清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 伊藤みどり 山田満知子

更新日:

驚異!伊藤みどりはたった一人で女子フィギュアを21世紀へ導いた

来季、女子フィギュアは大変革を
迎えようとしているわ。

紀平梨花、エテリガールズが
その中心になっていくのは間違いないわね。

でもね、ISUに

たった一人で女子フィギュアを21世紀へ導いた

と言わしめた驚異の日本人選手がいたのを
皆様、ご存知かしら!?

そうよ、我らが

伊藤みどり




五十嵐文男氏も大絶賛、あんなジャンプは見たことがない

今宵は1988年、カルガリー五輪へと
タイムスリップするわよ。

コンパルソリー(規定)を終えて、
ショートプログラムに臨んだみどり。

曲は「蹄の祭り」

作曲は桜田泰啓さん

こちらが桜田さん、、、

って12歳、
中1かーーーい!!!笑

そうなのよ、ヤマハ音楽教室の生徒だった、
この中坊がみどりの為に作曲したのよ。

今でこそ、スケーターが
この曲を滑りたい!というところから
始まる選曲が、

当時はなんと滑る方に合わせて
楽曲を作り、提供していたという

当時ならではのこだわりが
感じられるわよね。

ほら、出てきたわよ~みどり!

「和」

日本の見事な和太鼓を
取り入れた楽曲の世界観に、

しっかりと入り込んでいる顔してるもの。

日本の伝統、「和」の
素晴らしさを世界にお見せしなさい!

この時はプレッシャーなんてものとは
無縁だったわよね~

あたしみどりのね、
この不自然なポーズ好きなのよ。

なんていうのかしら、演技に溶け込む
自然なポーズじゃないのよね、

しっかりこのポーズ取ってます!っていう
不自然なポーズを彼女取るのよ笑

いきなり両手上げたまま、タノジャンプ!

観客もお口あんぐりよ!
当時だれがこんなアスレティックな
ジャンプしたのよ!?

みどりよ~!笑

そして大注目なのが
この後の、

得意の軌道からスピードに乗り、

2Loからのワンレグ(片足)、

3Loの連続ジャンプ!

このセカンドの3ループが
ファーストジャンプの

2倍ぐらい高さが
あるんじゃないかと

驚異のジャンプ力に、
あたしもう開いた口が塞がらず、

あわわわ状態!

そしてみどり十八番の

ガッツポーズ出たよ!

解説の五十嵐文男氏も、

こんな難しいジャンプコンビネーション、
男子でも跳べる選手は少ないです!

と大絶賛。

そして、これだけで終わらないのよ!

これは!

難しい入り方、
カウンターからの

ダブルアクセル!

なんて高さ!?
まさに当時実況に言わしめた、

フライングウーマン!!

またまた五十嵐文男氏が

ダブルアクセルの入り方が難しいんですけれども本力発揮ですね~!

今の時代でもこんなクオリティのジャンプ、
高さを跳べるオンナいないでしょう!?

未だにみどりが最先端を走ってるという事実!

わかりやすいストレートラインステップ。
何がわかりやすいかですって!?

太鼓の音に合わせて、
太鼓鳴らしてるポーズ

してるからよ!笑

これぞ、みどりマジック!

演技も終わり決めポーズ!

かと思いきやまだ続くのね笑

あんたどれだけポーズ取るのよ!?

ドヤっ!

第3グループの第2滑走でね
こんな高い得点はね、普通出ないですよ!

五十嵐文男氏がこんなに大興奮するなんて!

そして得点よりもド肝抜かれたのが、

満知子のドデカサングラス!

あたしカルガリーからキスクラの
満知子ファッションに釘づけよ~笑

みどりも満知子も21世紀へ
女子フィギュアとキスクラを導いた

立役者、まさに女優ね!




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート, 伊藤みどり, 山田満知子

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.