ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

更新日:

フィギュアスケート美の原点を1968年のアメリカに見た!

羽生結弦が掲げた、あくなき

「美への追求」

これはフィギュアスケートの
永遠のテーマでもあるわよね。

今日は「美の原点」とも言える
お話しをさせて頂きたく、

1968年に皆様をタイムスリップさせるわよ。
準備はいいかしら!?




1961年に起きた航空機事故での大惨事

1948年頃からアメリカは
フィギュアスケート界において圧倒的な力を
見せてきたのよ。

その中でも皆様の記憶に新しいあの、

バトン爺!

オリンピックで2つの金メダルを
手にした伝説のフィギュアスケーターよね。

まさにアメリカの黄金時代。

けれども1961年にベルギーの首都
ブリュッセル近郊で

「サベナ航空548便墜落事故」の
悲劇は起きたのね。

世界選手権に向けたアメリカ代表チーム、
選手、コーチ、審判までも全員が帰らぬ人となったのよ、、、

1964年の五輪では
主力を欠き、銅メダル1個。

アメリカ復活の期待を担うペギー・フレミング

ペギー・フレミング

1968年のグルノーブル五輪、
アメリカ復活の期待を担って、

彼女はまるで一輪の花のように、

凛とした美しさと表現力で、
観客を魅了したのよ。

彼女の指先まで神経の行き届いた
しなやかなポジション、

バレエの動きを取り入れた、
豊かな表現力、

彼女、

「非の打ちどころのないバレリーナ」

と呼ばれていたのよね。

残念ながらリアルタイムでは
見ることができなかったんだけど、

バレエ=フィギュア、美の原点

として根底にあるものなんだと
感じずにはいられなかったのよ。

見事にアメリカで唯一の
金メダルを獲得したわ。

彼女、アメリカを明るい光で照らす、
まさに一輪の希望の花となったのよ!

どんな困難を迎えようとも、

フィギュアスケートに対する「美」
を追求し、体現する。

フィギュアスケート、本来の姿、
「美」の根源を見た気がするのよね。




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.