ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カタリナヴィット フィギュアスケート

投稿日:

仰天発言!元銀盤女王が言い放ったある言葉とは!?

皆様、今宵は元銀盤女王が言い放った、

ある一言をきっかけに

フィギュアスケートは技術か芸術か?

という論争が始まったとも言われるお話をしてみたいと思うのよ。




このアニー似の14歳の美女スケーターは誰なのよ!?

時は1980年、NHK杯。

では早速あたくしから皆様へ質問コーナー!!!

この笑顔を見せる14歳のスケーターは誰か当ててごらんなさい!笑

ヒントほしいですって!

隣のサザエさんみたいな髪型のコーチ御覧なさいよ笑

ユッタ・ミュラー氏よ!

トゥモロォ~!

わかったわ、アニー!

違うわよ、確かに髪型は似てるわね。

でもそんなピュアじゃないわよ笑

14歳にしてこの完成された笑顔!随分と大人びてるわね。

のちに彼女が伝説の「カルメン」を演じるのよね。

ほら、もう答えあたし言っちゃったじゃない。

なんと銀盤の女王カタリナ・ヴィットよ!

あたしは後ろの「キリンレモン」の広告の字体に昭和を感じて、

そちらばかりに気を取られてしまうわ笑

稔と絵美のドタバタ解説劇場開演!

腰の入り具合がもう女王の素質充分って感じよね。

この時の解説が渡部絵美なんだけどね、

「すっごい選手ですこの方は。もっのすご~く、あの~、、、」

あんたボキャブラリーないの!?笑 解説でしょ!?しっかりおやり!

「タレント性ですね!」

まあ、あんた取って付けたような言葉!笑

「今回はね、パーマなんかかけて来ちゃってね」

あんた褒めてんの?けなしてんの?どっちよ!?笑

「すでに男のジャンプですね、もう」

「あれは女性のジャンプではないですね。」

佐野稔氏の解説もなんともストレートというか、下品というか、

絵美と稔劇場がドタバタなグダグダ感満載で大爆笑よ!

トリプルトーループからワンレグでループコンビネーションとか!

シニアに上がってから跳んでたヴィット!?

でもあたし何故か、リンクの広告看板にしか目がいかないのよ~涙

「日清サラダ油」

深紅の紫文字で「キリンビール」

衣装のお色と被ってるじゃないの!

「14歳で伸びやかさがありますよね~!」

実況の方、ナイスフォロー!

と思いきや、すかさず稔氏が爆弾投下。

「ちょっと~、ダブルルッツがヘタクソなところありますけどね!」

絵美が追い打ち!

「この前の大会ではこのダブルルッツでひっくりかえっちゃったんですって!

もう言いたい放題!笑

4番目のジャッジは下を向いていたのかな?

ミュラー氏のサザエさんヘアが気になって仕方ないわ!

貫禄あるわ~!

技術点。

4番目のジャッジだけ、4.8とか露骨ね~

稔氏が,

「この時のジャッジは下を向いていたのかな?」

って、ここだけナイスフォローとか思ってしまったわ笑

それにしてもどういう採点基準なんだか、昔も今も変わってないわよね~

芸術点は当時の男子よりも高い得点が!

さすがだわ~。

でもあたしにはこのコミカルな曲の演技は技術の方が光るものがあったのだけどね~。

何を持ってしてジャッジの芸術的な感性に響いたのかしら???

ツラ!?

ちょっとここでブレイクよ!

皆様本日発売の、羽生結弦写真集「YUZU’LL BE BACK」はゲットしたかしら?

あたしはもう手元にあるわよ~笑

↓まだの方はこちらから!羽生結弦写真集「YUZU’LL BE BACK」Amazonで帰るわよ↓

銀盤の女王が言い放ったある一言で議論の歴史が始まった!

誰よ、リンクに倒れこんでいる、かまってちゃんオンナは~!?

時は1988年カルガリー五輪。

後に伝説となる「カルメン」を演じたヴィット。

ヴィットの魅力って何かって聞かれたら、

あたしはその手の所作だったり、顔の残し方かしらね。

スーッと余韻を残すところかしらね。

言葉で説明するのは難しいのだけど、

ひとつのストーリーのヒロインになりきり女優感が半端ないのよね。

そんな彼女、

五輪前にカナダのコーチがヴィットの衣装が露出過剰であると文句をつけたことがあったのよね。

当のヴィット本人はね、

「美しさはアイススケートの一部。それに男性の方は誰だって、ゴムまりみたいな人よりきれいな体をした女性を見る方がいいでしょう」

って一蹴したのよね笑

彼女のこの発言がきっかけになって、フィギュアスケートは「技術」なのか「芸術」なのか

っていう論争が始まったとされているのよ。

このゴムまりと言うのは誰を指して言ったものではなく、

彼女の発言の中には、

「技術がますます高度になっていく傾向を止めることはできないでしょう。より高く、より多くジャンプ出来ることは確かに素晴らしいことだと思います。

しかし、フィギュアスケートはスポーツであると同時に氷上の芸術です。観衆がただジャンプを観るだけでなく、スケートの美に感動して欲しいのです」

恐らくこれを伝えたかったんだと思うのよね。

「花はどこへ行った」に込められた想いとは、、、

この発言から20年以上経った今でも、

この論争は決して終わることはないのよね。

彼女が後にリレハンメル五輪で演じた、

「花はどこへ行った」

戦火に破壊されたサラエヴォへの思いを込めながらの披露ではあったけれど、

決してそれだけではない、

彼女のフィギュアスケートの美はなんたるものなのかを

伝えたい強い想いもあったんじゃないかしらって。

フィギュアスケートの美って、その演じる人の心の内面を映し出すものなんだって、

あたしはこの時、確信したのよね。




共感して頂けることがございましたら、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-カタリナヴィット, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.