清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート プルシェンコ

投稿日:

ISUの思惑とは?4回転論争の裏で見え隠れする真実【前編】

皆様、おはようございます。

バンクーバー五輪男子では日本男子初の高橋大輔の銅メダルで沸いたフィギュア。

けれども、銀メダルに終わった、

オリンピックの優勝者が4回転をやらないなんて理解できない。

の発言で4回転論争が本格的に勃発したのよね。

男子においての話として、

4回転ジャンプは必要なのか?ちょっと改めて考えてみたいと思うのよ。




表彰式で見せた、皇帝プルシェンコなりの抗議

バンクーバー五輪表彰式。

この時、3位の高橋大輔からコールされて、表彰台に上がっていくんだけど、

2位に終わったプルシェンコ。

TVでは見切れて(意図的にカメラがそらしたと思うわ笑)、映らなかったけど、

一瞬会場がざわついたのよね。

表彰台の真ん中に一旦のぼった後で、2位の立ち位置に飛び降りるパフォーマンスを見せて、

彼なりの抗議をして見せたのよ。

ミスタークワドと言われたエルヴィス・ストイコ氏は、

4回転を取り入れず優勝したアメリカのライサチェックは五輪金メダルに相応しくないと批判したわ。

この頃、4回転を男子で取り入れることはリスクを非常にリスクを伴っていたのよ。

ISUが定めた回転不足ルールが選手達の技術の進歩を止めた

4回転ジャンプに挑戦して回転不足認定をされたら、4回転の基礎点から出来栄えを減点すればいいのに、

3回転の基礎点から更に出来栄えで減点、という「二重減点」を取られて点が殆ど取れなくなってしまうという

不可解なルールがまかり通っていたのよね。

点数を積み上げていく採点方式の中では、選手たちはチャレンジしようとする意欲は薄れ、

レベルを下げた構成を組む選手たちが増えたわ。

お受験の世界で言えば「滑り止め」。だれも難関校にチャレンジしないもの。

あたしはね中学受験組だったんだけど、先生などにお止めなさい!と言われつつも、

見の程しらずな難関校ばかりお受験していたわよ。

まさにあたしはフィギュアでいう「4回転気質」だったのかしら?笑

4回転ジャンプに挑むことがどれだけリスキーか。

でもね、4回転を取り入れない選手が「楽」なのかと言えば決してそういうわけではないのよ。

高難度のジャンプを入れない分、他の要素や3回転ジャンプではミスすることが許されないのだもの。

それはそれでプレッシャーはあるわよね。

そもそもあたしが一番疑問なのは、何故選手がチャレンジした技に対しての、そこからの減点にとどめておかなかったのか?

4回転をミスしてしまっても4回転からの減点にすれば、

もっと選手たちは技術の進歩に目を向けて、どんどん先へと進んでいったと思うのよね。

もちろんあからさまな回転不足はどうかと思うけど、ギリギリの判定なんてナンセンスだわ。

怪我というリスクも伴うから一概にじゃあ4回転跳んで跳んで!とは言えない部分もあるのだけどね。

4回転論争の裏で見え隠れするISUの思惑とは?

4回転を入れる入れないでメダルがどうだ!

という話をしているんだけど、

優勝したライサチェックと2位のプルシェンコの得点差を見てほしいのよ。

その差はわずか、1.31点

これはどう見ても、4回転どうのこうのっていう点差じゃないわよ笑

この点差はどう見ても演技構成点が絡んでいるじゃない!

プロトコルを見てみると、

赤のマーカー(雑でごめんなさい!スマホを指でなぞるから、手が震えてまっすぐ引けないのよ笑)

プルシェンコの演技構成点の要素「つなぎ」が常軌を逸しているほど低い点数なのよ!

下は「5.0」から~上は「8.75」まで

これ尋常じゃないわよね!?

あたしはね、4回転論争の裏であまり公にならなかった、

この演技構成点にバンクーバーの順位のからくりと、ISUの思惑を感じずにはいられないのよ。

後編へつづく。




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート, プルシェンコ

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.