スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

予期せぬトラブルが!五輪はきっぱり否定ね!羽生結弦インタビュー

世界国別対抗戦男子フリーが終わり、羽生結弦がオンラインインタビュー全文を一緒に見ていきましょう。

北京五輪は考えていないときっぱり否定。そして今大会いくつかの不運や、予期せぬトラブルがありながらも彼が得た収穫とは?

明日の競技スケジュール、そして演技構成点に思う事も少しだけお話させて頂くわね。

スポンサーリンク

予期せぬトラブルが!五輪はきっぱり否定ね!羽生結弦インタビュー

スポンサーリンク


「みんなが光」、「普通とは違う力をいただけた」

――フリーを終えて。

「まあ悔しい気持ちはもちろんありますけど、でも、まあ世界選手権を終えて、まあ2週間、正直、普通の生活ではなかったですし。まあ気持ちだとか、まあ食事も普通のようには摂れなかったですけど、まあそんな中でも『よくやった』って言ってあげたいような内容だったと思います」

――この大会はどんな大会だったか。

みんなが光だったなって思います。あの、僕が今回、ショートの時もフリーの時も、点数見て『ああ、苦しかっただろうけど、頑張ったんだろうな』ってことをチームメートの演技をまたあらためて感じて。それがある意味、導きの光のように、すごくすごく強い力をくれて。僕が先輩として、なんとかがんばんなきゃなって、ある意味、普通とは違う力をいただけた試合だったとも思います」

――上杉謙信をどう表現したのか。

「えっと、まず、自分がフリープログラムとして演じる時に、どのように自分がプログラムを演じたいか、どんなテーマで演じたいかということをすごく考えました。結果として、いろんな曲を聞いた結果として、僕はある意味、僕自身でいられる、そんなテーマがいいのかなと思いました。そこで見つかったのがこの曲で、僕自身、上杉謙信公にすごく、共通している部分があったり。また、闘いに挑む姿勢、またはそこに伴う犠牲や、または他者を思いやる慈愛だったり、いろんなところが僕もそのような人でありたい、選手でありたいというふうに思ってこのプログラムにしました。えっと、振付の中では刀を振ったり、または出陣の合図をしたり、そういった振付もありますけれども、まあ、みなさんがどういうふうに受け取ってくださるかは、みなさんそれぞれでいいと思ってます。このプログラムはほんとに考える自由度が高いプログラムだと思っていますし、僕もぜひ、みなさんのその1つ1つの振付やジャンプの表情だったり、そういったものから受けた物語、背景みたいなものを少しでも触れられたら嬉しいなと思いながら滑っています」

スポニチより一部引用・出典

4回転サルコー失敗は「自分が跳んだ穴に思いっきり入った」

――(海外メディアから)今週、喘息で問題はあったか。北京に行って喘息の問題が出ることは。

「(英語で)ふふ。北京五輪のことは考えていません。今年、東京五輪が開催されるといいなと思っています。(日本語で)あ~。ちょっと待ってください。ふふふふふ。OK。えっと。(英語で)僕はぜんそくの問題は抱えていませんし、この大会に向けて体調は問題なかったです。演技に関しては、どちらのプログラムにも、とても自信を持っています。ショートプログラムで少しミスはありました。今日のフリーでも4回転サルコーで大きなミスはありましたけど、これまでやってきた準備に失望はしていません。またこれから、もっともっと練習が必要だなと思っています」

――4回転サルコーは。

「かなり慎重にいってて。え~、まあ形も悪くなかったと思うんですけど。まあ、不運というか。自分が跳んだ穴に思いっきり入ってしまったので。自分自身、これはちょっと自分の性格上しようがないのかなと思うんですけど、かなり同じところで跳べるんですね、普通よりも。だから同じような穴にはまって突っかかってしまうことが結構あるので。今回それが。ほんとにわずかエッジの幅なんで。わずか、なんぼだろ、何センチくらいですかね。まあエッジの幅くらいの溝なんですけど、そこにしっかりとはまりました。(6分間練習の穴か)たぶんそうだと思います」

――最後の3Aに向かう気持ちは。

「えっと、まず。ここ2試合の間でトリプルアクセルがあまりにもうまく決まらなくて、すごくショックを受けていたというか。悔しかったというか。なんか、トリプルアクセルというジャンプに対してすごく申し訳ないなという気持ちでいました。だからきょうはなんか、最後の最後は、もちろん世界選手権の記憶とかもかぶりましたけど、でも、絶対にきれいに決めてやるんだって。4回転半に続く道をここで示すんだっていう気持ちでトリプルアクセルに挑みました。疲れた中であれだけ、うんと、あれだけスピードも落ちてきている中で、まあわざと落としていますけど、あそこは。表現として。ただ、その中でも自分でも力を感じることなく非常にスムーズに軸に入って、高さのあるいいジャンプだったと思います。今できる自分のベストのトリプルアクセルだったと思います」

スポニチより一部引用・出典

来季へ「4回転半が揃った完成された演技を目指して」

――今季最後の滑り。今季最後という思い、来季への思いは。

「もちろん今シーズン始めに滑ったようなフリーがしたかった気持ちは強くあります。ただ、全日本の時と違って世界選手権もなかなか試合の練習をしないで行きましたし。今回も世界選手権終わってから、ずっと体調が良かったわけではなかったので。まあストレスもあったり、かなり疲れもあったり、お腹も壊していたり。いろんなことがあった中で、こうやって、あの~、まあちょっと不運なミスがあったなとは思うんですけど。でも、最後の最後まで、このプログラムに寄り添って、世界選手権とは違って、ほんとにこのプログラムの曲を感じながら、そして、みなさんの鼓動だとか呼吸だとか、祈りとか、そういうものを感じながら滑ることができたので、ある意味、満足しています。で、なんだっけ。来シーズンに向けて、だっけ。来季に向けては、えーと、来季に向けてという意味では今シーズン、やっぱりアクセル、4回転半が入れられなかったことはすごく残念に思います。ただ、4回転半を練習してきたからこそ、見えてきた曲とのつながりとか、またはトリプルアクセルとの違いとか、他のジャンプへの体の使い方の考え方とか、いろんなことが見つかっています。そういった今の知識、経験、いろんなものを結集させて、来季4回転半目指して、そして4回転半が揃った完成された演技を目指して、頑張っていきたいと思います」

――今大会の収穫と課題は。

「えっと、自分の穴にはまらないようにするためには、他のところで跳べっていう話なんですけど。でも、今までそれも何回かやってきて、結果ダメだったので。ぼくはやっぱり自分が信じる道、自分がそれほどまでに精密にできるということが、たぶん自分の強みだと思うので。9割跳べるとかじゃなくて、100%跳べるというふうにコントロールできるのが自分の強みだと思いますし。それがGOE、ここまで届くきれいなジャンプに、昨日のサルコーのようなジャンプにつながると僕は思っているので。しっかりと、え~、自分の強みを磨いていきたいなというふうに思います。今回の収穫としては、課題はいっぱいありますけど、アクセル久しぶりにきれいに降りられた~ってとこですかね。正直、ループも完璧ではなかったですし、トーループもコンビネーションちょっと外れてしまったりとか、いろいろありましたけど、何よりもこのプログラムに寄り添って、最後のアクセル、久しぶりに自分のトリプルアクセルだと思えるような、スパンとしたアクセルが跳べたんで。ショートのことはショートのことでサルコーも良かったし。なんか久しぶりに自分のジャンプが跳べたなっていう気持ちで今います。ありがとうございました」

スポニチより一部引用・出典

特に心に響いた部分を赤字にしてみたわ。

メディアにきっぱりと北京五輪は考えていません!ってよくぞ言ってくれたわ。

どうせ奴らはまた競わせようとしているのだから、同じ土俵に上がらないのが良い決断よ。

自分の目指す道の途中に、五輪があればいいと言っていたように、どうかそっとしておいてほしいものよね。

今日は不運なミス、予期せぬトラブルもあったけれど、それでも収穫があったというのがなにより!

どうか自分が信じる道だけを目指して、突き進んでいってほしいわね!

【羽生結弦関連新書籍のご案内】

5月7日発売

☆フィギュア・スケーターズ22

国別対抗戦+世界フィギュアスケート選手権2021

規格外のサイズでおとどけするフィギュアスケート・アート・マガジン 「FIGURE SKATERS」待望の第22弾!

【速報!巻頭特集】
★国別対抗戦2021
羽生結弦 他

★世界フィギュアスケート選手権2021
羽生結弦 他

★完全保存版企画三連発
世界選手権過去バンケット特集
羽生結弦黒衣装ギャラリー
日野龍樹引退記念特集

↓ご注文はこちら↓

NEW!4月22日発売

☆NumberPLUS「FIGURE SKATING 2020-2021 フィギュアスケート総集編 決意の銀盤。」

【フィギュアスケート世界選手権2021詳報】
羽生結弦ほか

↓ご注文はこちら↓

 

NEW!5月21日発売

☆ICE PRINCE フィギュアスケート vol.2

全日本選手権2020で5年ぶり5度目の優勝を果たした羽生結弦。 練習から試合本番まで徹底リポート。 試合前の表情、SPとフリーの圧巻の演技、表彰台の笑顔まで…羽生結弦のすべてをオールカラーで完全収録します。 【特別企画】 大会最年少で初出場した2008年から5度目の優勝を果たした2020年まで、全日本選手権における羽生結弦の軌跡を振り返ります。

↓ご注文はこちら↓

スポンサーリンク

4月17日の競技スケジュールと演技構成点について思うこと

【4月17日主な競技スケジュール】

13:25~14:10  男子エキシビジョン公式練習
15:15~16:18 ペアフリー
16:50~18:40 女子フリー
18:50~19:10 表彰式

 

ライストは最初から演技を見ていたのだけど、地上波が録画っていろんな事情があるとはいえ、なんか温度差があるわよね。

そして声を大にして言いたいわ!演技構成点破綻してるわよ!!もういい加減にしてほしい!!!スピンてなんですか?繋ぎってなんですか?

ISUジャッジの脳みそって一体どうなってんの!?

トランジションが1位と2位が同得点ですって?これこそネイサン事件です!

北京五輪のことは考えてないと本人キッパリ否定してくれて、あたしは正直ホッとしているわよ。

これ以上、こんなジャッジのさじ加減で、おかしな採点の茶番に、もう巻きこまれてほしくないもの。

日本のメディアは五輪どうですか?なんて聞く前にこのジャッジのおかしな採点システムを徹底的に検証するぐらいのことしてみなさいよ。

今日はもう羽生結弦のインタビューが心に響きまくっているので、ここまででお開きよ。寝るわ!

最後までお読み頂きありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

清楚な人差し指で、1日1回応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. もなこ 2021年4月16日 10:16 PM

    >北京五輪は考えていません!ってよくぞ言ってくれたわ

    同感です
    もうなんか今回の国別の悪質ジャッジ選びにしても羽生君を勝たせない方針としか思えない
    4Aだけは飛んで北京オリンピックには出ないでほしいです
    ネイサンは世界王者に何度なっても単独では話題にもならず終わるでしょうしアメリカのフィギュア人気復活には貢献しないでしょうね
    昔メドべージュワが「日本では私を知らない人はいない」とロシアで言ってたらしいですがどうも外国人選手は日本人の礼儀正しさからくるスタオべや拍手を自分の人気と錯覚してしまうようですね
    正直単独でショーを開けるのは羽生選手のみです
    もしくは羽生くんには数では圧倒的に劣りますが宇野選手も

  2. あじさい 2021年4月16日 10:29 PM

    先程放送を見ました!
    素晴らしくて震えました。全日本のフリーより好きかも⁇ ジャンプの失敗ありましたか? なんちゃって。そんな事どうでも良かったです。
    羽生君が信じた自分の道を進んで来たから今がある…誰も真似出来ない羽生君だけの道。それをずっと見てこられたのは私達の財産ですね。
    北京のことは……ね あれこれ面倒だから放っておいて欲しい気持なのでしょう(笑)

  3. 零 2021年4月16日 11:46 PM

    北京は考えていません
    その言葉の裏をどうしても考えてしまいます
    今日のフリーの採点
    ゆづ君、どう思ったのかな
    点数が出た瞬間のキスクラでの彼の表情、沈んで見えたのは気のせいかな
    今後も続く、不正な採点 かなりストレスでしょうね。
    体調崩さないか心配になる程
    北京で何が待っているか?
    彼は乗り込んでいく覚悟でいるのかな
    彼が自分の夢を実現させるまでの過程は、決して容易ではないでしょうが
    気の済むまで高みを目指し信念を貫き通せるよう
    ずっと見守り続けたいですね
    ゆづ、負けんな!!

    北京は結果的に出る気がするんですよね
    4A投入した完璧なフリーの演技を完成させる上で
    他のジャンプへの影響などを考えると
    安定するまでほぼ一年はかかるのでは…
    出る出ないはどちらにしても
    彼が目指すトータルパッケージ「天と地と」
    その完成形を近い将来
    この目に焼き付けておきたいと思っています

  4. したく 2021年4月17日 2:10 AM

    オネエさまに同意。
    ジャッジは恥じてほしい。
    人類初のジャンプを目標にしているアスリートが、五輪は目標としていないと公言する。それはジャッジが機能していないことの公言です。
    そんなこともわからないISUやメディアに、ほんと絶望します。

    ISUが何の理想もない、金銭欲のみの団体だとしても、解せません。
    ISUに最大の収入をもたらす選手を下げて、いったい何の利するところがあるのか?

    羽生さんはもはや彼らと関わりない次元で、孤高の道を突き進んでいるのでしょう。

  5. mitsue 2021年4月17日 5:56 AM

    今回の国別において、隔離生活2週間二人の選手に何かされたのでは???真央ちゃん達日本選手をとんでもないスケートリンクに追いやったり、勝たせないことを画策、日本スケ連のやることだから、目に見えるよ!!
    世界選手権、四大陸と日本選手に対しISU,日本スケ連、日本選手を守らない・貶める**選手たち感じて演技の乱れにつながっている。解体以外に選択肢はない。オリンピックは政治 東京も北京もな方向????中国ファンはジャッジ不正も分かって応援しているから嬉しいね!!
    ≪羽生さん、ファンはどんな状況でも変わらず応援していますよ≫アメリカでの闇ショウビジネスとは???

  6. リン 2021年4月17日 6:05 AM

     ヘツライ祭り 筋書き通りで大成功ね。スケレン様は、さぞやほっと胸を撫で下ろしているでしょうね?  組織ぐるみのバワハラで 未だクリケットに戻れずに、しまにいる孤独な若者一人を意のままに潰すのは、超簡単でしたね。  えっ?全日本で優勝させてやった?  いや、あれが本来の姿でしょう!大体 サポートってあったのかしらね?
    勝つための。  かつての先人は、敗戦の負い目や人種差別と戦いながらも 正々堂々と胸を張りがむしゃらに戦い抜いた!誇りを持って! そのすべてを踏みつけにしたこのヘツライ祭りの資金源に、日本ファンの金をつかっただけでなく 国民を感染の危険に晒したわけで、さらにふたをあけたら邪ッジ!  鬼畜度合い マックス‼ なかなかできない人類史上初の大偉業達成! もう、戦意もなにも!祖国のスケレンからの仕打ちに ! ネイサンのためならば、日本人の宝なんて潰します!なんて宣言されたも同然な邪ッジ召喚? いや、スケレンの認識は T選手だけのみ宝認定合格? こんな逆境てんこ盛りの中で よくがんばったわ。  羽生さんも、さすがに見限る決心がついたのでしょうね。
     正直 今後もフェアーな勝負は 全くもってミジンコほども期待できないのだから・・・。辛いわね。 せっかく開いた 天岩戸だったのに・・・。
     

    • リン 2021年4月17日 6:28 AM

      追 今からのアイスショーのスケレンに入る収入は、なんにつかわれるのでしょうか?まさか、あの特定選手テリトリーで、羽生さんが使いにくい?リンク維持費とかに配分されるわけではないわよね。 

  7. まどか 2021年4月17日 8:08 AM

    こんにちわ。
    本人納得の3Aが跳べて本当に良かった!!
    フリーの大ラスに、あんな完璧な3Aを跳べる人、他にいますか⁉
    北京五輪、今はそう考えているのですね。平昌のあと「取るもの取った。やることやった」という内容のセリフ思い出しました。そう、もうこれ以上ない頂点は極めた。あとは望むがまま、思うがままのことしてほしいだけです。
    ストレスでお腹こわすの分かるわー、私もそうです←一緒にすなw

  8. もみじ 2021年4月17日 8:41 AM

    オネエ様おはようございます。あまりのゆづ様の美しさに見とれてました。ネットにあがった写真の美しいこと!どこをとっても絵になりますね!自分が6分間練習の時にあけた穴にはまるなんて、不運ですけど、いかにゆづ様が精密機械のようにいつも同じ軌道を描いているかですよね!ほんまに素晴らしい!また、ゆづ様に勇気と光をもらいました。ゆづ様ありがとう!

  9. meiling 2021年4月17日 8:43 AM

    羽生くんが収穫があったというのなら、それは良かったと思います。
    敢えてこんな試合に出た意味が何もなければ辛いです。

    思った通りというかpcsでしっかり調整してきましたね。羽生くんにはぎりぎり300点になるように、ネイサンはそれを上回るように。あと1個でもネイサンが失敗していたらpcsはもっとおかしなことになっていたことでしょう、よかったねスケ連。

    北京オリンピックってそもそもあるの?あったとして参加国は?
    ウィグルの惨状、香港の民主派弾圧、台湾への恫喝、西側諸国特に米国、カナダはだんだんボイコットに傾いていますよ。
    参加するということはこれらの人権弾圧を認めることになるのですが、選手にそんな重圧を負わせていいものなのでしょうか?選手が個別に抗議しろとでも?

へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.