ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エリザベータ・トゥクタミシュワ フィギュアスケート メドベージェワ

投稿日:

メドべ推し報道続出!ロシア女子の世界フィギュア代表は誰なのよ問題

メドベージェワが
ロシアカップで優勝し、

マスコミはメド子が
世界選手権へ大きく前進!と

一斉にメド子が代表筆頭のような報道よね。

前の記事にも書いたけど、
あたしは変わらず、トゥクタミシュワの一択よ。

もちろんメド子にも出てもらいたい
気持ちは山々だけど。

実際のところは、

ロシアの代表選考は公表されて
いないだけでもうとっくに決まって、

選手たちへも通達が言っていると
あたしは思うのよね。

だってもう大会3週間前よ?
調整期間を考えたら、

いくらなんでも
はい、いまから出場してください!
なんてさすがに急すぎないかしら?




代表選考がここまで長引いた要因は?

え、あたしのせいかいな!?

そうよ、宇宙人のせいよ!笑

12月のロシア選手権で、ジュニアの
エテリガールズが表彰台を独占し、

この時、5位のザギトワ、
6位のサモデュロワ
が四大陸に選ばれたのよね。

ロシア代表選考の明確な
基準はわからないけど、

ロシア選手権を経て、
四大陸で好成績を収めて、

ようやく代表への道が
開ける傾向にあるそうよ。

四大陸で6位以内に
入らないと派遣されずに、

ロシア選手権2位以下の選手に
代表が繰り上がることが多い
傾向にあるらしいわよ。

ウィッキペディアに書いてあったわ笑

ロシア選手権で優勝していれば、
四大陸を迎える前に、
よし行って来い!となっていたかもね。

国内選手権でジュニア独占を受け、

四大陸での結果次第というのは妥当で、
優勝したサモ江、2位のザギトワは

選ばれて当然のプロセスを
踏んで来たわけよ。

二人ともグランプリファイナル
へも進んでいるしね。

本当はこのプロセスを
同じく進むべきだった

エロスことトゥクタミシェワが
肺炎になってしまい、

国内→欧州と出場が叶わなかった為、

3枠目選出の
強い決め手がなかったというところが

代表発表が長引いた大きな理由よね。

ロシアのご意見番、重鎮タラソワ女史の発言で、、、

もうひとつの要因として、
タラソワ女史の発言にあると思うのよ。

「いつも代表メンバーの3番目の枠がコーチ会議の合意によって決まります。ミーシン氏が連盟が自分にトゥクタミシェワを世界選手権に向けて準備するのを任せたと言ったのを読みました。私は、誰もオーサー氏と話をしなかったのをおかしく思います。彼にもメドベージェワを世界選手権に向けて準備するよう言うことができたのに」

欧州選手権補欠の1、2番手でありながら、
一方のコーチにだけは声をかけたことに
疑問を投げかけているわけよ。

さらに、

「私の見解ではメドベージェワは今、良くなり始めている。その上昇している時にチャンスを潰すのは正しくないと思われる。常に希望を残しておく必要があると思われます」

ロシア連盟がタラソワ、そして選手に
配慮して発表が直前なんじゃないかしら?

タラソワの言いたいこともよくわかるわ。
選手であれば、やはり毎年の最後を飾る
一番の大舞台に出たいのはあたりまえよ。

少しでも望みがあればどんな目の前の
大会だって出るに決まってるわよ。

でも最後のロシアカップで
僅差で敗れた
エロスの試合内容は決して悪くはなかったわ。

それにGPカナダでV、GPFでも3位と
着実に実績を積んできたじゃない。

要は、

安定した今季の実績か、
上り調子で
本番前の一発勝負の結果か

ということでしょ。

本番直前のロシアカップの内容が
メド子がすべての要素をノーミスで!
というなら考慮する余地があるけれども、

エロスとのわずか1点差は
PCSなわけでしょう。

演技内容を見ても、

今回はあたしはエロスが出るべきだと
思うのよね。

ジャンプの安定感が
抜群だもの。

外野が騒ごうが結局は
明日か明後日にはわかるんでしょ?

でもその結果を素直に
受け入れなさいというには
あまりにも酷なのよね。

ふたりとも素晴らしい
選手だから。

競技の世界の厳しさを身に染みて
感じる瞬間ね。



 

オネエ杯投票、締め切りまであと4日間!
ぜひ「楽しく」皆様とワイワイやりましょ!

↓↓投票はこちらからよ↓↓

お時間あったら、ブログランキング
バナーもぜひ押していって頂戴ね!

-エリザベータ・トゥクタミシュワ, フィギュアスケート, メドベージェワ

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.