
    ほとんど息継ぎできなさそうだし ワンテンポ遅れたら取り返しつかなそう…
    2007年スケアメは20才くらい?だったから あのステップもできたろうけど 今の年齢でショートにこれはチャレンジですな…
    曲をどうアレンジするかだけど。
    杉爺?が 先日の講習会で ボーカル入りのプログラムはジャッジが曲を理解しずらい…と言ったそうです。それを考えると 確かにどう評価に持ってくるのか?

    振り付け多分お金かかりますよね。
    高橋選手は特別なのね…(°▽°)

    • オネエ 2019年8月16日 8:36 PM

      >あじさい様

      ワンテンポ遅れたらちょっと取り返しつかないし、
      バタバタ感が否めないですね汗
      ボーカル入りの曲はジャッジが理解しづらいですか。
      うーん、曲によると思うんですけど、逆にボーカルに乗せた
      手足の表現が難しいかなって。
      それにしても振付にすごいお金かかってそうですね、、、

  4. モモ 2019年8月15日 12:05 PM

    初めましてオネエ様のプログラム楽しく拝見させて頂いてます。
    高橋さんの事ですが、前はファンではなかったのですが演技は好きでした。
    けれども特別強化選手に??となりスケート連盟の特別扱いに正直うんざりしています。
    どうしてこの方だけこんなわがままがまかり通ってしまうのか疑問です。
    そして本人が一番駄目だと思いますよ全日本に出ればそれでいいのでしょうか。
    だったら特別強化選手を辞退するべきです。いつまでぬるーい環境に浸かってるんでしょうね。スケ連もスケ連ですが、ご本人のがむしゃらにスケートをする姿勢が全く感じられず残念です。そしてしっかり宣伝だけはぬかりがない所が事務所の強みでしょうか。高橋さんは国際大会に今シーズン出ないでいつ出るんでしょうか。
    ジャパンオープンは若い選手を出して欲しいです。出るのだったらB級試合に出ればいいと思います。

    • オネエ 2019年8月16日 8:40 PM

      >モモ様

      モモさんはじめまして!
      オネエサロンへようこそ!ブログをいつもご覧頂き嬉しいです。
      なんかビヨンセのっていう前置きがあると凄くスケールが大きくてお金かけていて、
      国際大会に飛び出していくそうな勢いなんですけど、実際のところどうなんでしょうね。
      今後のスケジュール次第だと思いますが、その発表を待ってから、
      批判するべきところはしっかりしたいないう気持ちです。
      何を目指しているのかと連盟の采配が明確であればよいのですが、、、

  5. おばちゃん 2019年8月15日 12:53 PM

    オネエさま アッパー系もってくるとは⁉︎
    ビヨンセ姐さんやジェニロペ姐さん、ゴージャスで案外好きなんです(^.^)♪
    天性のダンス感があるから楽しいプログラムになりそうですね、スローのところでサワァーって滑って、後半怒涛のステップでしょうか。
    これにクワド入れたら…想像しただけで疲れそう⁉︎…試合用の構成だったら凄いです、チャレンジャーですね。

    もう事情もスタンスも訳わからないので何とも言いようがないけど、せめて国際試合はチャレンジしないと試合かショウか訳わからないですね。
    ネイサンの新プロも凄いスピード感で北京まで休学する覚悟だし、ヴィンスにボーヤンにジェイ子、コリヤダ君みんなレベルアップしてるでしょうし…そういう中で滑らないと鎖国スポーツみたいじゃない?
    友野くん、草太くん、コーシローくん達も早く観たい、応援してるわ!

    • てんこ盛りパフェ 2019年8月15日 3:13 PM

      おばちゃん様
      『鎖国スポーツ』座布団10枚!!!
      素晴らしいセンスですねo(〃^▽^〃)o

    • オネエ 2019年8月16日 8:44 PM

      >おばちゃん様

      わたしビヨンセもジェニロペもブリもガガも大好きです笑
      これでクワド入ったら、若い選手でも最後まで持たなそう。
      そうですね、競技かショーかといった区別はしっかりとつけて、
      国際大会をがんばってほしいですよね。
      ネイサン休学するのですか!?いよいよ北京に照準を合わせるといったところでしょうか。
      鎖国スポーツ、そうですね、世界はどんどん進んでますからね。

  6. ゆっここ 2019年8月15日 2:01 PM

    オネエ様、また来てしまいました
    皆さまのコメントが、秀逸ですね。
    マロンさんの、「音楽でなく、技術で勝負して」に激しく同意し、あじさい様の杉爺の「ボーカル曲はジャッジが理解しにくい」にヘェ〜×10です。
    確かに、ゆづ君がボーカル入りを使用したのは、ボーカルが承認された年の「オペラ座」のみですもんね。

    ビヨンセ振り付け師っていうのは、世間からの注目を浴びるには面白いとは思いますが、選手として地に足が着いていない様な選択に思えちゃったりしますね。
    高橋さんだって、特別扱いだの、わがままだの言われてる事は理解していると思いますが、本人はどう考えてるのだろう…。
    そして、ミーシャも目立ちたがりというか、ビジネスが過ぎるというか…。
    でも、どんな作品になるのか楽しみにしていようと思います。

    • あじさい 2019年8月15日 3:21 PM

      音楽との親和性ということで 選手がどのくらい歌詞を噛み砕いて理解しているのか?それからの表現ですもんね ジャッジはボランティアらしいので いちいち曲を理解できないし(というのも困った事だけど…)どう芸術性を評価していいかわかりづらいようですよ。ただカッコいいからと選んでも やはりエキシやショーならいいけど 試合となると…

      • おばちゃん 2019年8月15日 4:17 PM

        あじさいさま こんにちは☺︎
        歌詞まで踏み込んだ表現となると、アイスダンスの見事さが際立つ気がして素敵ですよね(^.^)
        この曲だとロックをリミックスするぜ!全て燃やすぜ!みたいな?
        フィギアに置き換えると結構比喩的なスリリングな世界観になっちゃって、ジャッジの方々が歌詞まで考えるとは思えない 笑
        そもそも試合出ないとジャッジどこじゃないし。
        辛口コメ失礼しました(^_^;)一度言いたかったんです、許して〜

      • ゆっここ 2019年8月15日 11:19 PM

        そうですよね。ボーカルってことは言葉があって、ある程度の物語というか、意味が出来上がっていますよね。やりやすいような、やりにくいような…。
        そういえば、以前宇野君がやってた、「ロコ」は際どい内容だと聞いた覚えがありますが、正直言って日本人にはよくわからないから、よかったのかもしれないですね。
        そういえば、「let’s go crazy 」もボーカル曲でしたね!
        結論、ボーカルは難しい、ということかしら(笑)

        • おばちゃん 2019年8月16日 12:19 AM

          ゆっここさま こんばんは☺︎ なんか又書き込んじゃってる^^;
          レックレ♪カッコ良かったですよね(^.^)
          アレはもう天才×天才ってことで笑 フィギアでプリンス⁉︎って最初仰天したんですけど…ギターのリフに見事にあってるし、ジェフリーでしたっけ?
          プリンスの曲を随所にリスペクトした振付になってて、私プリンスも好きなんですが好感度特大でした!

          • ゆっここ 2019年8月16日 1:27 PM

            おばちゃん様、こんにちは!
            レツクレ良かったですよね〜。なかなか、4S のコンビネーションが決まらず、苦労の多いプログラムのようにも見えましたが、プリンス様が健在であれれたら、喜んでくれたのではないでしょうか?
            プリンスといえば、「パープルレイン」ですよね!
            ゆづ君の衣装も、白とパープルの両方楽しめたし…おばちゃんさんは、どちらが好きですか?私は、パープルかなぁ。

    • オネエ 2019年8月16日 8:51 PM

      >ゆっここ様

      いえいえ、いつでもいらしてください!
      いろいろな思いは皆様あると思うのですが、ぜひ今季を通して、
      彼の演技を見て、わたしはいろいろな思いをこうなんだって決めたいと考えています。
      ずっと高橋は現役時代応援してきましたので、彼の目指すところを知りたいですね。

  7. kh 2019年8月15日 9:02 PM

    今日はこちらは台風の影響を受けてます。
    風と雨が凄かったです。東海地方です。
    高橋選手は近畿ブロックで新SPを滑りたいのかな?だからJOに出たくないのでは?高志郎くんがカーニバルオンアイスに出場だけどJOは出ないみたい。
    高橋選手は全日本で2位になったのが不幸でした。目標は最終グループだったのですから…他の選手が高橋選手を上回れなかったのか?元世界フィギュアのメダリストですから、ジャッジが気を使ったかわかりません。ただ年寄りは思うのです。高橋選手はこの後に未来はありますか?将来のある若手を育ててほしいのです。地元の選手は
    尊敬していますから、復帰は嬉しかったと思います。私は草太くんのファンですから、違った意味で復帰は嬉しかったです。彼が凄く努力をしていると思ってます。彼の努力には尊敬です。年寄りはそういう選手が好きなのです。げんさんでもみんなが一生懸命競技をしていました。そして得点に一喜一憂し、改善する。アスリートだなと思いました。なんか本題からハズレてしまいすいません。高橋選手の新SP楽しみですね。

    • オネエ 2019年8月16日 9:09 PM

      >kh様

      台風の影響などは大丈夫でしたでしょうか?
      選手に未来があるかどうか、それはその選手自身が決めることだとわたしは思います。
      第一線という場においてはやはり年齢の壁もあることも事実です。
      そして日本のスケート界の今後を考えたときに、連盟がどのような采配をするのか、
      そこが大切なところだなと。

  8. kh 2019年8月15日 9:14 PM

    すいません。
    「違った意味で復帰は嬉しかったです。彼が凄く努力をしていると思ってます。彼の努力には尊敬です。」←のコメントは草太くんのことです。

  9. ジゼル 2019年8月16日 12:22 AM

    いやはや、そういう切り口が有りましたか!ダンス振付師×スケート振付師×スケーターによるチームコラボレーション・・これは面白そうです。
    こないだのFaoiでToshIさんという偉大なアーチストとスケートの融合によるコラボが奇跡のプログラムを生んだように、こういう新たな流れがあって良いかも。
    例えばナハロとハビのフラメンコ。試合では勿論選手しか出れないけど、創作過程において様々なジャンルの表現者や創作活動家、等が携わり素晴らしい作品が生まれる・・そんな可能性があり、ワクワクします。
    スケーターという表現者との相乗効果で新たな何かが生まれる、そんな可能性。試合にもプログラムがあるわけで、そこには「劇場」があって欲しい。
    ジャンプ大会、選手の短命化が懸念される今だからこそ、熟練した選手による味わいや世界観を魅せていただきたいと共に、創作過程においては様々な今の表現者創作活動家の参入を歓迎します!
    30代という事で、体力面やジャンプのバネの衰えは確実にあるだろうけどO(><;)O経験によってしか得られないものもあるしそこを見せてもらえたら満足です(^・^)

    • kh 2019年8月16日 10:27 AM

      今日は
      凄いですね。高橋選手を取り上げるとコメント欄が盛り上がりますね。
      チャレンジャーシリーズはどうするのかな?初戦は近畿大会?で西日本で全日本のパターンかな?
      ショートは凄いテンポの曲ですね。先日げんさんのシニアSPを観戦したのですが、友野くん、草太くん共に4T、4S、3Aでそれのどれかをコンビネーションにする構成でした。2人とも強化Aなんです。ジャンプだけではないですが、今は国際試合では高難度でないと点数がとれないですから。この曲にどんなジャンプを入れてくるか楽しみです。若い2人でも大変そうでした。ぜひ国際試合での高橋選手をみたいので、チャレンジャーシリーズかジャパンオープンに出てほしいです。

      • オネエ 2019年8月16日 9:27 PM

        >kh様

        このショートに4回転入ってきたらすごい構成になりそうですね。
        ジェイソンブラウンのように4回転なしでも、
        魅せるアプローチの仕方はあると思うのですが、高橋本人も4回転やりたい
        言ってましたね確か。

    • オネエ 2019年8月16日 9:24 PM

      >ジゼル様

      今のジャンプ大会の現状に何か一石を投じられるようなインパクトが
      あればなあと思っております。
      そして、国際大会にどんどん(そんなに多くは無理でしょうけど)出てアピールしてほしいなと。
      いろいろ思うことはあるんですけど、それはシーズン最後でもいいかなと。
      話がそれてしまいますが、コストルナヤにも期待しています!笑

  10. モモ 2019年8月16日 12:34 PM

    オネエ様こんにちは。
    昨日コメントに訂正がありました。
    今更ですけども訂正させて頂きます。
    プログラム→ブログ

    • オネエ 2019年8月16日 9:31 PM

      >モモ様

      モモさん、ご丁寧にありがとうございます!

  11. 敏感汗 2019年8月18日 4:16 AM

    オネエ様が「振付代高そう」と何度も言うものだから、これは大輔&ミーシャが連盟に対して「頂いた強化費用、振付に使いましたけど!文句ある?」という挑発をしてるような気がしてきました。

    この曲の歌詞の日本語の意味が知りたくて検索したら、あるブロガーさんは歌詞の一部を
    「心がマヒした連中から、世界を取り戻せ 一斉に巻き起こる熱狂を、取り返すんだ」と訳してました。
    是非とも観客を熱狂させて、「ジャンプの難易度が高い選手に無条件で演技構成点を高くつけるジャッジって心がマヒしていませんか?」という問題提起となることを期待してます。

    コメント伸びてて面白かったので遅くコメントしてしまいました!

    • オネエ 2019年8月19日 12:48 PM

      >敏感汗様

      ビヨンセ、ビヨンセと言うもんだから、よっぽど
      振付代高そうだわ~っていうのが率直な感想です。
      ジャンプの難易度が高い選手に無条件で演技構成点を高くするいまの
      システムへの問題提起になってほしいですね~。

  12. ジゼル 2019年8月20日 6:11 AM

    ダンス業界で、振付だけで生活している人は微々たる数だと思われます。多くの人がダンサー、振付、一般のレッスン講師を兼ねながらなんとかやっている状態だし、シェリルムラカミもワークショップの講師等しながら振付しているダンサー(ビヨンセの振付等大きい仕事は有ったにしても)だから、どうでしょう?
    スケートのウィルソンやカメレンゴクラスの振付師の方がお金かかるんでは?と予想。ビヨンセ本人はすごい金持ちだろうけど、多くのダンサーはやれビヨンセに振付けた、マドンナに振付けた、みたいに有名人の名前を借りながらやっている感じかなと。
    調べた所、12年前にNYのダンススタジオで高橋選手はまださほど有名でない彼女に出会ってるんですね。その踊る姿を偶然見て感銘受け、「ムラカミ」という名前だけ覚えていたのをテレビ局を通じて探し出してもらったら、向こうも、あ、ヒップホップ白鳥踊った人だと意気投合しコラボ実現(春にテレビ放送でやったみたい、あ~見たい!)
    だとしたら人生で出会った一つの縁でその中から生まれる作品、とても興味深いです。

    • オネエ 2019年8月20日 9:17 AM

      >ジゼル様

      ダンサーも身体が資本なので、健康で怪我無くいないと
      大変ですよね。12年越しの出逢いということだったんですね。
      どんな振付になるのか楽しみですね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.