ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネイサンチェン フィギュアスケート 羽生結弦

更新日:

羽生結弦とネイサン・チェンの得点差から今のルールの盲点を考察する

世界フィギュア男子シングル、

得点を見れば、

ネイサン・チェンが323.42点

羽生結弦が300.97点

その差は22.45点

羽生結弦が怪我で休養している間に、
ふたりの実力差が本当にこの点数差に表れたのかしら?




技術としてのジャンプに高いGOE、ジャンプ前後の工夫には?

ユヅのフリー、冒頭の4回転ループの加点に
GOE「1」を付けているジャッジもいれば「5」

を付けているジャッジもいる。
そのジャッジングの幅があまりにも広すぎていることに

あたしはジャッジの客観的観点から見る
公平な目が欠けていると思うのよね。

ジャンプの前後の工夫であったり、
繋ぎであったりする加点には「幅」があるのに対して、

ネイサンの4回転ルッツ、ダイナミックだったわね~!

高さもある迫力のジャンプには「4」・「5」
どのジャッジも近しい点数が。

ジャンプをよりダイナミックに明確に見せる
ところにジャッジはおもむきを置いているのが見て取れるわよね。

もちろんネイサンのジャンプは素晴らしいわよ!
あたしは優勝にふさわしいと思ってる。

苦手なトリプルアクセルを克服しただけでなく、
羽生結弦という圧倒的スターの持つ独特の雰囲気に、

飲まれることなく、自分自身のメンタルをうまく
コントロールして平昌のリベンジができたんじゃないかって思うの。

でもフィギュアの素晴らしさはジャンプだけでないから、

もちろん表現力であったり、世界観であったり、
そしてステップ、スピン、

繋ぎ、ジャンプ前後の工夫など挙げたら
キリがないわよね笑

ジャッジの見ている観点を
フィギュア観戦している視聴者に向けても

明確にしてほしいのよ。

4回転の種類を増やせばそれだけ怪我のリスクが増える

ユヅのコメントで、

「ショートとフリーをミスなく終えてもギリギリ勝てなかったと思う」

やはり4回転ジャンプをいかに種類を
多く跳ぶかといったことをユヅ自身も

今のルールで誰よりも感じていると思うのよね。
まずはフリップ、ルッツ、そしてクワドアクセル、、、

夢は膨らむけど、
その分、怪我を背負うリスクが増えていくのも

また覚悟しなければいけないと思う。

技術はどんどん加速していって、L
本当に必要かどうかの試合にも興行的な意味合いを
兼ねて過密スケジュールを組んでいく。

ネイサンだって、学業と両立しているの素晴らしいけど、
あんたいつまでも跳び続けられる体なのかというのも
疑問よね。

宇野もしかり。満身創痍に見えたのよ、世界フィギュア。
彼は試合やショーに出しすぎ。

スケート連盟は目先の金欲に目がくらんでいる場合じゃない
と思うのよね。

技術の進歩は素晴らしいけど、今のルールの盲点は
怪我のリスクを助長しているような
気がしてならないのよね。

-ネイサンチェン, フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.