スポンサーリンク

スポンサーリンク

羽生結弦

更新日:

ザギトワ課題残るV グランプリフィンランド 

グランプリフィンランド、女子フリーが終わったわね。
予想通り、ザギトワが優勝。

あたしさ、ザギトワってひとつの演技を
切り取ってみると、とてもスキルの高い技をこなしているなと思うんだけどさ、




うまく言えないんだけどさ、

まるでパズルの断片がきちんとハマらないままのように、しっくりこないのよね。

ひとつひとつの動きが世話しなくて、何かすべてを詰め込もうとしてる感が否めない
のよね。昨シーズンのドンキホーテが後半にジャンプを集めていたときの方が、
うまくまとまっている演技なのよね、あたしにとっては。

得点1.1倍だからとかタノジャンプだらけとかいろいろ言われてきたけど、
あたしはそんなことよりも演技全体をひとつのストーリーとしてみたときに、

今季のカルメンはまだ早いって思ったのよ。

現時点でシニア女子では彼女は確かに頭一つ抜き出てるわよ。
あたしも金メダリストの実力はあると認めてるわ。
でもカルメン特有の気品さや貫禄が伝わってこないのよね。

わちゃわちゃしてるのよ。

だからさネットニュースの「貫禄、女王ザギトワ」って
フレーズに違和感感じるのよね。

カルメンて安藤美姫も世界選手権で女王になった翌年に演じたわよね。
全然合ってないなと思ったのよ。
おまけに情緒不安定で棄権したわよね。
※肩を外して棄権。誤情報お詫び申し上げます。

女王、女王って言うけどさ、

カルメンてカタリナビットのものよ笑

演技棄権するぐらいなら、リンクで倒れこみなさいよ。
実績だけでなく円熟味が増してきた晩年のスケーターだけに許される「女王の曲」ってあたしは思うのよね。

まだまだ彼女は若いし、これからよね。
ルックスにも恵まれているし、素質はあるわよ。
昨シーズンのブラックスワンなんかハマり役だったわよ。

ここの豹変するシーンがオネエ心くすぐるのよね!

今回ちょっと気になったのは3Lz-3T、3Lz-3Loのコンビネーションがハマってなかったことかしら。
成長期で痛みがあるとも言われてるから尚更心配よ。
まずは体と向き合って無理をしないでほしいわよ。

キスクラでは安定の鉄のエテリ。
好きだわ。笑ってみなさいよ~エテ子。

スポンサーリンク

アナタの清楚な人差し指のポチでアタシの順位を押し上げて頂戴!

↓↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

ここをクリックでオネエパワーがアップ!!

スポンサーリンク

-羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.