ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ジャネット・リン フィギュアスケート

投稿日:

札幌の恋人にフィギュアスケートの原点をみた

あたしの

フィギュアスケートの原点

てなんだろうって振り返ってみると、

1972年の札幌オリンピックなのよね。

札幌の恋人、銀盤の妖精
の愛称で
愛された、氷上のヒロイン、、、




ジャネット・リン

彼女が氷上に出てくるだけで、
リンクが、

パアーッと華やかなで、
明るい雰囲気に包まれるのよね。

今みたいに3回転を跳ぶ時代では
なかったけど、

彼女まるで、

リンクの上を
浮遊しているかのよう

軽やかなスケーティングでね。

妖精が森の奥の湖のほとりで
湖に魔法をかけて、
氷のリンクを作り、
その上を優雅に舞っているイメージ!

グラン・フェッテのような
バレエ的な要素も随所に見られてね。

もうただうっとりなのよね。

観客すべてが、妖精の舞う演技に
魅了されたんじゃないかしら。

けれどもフリーの演技で
アクシデントがあったのよ。

フライングシットスピン!?

スピンをやろうとした時に
転倒してしまったのよね、彼女。

ああ、どうなってしまうんだろう!?

誰もがそう思って息をのんだ瞬間よ。

なんと彼女、

にっこりほほ笑んだまま
立ち上がったのよ!

あたし目が離せなかったわ。
妖精がちょっとイタズラ
に引っかかってしまって、
はにかんでいるよう!

彼女、後に
この転倒を振り返っていて、

あれは神が
仕掛けたストーリー

どうすることもできないならば、
私は笑顔であり続けるしかない。

神が私に喜びを与えてくれ、
私はその愛を見せようとした。

これこそフィギュアスケートの原点だわ!

と思わず唸ってしまったのよ。

どんな状況においても、
それが神が仕掛けたストーリーならば、
転倒でさえもすべてを受け入れ、

滑ることに感謝をし、
フィギュアスケート愛を表現する。

彼女の笑顔にはこうしたメッセージが
込められていたのよね。

「フィギュアは、氷の上に2本の足を乗せて表現する言語だと思います。」

彼女の残した言葉は奥深いわ、、、

 

ジャネット・リンの演技に
酔いしれたアナタ!
ぜひ下のランキングバナー、
ポチっと押して頂戴ね。

-ジャネット・リン, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.