ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 伊藤みどり 羽生結弦

投稿日:

羽生結弦の見方が変わる!トリプルアクセルが何故難しいジャンプなのか?

無良崇人といえば、

豪快でダイナミックな
トリプルアクセルが代名詞だったわよね。

彼が何故トリプルアクセルが
難しいジャンプなのか?

非常にわかりやすく興味深い話が
25ansでコラムになっていたので、
紹介するわね。

ちょっと話が逸れてしまうけど、
25ansが叶姉妹を読者モデルとして

世間にデビューさせたのよね笑

今ではマレフィセントまで演じる
魔女っぷりだものね笑

どうでもいい話だったわね笑

さ、本題に入るわよ!




前向きに跳ぶのは恐怖心が出るからが定説だと思っていたわ

よくフィギュア関連のインタビューで、
トリプルアクセルが一番難しいジャンプと

されているのは、

全6種類のジャンプ中、

唯一前向きに
跳ぶジャンプだから

ってよく聴いてきたのよね。
皆様もそうなんじゃないかって思うの。

でも前向きのジャンプって
何で怖いのかしら?

ってそんな理由考えたこともなかったのよ。
後ろ向きの方が逆に怖いんじゃないの?って

素人ながらに思ってしまったりね。

無良曰く、

後ろ向きジャンプの場合、

助走の間に感じる風の具合や、

周りに見えるフェンスが流れていく感覚
自分のスピードがどれくらい出ているのかを
掴むことができる。

アクセルの場合は後ろ向きから振り返って、
前を向くやいなや即座に跳ぶので、

状況判断がしずらい。

!!!

初めて知ったことよ。
まさに目からウロコね。

これは滑っている
スケーターにしかわからないことよね。

フィギュアって、
改めて繊細なんだなって思ったわ。

見てる方はただジャンプ見て、
成功だ失敗だしか思わないもの。

そのジャンプの過程なんて深く考えたこともなかったわ!

スケーティングの速度は毎回一定ではなく、

氷の状態や、
気持ちの違いなどで変わるもの。

気持ちが高ぶっていて、
意外と速度が出ているという日もあって、

それがアクセルの助走時には
自分でもわかりにくい。

だから、どう状況が違っても
うまく踏み切って着氷まで持っていくというのがポイント。

要はいかにスピードを
「感覚」で掴んで、

踏切のタイミングを合わせるのかが重要なのね。

そうよね!
氷の状況について選手がよく口に
しているのを聴いてきたけど、

見ている側って氷の感覚なんて
わかりっこないものね。

ちょっとの感覚のズレや気持ちの高ぶりで
成は否か決まってしまうのね。

なんてためになる無良の話なの!
こういう内容の記事こそが、

もっと世間に出るべきだし、
あたしもぜひ取り上げたいわよ。

トリプルアクセルと言えばやはりこのお方

やっぱり元祖よね!

この方を差し置いて、
フィギュアスケートを語る
なんておこがましいわ!

それぐらい天然記念物じゃなく、
フィギュア界の生きる国宝、

伊藤みどりよね。

彼女のジャンプ、惚れ惚れする高さよね。

TVで見ていても、
思わず上を見上げてしまうほどだもの。

フェンスの外にはみ出てTV画面から
消えた時にはあたし絶句したもの笑

そしてもうひとり。
やっぱり、

羽生結弦よね~

彼のイーグルから跳ぶアクセルは
放物線を描くようで、

本当に見とれてしまうのよね。

無駄な力が一切入ってなくて、
エアリーなのよね~。

演技の一部のようだもの。
彼はいとも簡単に跳んでしまうじゃない!

だから難しいジャンプをしているように
見えないのが、あたしたちの感覚を
おかしくしているのよ笑

無良のジャンプ解説を頭に入れて
見るときっと、

いかに彼がリンクを支配しているのか
新しい発見が出来そうね!

ちょっと気が早いけど、

来季の女子トリプルアクセルが楽しみね。

紀平梨花にリーザにコストルナヤ。

皆それぞれに自分の「感覚」を持っている
素晴らしいスケーターだわ!

女子も応援しましょ!

皆様世界女子フィギュアの
表彰台&初の試みキスクラ選手権を
同時開催よ~。

ぜひ参加して一緒にワイワイしましょ!

↓↓↓投票はこちら↓↓↓

-フィギュアスケート, 伊藤みどり, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.