スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

フィギュアスケートは沈黙が最高の実況の時もあるわ!

四大陸選手権、録画したものを
全部削除したのよ、あたし。

だって実況だの解説だのうるさいったら、
ありゃしないのよ。

あんた6分間練習から、
まるでQVCのショップチャンネルを
見ているような雰囲気になるのよね。

選手の直前の動きを見て、
おや、サルコウの調子がいまひとつだな

な~んて考える隙も与えさせない
喋り尽くしだもの。

ジャンプの解説も正直、
演技中はどうなのかなって思うわ。

そんな中、
フジテレビが動画で上げている、

音楽と観客の音声のみの、

ノーカット配信が素晴らし
すぎてね、
そこだけは褒めたいわ笑

まあでも、あとの祭りね!




沈黙が実況でもいいと思う、そこに飾りはいらないもの!

紀平梨花の「Beautiful Storm」
音楽と観客の歓声だけで見るのと、

TVで何がなんでも喋ろうという
雑音の中で見るのと、

全く違うのよね!

最初の落雷から、

自然界のパワーみたいなものを感じて、

演技に自然とふっと入っていけるのよね。

曲をどのように捉えて、
音と共に、どのような振りをして表現しているのか、

そのスケーターの世界観を感じるようになるのよね。

それがあんた、TVではやれ
最初のトリプルアクセル決まるか!?なんて
煽るもんだから、

おだまり!!!

っていつもなるわけよ。

そんな文句から入っている時点で
世界観に浸るのは無理よね笑

トリノ五輪選考シーズンからあたしは
毎年フジのポエマー、お塩こと

塩原恒夫と八木沼純子コンビに
毎年悩まされてきてね。

お塩に関しては、最後の方は
だんだんあたしも気にならなくなったのよ。

人間不思議よね。
気にならなくなったら、何を喋っていようが、

全然耳に入ってこないんですもの。
ある意味、お塩のお陰で

必要なものを聞き分ける力が付いたのかしら?
逆に感謝したいわ~

これが真央の青春だぁー!

この時ばかりはTV即消したわ笑

八木沼は全く的を得ないのよ。
いいですよ~、いいですよ~って

そんなにいいならもうあんたジャッジに
回れば!?って思っていたわ。

回転不足の減点に抗議でもしてきて
頂戴!って何度もそう思ったのよ。

いま実況にまた若手を
起用しているのかしら?

何か喋ろう何か喋ろうと画面越しからも
伝わって来てね。

演技に集中できないのよ。
うっとおしいのよ、お黙りなさいよ!

ロシアの実況なんかを見てると、
ほとんど喋らない。

主要大会はタラソワが解説が多いんだけど、
彼女もほとんど喋らない。

ハッと!驚かされるような事がある時は、
なにか吠えてるけど笑

アメリカなんかはとにかく煽る!
これぞエンターテイメント色が

強い国だからね!
喋ってなんぼの世界よ笑

日本はね、何もかもが中途半端なのよ!

沈黙が時として
最高の実況になることを、

伝える側は悟るべきよ!

ルールばかり足元ばかり見ていると本来の良さが霞んでしまう

ちょっと話が逸れてしまうんだけど、
前回ジャッジの件について、

もう少し追記しておきたいなと
思ったのよね。

あくまであたし個人の意見であることを
大前提に、ちょっと聴いてもらいたいのよ。

フィギュアはすごく繊細な競技なのよね。
また見る人の感性によっても、
全く違う。

いまの重箱の隅をつつくような
ルールでは、演技の世界観よりも

いまのは回りきったとか回転不足だとか
エッジのエラーだとか、足元ばかり
見て躍起になって粗を探すことばかり。

フィギュアスケートって
本来そんなものだったのかしら!?

当然、あたしの考えは古いとか
そう思われても仕方のないことだと思う。

今の時代に反した考え方だからね。

でもね、ルールよりも、点数よりも、
言葉よりも、

フィギュアの伝える力って
もっと違うものなんじゃないかなって

今の時代だからこそ思うのよね。

誰もが夢中になった、ジャネットリンの
あの天使のような屈託のない笑顔。

あの時、彼女が氷上に現れるだけで
幸せな気持ちになれたのに、、、

彼女尻もちをついてしまったけれど、
あたし彼女から何故か目が離せなかった、、、

フィギュアスケートの良さって

見ている者を幸せにしてくれる
魔法のようなものがいいなって。

そう思うこの頃なのよ。

-フィギュアスケート


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. ローランズ 2019年2月15日 10:59 AM

    地上波の実況、解説はほぼ下手なアジテーション。
    アナの「爪痕を残してやろう感」、辟易します。
    フィギュアはCSのテレ朝チャンネルとJスポーツに限ります。
    樋口先生の解説が恋しい今日この頃。

    • オネエ 2019年2月15日 9:24 PM

      >ローランズ様

      ローランズさん、こんばんは!
      アナの爪痕残してやろう感、
      選手ファーストであるはずなのに
      自分が主役かのような立ち振る舞い。
      豊センセーのあのヌメッとねっとりした
      愛のある解説、わたしも恋しくなります!

  2. きこ 2019年2月15日 11:54 AM

    初めまして。
    おねえ様の愛ある投稿に
    いつも共感しっぱなしです。
    スカートシーズンに楽しみを増やして頂きありがとうございます!

    解説もアナウンサーも本当にそうですね。
    むかーしむかしの五十嵐文男氏の解説は好きでした〜
    渋いお声、、今もご健在なのでしょうか。

    ジャンプ名はともかくとして、スピンステップの間は無言がいいですね♪

    • オネエ 2019年2月15日 9:28 PM

      >きこ様

      きこさん、はじめまして!
      ようこそお越しくださいました。
      そしていつもブログをご覧頂きありがとうございます。
      五十嵐文男氏、わー懐かしい!
      昔の解説の方々はまず品がありましたもの。
      いまじゃスーパーの叩き売りみたいな下品な解説実況。
      ジャンプ名なんてもんぞは、知ってる方は今更、
      知らない方は聞いたところで興味がなければ覚えるわけでもない。
      無言が最高の実況だと思うのです、つくづく。
      きこさん、また気軽にいつでも遊びにきてくださいね。
      フィギュアのお話したくさんしましょうね!

  3. まどか 2019年2月15日 12:59 PM

    こんにちわm(_ _)m

    分かります~分かります~。特に後半、追記の部分について。純粋に「素敵な演技!感動!」だけじゃダメになってきたのかなって(涙)。どんなスポーツもルール改正ありますし、厳しくなるのは避けられない。でも純粋に「楽しみたい」なと、ふと思います。ジャンプ跳んだ!着地した!だけじゃダメなんですかね~(ダメですね;;分かってるんですが)。アウトでもインでもルッツはルッツじゃん!とか。テレビ画面の左上に審議中の黄色マークがどんどん灯ったりすると、萎えるというか、気分落ちたのは確かです。

    • オネエ 2019年2月15日 9:30 PM

      >まどか様

      まどかさんに共感して頂けて嬉しいです!
      わたしもTVのあの審議だの黄色やら赤色のマーク、
      あれ止めてほしいです。
      点数の見える化は確かに便利でわかりやすいとは思います。
      でもジャンプ、技の要素以外の部分はじゃあいいのかって。
      純粋に美しい滑りと世界観に浸りたいですよね!

  4. ゆっここ 2019年2月15日 2:49 PM

    オネエ様の言葉を半日程考えてしまいました。確かに、ゆづフィーバーの影響なのか、最近はフィギュアを観る人の目も肥えてきたというか、ニワカ知識の人や、ジャッジ並みに知識のある人が多くなって、SNSやブログで語る人が増えましたよね。フィギュアの人気が高いのは良いのかもしれないですが、本来の観戦することの楽しみから、少しずれてきたのかもしれないです。私もゆづ君ファンになる前は、「何でシーズンずっと同じ衣装なの」みたいな何も知らないヤツでしたが、ジャンプの種類がわかるようになると、何か論じたくなるし、批判したりする。
    この間の四大陸も、観る気が失せてしまい、フィギュアが好きなのに本末転倒ですよね。
    ジャネットリン…バトン爺さんも言ってましたが、シアターですよね。ゆづ君が、2012年のNHK杯で、スピンの途中で尻餅ついてしまって、でも立ち上がって…それからがとても幸せそうな演技でした。
    フィギュアには転倒の1本も気にならないような、そんな演技がありますよね。
    しかし、やはりジャッジするのに一貫性は欲しいです。でないと、陰謀論者が増えてしまう!

    海外解説、いいですよね!中には、解説者いないのか?というくらい、演技が終わるまで何も言わなかったり。
    イタリア解説者はゆづ君の演技と一緒に泣いてましたよね(笑)
    昨夜は紀平のSBS豪の解説をリピして観てました。本当に、「ビューティフルストーム」は海外解説に限りますね。

    • オネエ 2019年2月15日 9:33 PM

      >ゆっここ様

      だんだん詳しくなってくるとあ~だこ~だ言いたくなりますよね|
      わたしも井戸端会議大好きです。
      ただその矛先が選手に向いてしまうことによって、
      アンチって生まれると思うんですよね。
      アンチって言葉を使ってしまうこと自体がもう区別をしたいという
      ことになっている今の流れがどうも、、、
      イタリア解説者、解説を忘れて一緒に泣けるなんて素敵ですね!

  5. みぃ子 2019年2月15日 3:11 PM

    演技中は無言で、前後に解説を入れて欲しい。
    「飛びました」「降りました」も見れば解るわよー煩いなーとイライラするの。
    海外解説で「静かに楽しみましょう」とか無言で居たけど思わず溜息入ってしまったり。
    深夜枠で良いから淡々と録画中継流してくれたらいいな。録画するのにいいでしょ。

    • オネエ 2019年2月15日 9:35 PM

      >みぃ子様

      いいですね、深夜枠に淡々と流してもらうの!
      ひっそりとした中で演技に集中できそうですもの。
      解説者は会場で演技をみているわけですから、私たちが
      気付かない角度から見た的確な指摘が演技後にあると
      助かるなあって思います。

  6. きんせんか 2019年2月15日 4:02 PM

    そうですね~分かりきっている事は言わなくてもいい。
    でも昔の解説とか結構雑。
    八木沼さんとか「滑らかです」「きれいなポジションです」見ればわかる^^;
    でもその八木沼さんが「トリプルトゥルー…」説明しようとするのにお塩さんが「3回転3回転!」と被せてくる、むちゃくちゃです。
    八木沼さんや荒川さんは無難な事しか言わないから。
    宮原選手の回転不足問題の時、町田さんが「映像で全選手のジャンプを検証したが、宮原選手のジャンプは何の遜色もない」ってズバッと言い切った、気持ちよかったです。
    織田君や町田さんの解説がええなぁ。

    • オネエ 2019年2月15日 9:38 PM

      >きんせいか様

      わたしですね、個人的にみどりの解説が好きなんです笑
      解説者としてはどうか?と思いますが
      あの感情たっぷりの目線とたまに毒吐く感じがなんともいえなくて。
      町田の解説は論理的でわかりやすいし、殿は選手目線かつ冷静に
      言葉を選んでますものね。無難な解説なんぞいらないですわ笑

  7. peony 2019年2月15日 4:10 PM

    オネエサマのおっしゃりたいこと、共感いたします。
    フジテレビの動画配信、いいですよね。そこだけは、いい仕事したわねと言いたい。(そこだけです)
    なんとかしゃべろうとするアナ、無理にしゃべらなくていいですから。
    実況なしで見ると、ルッツが~フリップが~回転が~エッジが~ってあまり気にせず、プログラム全体の世界観に浸れるのですよね。
    きっとジャッジと現地で観戦している方はこの状態なはず。
    テレビ観戦で不満なのは、顔のアップとか上半身だけとか足元だけの映像の多用は、やめてほしい。できるだけ全身が入ったアングルを見たいと私は思います。
    でないと、スピード感が伝わってこないから。

    ルール改正は仕方ないことなんでしょうけれど、それに合わせて黙々と努力している選手には、頭が下がります。
    むか~し、エッジのエラーや回転不足やらが急に厳しくなったとき、浅田真央さんの演技が窮屈なものになった感じがしました。なんていうか、それまでのノビノビと楽しそうに滑っている感じが消えてしまったような・・
    すでにシニアにあっがてからのジャンプ矯正は、厳しいものがありますよね。真央さんはずっとそれと戦ってきた感じがします。だからこそ、ソチでのフリーは涙なしでは見れませんでした。
    今のジュニアやシニアの選手たちは、その点は小さいころから意識して習得してきてるでしょう。

    素人がみてもわかるようなあきらかな回転不足やエッジエラーは問題になってしまうのでしょうけれど、私も単純に素敵な演技を楽しみたいタイプなので、古いかも・・昭和だからさww

    • オネエ 2019年2月15日 9:43 PM

      >peony様

      そうですよね~。
      曲と観客の歓声だけになると、世界観に浸れますよね。
      真央に関してもわたしも同じ想いでした。

      ルッツのエラー、3‐3の回転不足とジャッジが厳格化されて
      からは彼女から笑顔が減ったような気がしました。
      あの伸び伸びと滑っていた真央はどこへ?と見ていて
      辛くなりました。いまの選手たちは最初から今のジャンプルールに
      乗っ取って覚えていますから矯正の苦労はそこまでかもしれませんね。
      バンクーバーSPの真央がピョンピョン跳ねているのがすごく印象的で
      あの時はすごく幸せな気持ちになったのを今でもよく覚えています!
      同じ昭和同士、焼酎片手に語り合いましょ笑

  8. 燦太 2019年2月15日 9:19 PM

    それでも今度の世界選手権はフジが放送すると言う刹那さ…
    フジの放送でいいからアナウンサーはNHKから派遣するとか!
    それとテレビの左上に基礎点と出来映え点の速報がでますよね? アレが気になって演技に目が行かないんですよね~(涙)
    あと、最近の音声はブレードと氷の擦れる音を聞かせたいのか、音楽の音量が低くなったと思いませんか?
    名曲に乗せて滑る演技が好きな自分は曲と映像だけで良いのですが…、
    好みの問題ですけどね!

    • オネエ 2019年2月15日 9:54 PM

      >燦太様

      最後のクライマックスがフジですものね。
      いまからげんなりです。
      わたしも得点速報いらないです。
      そもそもぶっちゃけフィギュアなんて、
      見るものがジャッジして6.0満点ならなんでもいいのよ!(古い)
      曲に関してはわたしCDで曲被せて見る時も
      あります!全然迫力が違います。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.