ベールに包まれたストレイツクラブに潜入!【フラトン ホテル シンガポール】

ベールに包まれたストレイツクラブに潜入!【フラトン ホテル シンガポール】

ベールに包まれたストレイツクラブに潜入!

かつては、郵便局として利用されていた歴史的建築が売りのフラトンシンガポール。
スイートと一部の客室のみアクセス可能なストレイツクラブ。
あまり知られていない秘密クラブやいかに!?

ご立派なハードが台無しなトンデモ秘密クラブだったわよ!!!



お気に入りなラッフルズホテルが改装中、
マリーナサンズベイはチャイニーズフィーバーでインフィニティープールも芋洗状態、
ここはアダルトな雰囲気が漂うクラシカルなフラトンをチョイス。

事前にリムジン手配をしていたので、飛行機の機内からすぐ出たボーディングブリッジまで専任スタッフのメンズが待機。
アタシ好みのツラじゃなくて、がっかり。おまけに従業員用の通用口のキートラブルですっかり出鼻をくじかれた感じ。

雲行きが怪しい中、車寄せを降りるとドアマンに歓迎されるものの、フロントはあちらです、どうぞ行ってこいと。お部屋へはあちらから
どうぞ行ってこいと。
行ってこいホテルって改名したら!?

ロビーラウンジのレインボーケーキ!
ゲイを意識してんのかしら?だれもこんな下品なケーキ食わないわよ。

すっかり興ざめしたアタシを出迎えてくれたフラトンベアーちゃん。

何がフラトンベアーちゃんよ、蹴り飛ばしてやったわ!

ストレイツクラブに潜入!

こじんまりとしていてまったりとした優雅な雰囲気が流れていてなんだかいい感じ!

気を取り直して、ブレックファーストタイム。

朝食メニューもなかなか洒落てるじゃない。

オムレツ、、じゃなくオムレット!頂けるかしら?

は!?

あいた口が塞がらなかったわよ!


こんなイビツな形したど素人オムレットみたことないわよ!!!

スイーツ適当に取り分けてもってこさせたわよ〜。
さすがシンガポールはスイーツパラダイスね。

優雅な(?)ブレックファーストタイムが終わり、
アイスティー頂いていたら、

こっちにケツ向けてるわよ、クラブスタッフ!

気を取り直して、アフタヌーンティータイム

スコーンなかなか美味だわ。

ノーコメント。

アンタどんだけレインボー売りなのよ!!!
おまけに胡散臭い皿なんか飾りやがって。

お紅茶はTWG。ここだけ安心要素。

気を取り直して、カクテルタイム。

デフォルトでブーブクリコ。
いいじゃない、じゃんじゃん持って来なさいよ!

どうなってんのよ!?
なかなかおかわり来ないわよ!!
文句垂れたら、ケツで歩いてるんじゃない?っていうくらい、ふてぶてしいクラブスタッフの女が
ボン!て黙ってシャンパングラス置いていきやがったのよ!!!

即、デューティーマネージャー行き。公開処刑。

毎回ルーム番号求められ、客を覚えようとしないクオリティの低さとふてぶてしさに
呆れてものがいえなくじゃなく、文句しっかり言ってやったわよ。
ハード立派でもソフトが底辺。

次回は行ってこいホテル自慢のフラトンスイートに潜入するわね!

こぼれ話

ホテルから程近い、クラークキーにあるリバース バンジー。
見るからに怖そうでメンズに怖〜いってしがみついたら、おまえの方が怖いよって突き放されたじゃない。
どうなってんのよシンガポールメンズ!