ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

イリナ・スルツカヤ サラ・ヒュース フィギュアスケート ミシェル・クワン

投稿日:

ソルトレイクに散った儚き夢 銀盤の女王達の結末は part.1

いまでも記憶が全く色褪せない、

2002年
ソルトレイクシティ五輪

これほどまでに美しくて、切なくて、
ドラマティックな大会はなかったのよ。

男子ではアレクセイヤグディンと
エフゲニープルシェンコの一騎打ち!

そして、女子では

ミッシェルクワンとイリーナスルツカヤ。
どちらが銀盤の女王にふさわしいのか!

世間の注目は彼女達に集まったのよ。

皆様の中でも、
鮮明に覚えてらっしゃる方々も
いるんじゃないかしら?

そしてまさかの波乱の結末、、、

ソルトレイクを語るにあたって、
どうしても前年、

2001年のグランプリシリーズカナダ
の話をしておきたくてね。




2001年グランプリシリーズカナダ大会は波乱の前兆だった

オリンピックシーズン前哨戦。

グランプリカナダで、

なんと前年の世界選手権1~3位、

ミシェルクワン、イリーナスルツカヤ、サラヒュース

メダリストが同じ場に集結してしまう
という前代未聞な大会となったのよ!

フィギュアファンにとっては
これほどまでの好カードマッチは

興奮しっぱなしだったわ。
だって、五輪の前哨戦が
見られるんですもの!

そしてジャッジにとっても、
五輪でメダルを取るであろうトップ選手を

ジャッジングをする上でも
ひとつの指標となる試合であったのは、
言うまでもないわよね。

クワンがまさかの最高難易度のコンビネーションを!?

すっかり長野五輪から、
大人の女性に成長したクワン。

もうポーズだけですごい
貫禄オーラが漂ってくるわ!

曲は「シェヘラザード」

オリンピックイヤーに懸ける想いが
ひしひしと伝わってくる、

女王の女王による女王の為の選曲だわ!

舌噛まずに言えたわよ笑

最初の3T-3Tコンビネーション!

ファーストジャンプで勢い余って、
転倒してしまうのよ。

でもね、あたしが驚いたのは
すぐ次に跳んだコンビネーションなのよ!

なんかやけに助走が長いわね。
この後ろ向きは!?

彼女、なんと!

3ルッツー3ループの
最高難易度ジャンプに

果敢に挑戦してきたのよ!

クワンファンの皆様なら
目を疑ってしまうところよ。

だって今まで大舞台でこんな高難易度の
構成で来なかったじゃない!?

明らかにスルツカヤを倒しに来ている。
オリンピック女王という称号を

是が非でも手にするために、
彼女は勝負に出てきていると思ったわ。

セカンドのループでバランスを
崩して転倒してしまったけど、

彼女の強い「意志」を感じたのよ。

出たわ~!

優雅なスパイラルだわ~!
これぞ女王クワン!

まだ横断してるわよ~!
あんた、いつまで優雅に滑っていくおつもりよ~?
いい加減におし笑

キスクラでは冷静に
前を見据えている印象が強かったわね。

SP2位、FP3位

スルツカヤは「トスカ」で迫真の乱舞三昧なフィニッシュ!

クワンのアグレッシブな演技に、
このオンナが黙ってるわけないじゃない!

来たわよ、スルツカヤ!

美しいわね、彫刻のようなお顔立ちだわ。
彼女、相当の負けず嫌いよね。

スルツカヤのルッツに入る動作が
あたしすごく好きなのよ~。

大概の選手は後ろ向きのまま、
軌道に入るじゃない。

でもスル江は、必ず、

前へならえ、安全よし!

が入るのよ~~~笑

跳ぶ瞬間にクルッと後ろ向いてね、

跳んだ後は顎上げて、

ドヤッ!

が必ず入るのよ~。好きだわ~。

3サルコウー3ループー2トーループ

の超攻撃的ジャンプ!

セカンドのループでバランスを崩そうが、
強引に、

3つ目のトーループをつけて、
何事もなかったかのように
ポーズを取るのよ笑

思い切りがいいわ、スルツカヤ!

いくつかジャンプミスがあったものの、

おだまりビールマンスピン
でトドメ!

ちょっといつもより乱れた
ビールマンだったかしら?笑

で、あんた最後のフィニッシュポーズが
衝撃的すぎなのよ!

リンクを小走りで、
あんたどこに向かうのよ!

あたしの制止も振り切り、

急停止した彼女は、

腕ぶん回しながら、
グルリンパってターンして、

両手で頭押さえて、
グルングルン頭をぶん回して、

あんた、どこぞの獅子舞かと思ったわよ!

そしてフィニッシュ!

まさに渾身の「トスカ」ね。
これだけのモーションは
すべて金メダルの為!

でもどんだけ最後の決めポーズ
いくのに
時間使ったのよ笑

SP4位、FP1位

ショート出遅れたものの、
フリー1位でご満悦なご様子ね。

新星サラヒュースの演技よりもワグナーコーチがうつみ宮土理にしか見えない件

あたしね、やっぱりサラ江の演技が
入ってこないのよね~

クワン&スルツカヤの成熟した演技が
濃ゆすぎてね。

サラ江は確かにハツラツとしていたし、
ジャンプが他の選手とは逆回転でね。

でもそれぐらいしか印象にないのよ笑

3-3のコンビネーションを2回組み込んで
来るプログラムだけどね。

まだまだ表現の部分においては
あたしは同じく台頭してきたコーエンに
分があると思っていたぐらいなのよ。

笑顔がチャーミングよね。

彼女が五輪シーズンにして、
一番無欲だったのかもしれないわね。

SP1位、FP2位。

不安定だったクワン、スル江を抑えて、
彼女、スケートカナダで
優勝してしまったのよね。

結果はサラ江、スル江、クワンの順。

あたし何度もブログで取り上げて
いるんだけど、

ワグナーコーチが、うつみ宮土理にしか
見えないのよ~!笑

全然サラ江に集中できないじゃない!

キャー、ロンパールーム!
懐かしいと思った方、いるはずよ~笑

似すぎよ、ワグナーコーチ。

このスケートカナダから、
何か波乱の前兆を感じずには
いられなかったのよ、あたし!

つづく、、、かもしれないわよ笑

最後までお読み頂き、ありがとうね。
ぜひ反響があれば続編も書きたいわ!

ついでに
ブログランキングバナーも
連打しといて頂戴まし笑

-イリナ・スルツカヤ, サラ・ヒュース, フィギュアスケート, ミシェル・クワン

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.