スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

色褪せることのない~SEIMEI~羽生結弦への想い

更新日:

 

羽生結弦の全日本欠場が発表されて、

残念な想いとホッとした気持ちと、
いろいろな報道に
胸を痛めていらっしゃる方も
多いと思うのよね。

わたしはこういう時だからこそ、
余計な雑音は遮断して、

「SEIMEI」を繰り返し見ているのよ。

だって彼の真実は
このリンクの上でしか
ないんだもの。




この演技前のポーズ。
怪我で右足が最後まで持つかどうか、
心配で仕方なかったんだけど、

曲が始まった瞬間、

憑依したような
神がかった表情にあっという間に変わり、

あたしは一瞬で引き込まれたわ。
右足の怪我のことなど、
もう忘れさせらてしまったのよ。

この瞬間に、金メダルだ!
って
あたし確信したのよ。

オリンピックって特別な場所よね。
どんな優れた選手でも、

普段しないようなミスさえも
してしまうことだってあるのよ。

だけど、表情を見て、
これは何か素晴らしいことが

始まる前触れなんだって
ゾクゾクする瞬間があるのよ。

トリノの荒川静香の6分間練習を
切り上げる表情の時以来だわ。

オリンピックという舞台を
知っているからこそ、

いつにも増して、冷静だった

ように思うのよ。

感情をうまくコントロールしていたもの。

カウンターからのトリプルアクセル。

ただ美しい。

4回転時代と言われているけど、

羽生結弦を支えているものは
間違いなく、

トリプルアクセルだと
思うのよね。

最後のジャンプ、
あたしはルッツは回避してくると
思ってたのよ。

でも助走に入った瞬間、
彼は逃げずに立ち向かったのよ。

怪我に打ち勝つという強い想いと、

ソチのフリーから続いていた
4年越しのリベンジを

見事に乗り越えたのよ!

あたしこのルッツを降りる瞬間、

お立ちなさい!羽生結弦!!!

と叫んでしまったのよ。

これが本当に怪我をしていた人間なの?
彼を突き動かすものは一体なんなのよ!?

あたしは震えが止まらなくて、

こんな希有なスケーターを同じ時代で
見れることにただ感動し、奇跡を感じ、
そしてひれ伏したのよ、、、

どんな報道があろうが、
羽生結弦のまだ続くレジェンドストーリーは

色褪せることなんかない、
むしろその逆。

彼の演技を見れないもどかしさから
もっと価値は高まり、

至高な唯一無二のものへとなっているもの、、、

スポンサーリンク

アナタの清楚な人差し指のポチでアタシの順位を押し上げて頂戴!

↓↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

ここをクリックでオネエパワーがアップ!!

スポンサーリンク

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.