スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

羽生結弦は羽生結弦

投稿日:

世界最高点更新おめでとうユヅ。
ショート、

110.53点。




世界最高得点を見出しにした
新聞、ニュース、記事が
日本中を賑わしているわよね。

だけどさ、

あたしね、世界最高点という記録よりも
加点+5という評価よりも、

演技に入っていくユヅの表情が
いつもと全然違って見えたことにすごく違和感を感じたのよ!

何!?
まるでこの世のものとは思えない
すべてを卓越した表情!
彼がこれからあたしたちに
何か語りかけるんじゃないかって。

あたし目が離せなかった。
一瞬でぐっと引き込まれたわ。

「秋によせて」

ユヅはこの演技のテーマや本質をすでに掴みつつあるわ。
表情を見ればわかるもの。

ひとによって解釈や捉え方は違うわ。
そこがフィギュアスケートの
「懐の深さ」だと
あたしは考えているのよね。

ユヅがキーワードとして挙げたテーマ、

「パーフェクトパッケージ」

松岡修造氏はユヅにこの意味を
ひとつひとつのジャンプ、
ステップ、スピン、

すべての要素に加点をもらえること
と解したけれども、

あたしはそうではなかったの。
違ったのよ。

ユヅが見せたいのは
その演技に込められた一貫性のあるメッセージ。

秋の儚い季節の中でそこに羽生結弦が
静かに佇んでいるビジョンが
あたしの中に見えたのよ。

時の流れは儚いわよね。
儚いからこそ、散りゆくこそ、
その一瞬、一瞬が瞬きもする間もないぐらい
輝かしいものに見えて、、、

何かあたし掴めそうな気がするのよ、

「羽生結弦は羽生結弦」

という彼が言ったメッセージの意味が。
もう少しなのよ、あたし、、、

演技を終えた彼の表情はなんと
すべてを語り尽くしたような
穏やかで優しい笑みを浮かべていたのよ。

しばらくユヅは動かなかった、、、

あたしジャンプなんてどうでもよかった、
点数なんてどうでもよかった。

ただ彼がこのリンクに存在
して、最初から最後まで羽生結弦で
あったことがもうすべてだったのよ。

スパシーバ。感動をありがとう。

今日はあたし
ぷーさんがぷーさんに見えなくて、
秋の儚い葉たちが

ひらひらとリンクに舞い降りたようにあたしには見えたわ。
会場にいる人、モノ、光までもが

すべて彼のひとつの形となって、
そして散ったのよ。

オーサーもブリアンも嬉しそう!
このふたりはぷーさんに
見えたわよ、あたしは笑

キスクラでのギャップがまたなんとも
いえないのよね。

彼だけは別次元。
氷上のすべてを支配できる絶対王者!

スポンサーリンク

アナタの清楚な人差し指のポチでアタシの順位を押し上げて頂戴!

↓↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

ここをクリックでオネエパワーがアップ!!

スポンサーリンク

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.