スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

魔性のオンナ!ヴィット節炸裂 カタリナ・ヴィット

投稿日:

お待たせよ!
アンケートで実施したオネエ杯、
カルガリーからソチ五輪で印象に残った女子メダリスト。




第3位に選ばれたのは東ドイツの
カタリナ・ヴィット
サラエボ・カルガリーと2大会五輪連覇した彼女は

「銀盤の女王」と呼ばれ、
圧倒的表現力の高さが大絶賛されたのよ。

今と違って当時の採点は
技術よりも芸術性が
重んじられる傾向にあったのよね。

アーティステックインプレッション、
噛まずに言えたわよw

まさしくフィギュアスケートの持つ
本来の芸術力や表現力で
順位が決まっていたのよね。

これサラエボよ、ヴィットも若いわ。
それにしてもアメリカのジャッジだけ、、、顕著よね。

まさにこの芸術性を重んじて、
より美しくの時代の象徴が
カタリナヴィットなのよね~。

中でもカルガリーオリンピックの
フリー「カルメン」は伝説
になっていて、

「カルメン」=ヴィット

って方程式があるくらいなのよ~。
あたしが勝手に言ってるだけよ。

彼女の演じた「カルメン」はあまりにも
強烈で個性を放っていてね、今もなお語り継がれるのよね。

でもさ、ぶっちゃけよ、
今のフィギュアに慣れている方々の目から見ると、

立ち止まってくねくね、
阿波踊りしてるだけでしょ!?

って思われがちなのよ。
お遊戯でも、盆踊りでも
決してないのよ!!!!!

違うのよヴィットは!!!

あたしね、

これほどまでの妖艶さで男達を
翻弄する魔性のオンナを演じる
スケーターはいない
と思うのよ。

いや、きっと本能で演じていたのよ、
彼女!

派手な衣装も物議を醸していてね。
カナダのコーチだったかしら、
露出度が高いって
猛批判したのよね。

それをヴィットは一蹴して、

「美しさはスケートの
一部よ!

それに殿方はゴムまり
みたいな
オンナより、

綺麗な体をした
オンナを見る方が
いいでしょう!」

 

って言い切ったのよ。
どんだけあんたビッチなのよ!

ゴムまりって、ゴムまりって
あたしみたいなオンナのこと!?w

ヴィット節炸裂だわ。

トゥクタミシュワがこんなにお股広げられるのも、

ド派手なリオのカーニバルみたいな
カチュウシャでゲデ子(ゲデバニシビリ)が
キャバレー演じられるのも、

カタリーナ・ヴィット、サマサマなのよ~~~!

「カルメン」同曲対決となったアメリカのデビ・トーマス。
衣装の気合の入れようからもヴィットなんかに負けないわ!
って意気込みが凄いわよね。

今から場外乱闘でも始まるのかしら?ぐらいな
意気込みが凄かったのよ。
で、ジャンプミスを連発してしまうのよね。

銀盤対決を制したのはヴィット。
最後は復縁を迫るホセにカルメンが刺殺されてしまう
シーンを見事に演じきったわね。

違う角度から。
あんたケツ丸見えよ!

とどめにもう一度。
氷上に倒れこむなんて斬新すぎよ!

自分の美しさをよくわかっているオンナね、
あたしをもっと見て!オーラ半端ないもの。

演技がまるで
ひとつのストーリー

あるかのように体現できる唯一のスケーターだったわ~。

現役を退いてから6年。
リレハンメルオリンピックで突如
復帰したヴィット。

自身が金メダルを取った
サラエボの地が紛争で

世界平和の
メッセージを込めて滑った

「花はどこへ行った」

彼女の想いがすごく伝わってきたの。
見せかけだけの美しいスケーターじゃなかったって、
ハッとあたし気付かされたのよ。

そして東ドイツから統合へ。

時代にもある意味翻弄された
スケーターであったのよね、、、

スポンサーリンク

アナタの清楚な人差し指のポチでアタシの順位を押し上げて頂戴!

↓↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

ここをクリックでオネエパワーがアップ!!

スポンサーリンク

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.