ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 浅田真央

投稿日:

史上最高の浅田真央!感動の伝説ソチフリーここに完結する!

皆様、今宵はいよいよ不定期で

お話してまいりました浅田真央ヒストリー、本日をもって完結致します!

最後に書きたかった、ずっとずっと温めてきた、

奇跡の4分間、伝説のソチフリー!

一緒に振り返っていきましょう!




真央に3‐3コンビネーションが帰ってきたのよ!

失意のショートから一変、独特の緊張感の中で、

フリー、ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」

のピアノの鍵盤を叩きつけるような音と共に幕を開けたのよね。

あたしは手を合わせて祈るように、でもね、

今まで良い時もそうでない時の真央もすべて見てきた、だから最後まで目を反らすことなく真央の全てを見届けたい!

祈るようにTV画面の前で正座して見ていたのよ。

冒頭のトリプルアクセル!

テイクオフに向かう時、あたしは思ったの。

あたしにひとつ困難なことが降りかかってでもいいから、このジャンプだけは神様成功させてください!

真央が今までどんな血の滲む練習を重ねて、

この日の為に、この一瞬のために懸けてきた夢のジャンプ、トリプルアクセルは決めてほしい!

タラソワ「アッ~~~ゥ!(よし!)」

見事な着氷!

今まで見てきた真央のトリプルアクセルの中でも一番良かった。

冷静に(当時は無理だったけど)このジャンプを振り返ると、

バンクーバーの時のジャンプと比べて、力が入りすぎずに、

加速してきたスピードを活かしたままよりスムーズに跳んでいるのよね!

同じトリプルアクセルではあるけれど、バンクーバーからの4年間、信夫コーチの元でジャンプをしっかり磨いて進化を見せてくれたのよ。

タラソワ「3-3決めたわ!今季初めてよ!!!」

真央の代名詞、3フリップ-3ループが帰ってきたわ!

あたし本当に嬉しくてね、真央のコンビネーションがいつからか、

ISUのクソルールで回転不足の厳格化とやらになってから、セカンドが2ループになるのを見ていて、

どこかコンビネーションジャンプに息苦しさを感じていたのよね。

真央がシニアデビューしてグランプリファイナル優勝まで勝ち上がった年、

あたしはこの3-3ジャンプに真央の才能と無限の可能性を感じて、ワクワク身震いが止まらなかった!

だからその時の感情が一気に押し寄せてきてね、もうここで号泣してしまったのよ。

まだ演技は序盤なのによ笑

ジャンプだけじゃない、真央の真骨頂はバランスの良さ!

どうしてもマスコミはジャンプだけを取り上げるけど、

真央は満知子も言うように、すべての要素においてバランスのとれた素晴らしいスケーターなのよ!

スピン、ステップ、スパイラル、そして繋ぎとそういった部分にも着目してほしいわね。

「鐘」の時もそうだったけど、

この首をくねらせるようなしなやかな動きがあたし、真央のツボなのよね!

タラソワの振付であることもよくわかるわ笑

ビールマンポジションもそうだけど、技のひとつひとつに、

気品があって、優雅さがあって、ドラマティックな芸術性を感じずにはいられないのよ。

さあ、行きなさい!怒涛の鬼ステップに真央の集大成を見た!

真央が苦手としているサルコウも見事に決まり、

このサルコウの前の威厳あるラフマニノフの曲調も大好き!

まさに女王のプログラムだもの。

3連続、3フリップー2ループ-2ループの時になんて、もうね、

あたしひとつひとつのジャンプの度に、

一緒になって身を持ち上げて頭ぴょこんてやってしまっていたわよ!

最後の3ループジャンプ決めた時に、

真央が力強く、片手を前に突き出すようなポーズが、彼女の渾身のガッツポーズに見えてね。

タラソワ「さあ、行きなさい!」

この言葉にすべてが込められていたと思うのよ。

真央がこれまで歩んできたフィギュアスケート人生、喜怒哀楽をすべて抱えてきたものを解き放って、翼を羽ばたかせて光あふれる未来へ進んでほしい!あたしは真央の背中に羽根が見えたわよ。

なに、この超絶ツイヅル!

この4股に広げたホップから着地してただちに始めるウィンドミル、すごく難しいのよね!

まさにタラソワが最後にプレゼントした、怒涛の鬼ステップだわ笑

トリプルアクセルを含めた6種類のジャンプすべて「8トリプル」決めた後に、このステップよ!

普通は倒れこんでしまうでしょう。

でも何故かぐんぐん加速しているように見えて、真央のどこにこんな底力があるんだろう!?

最後のスパイラルシークエンスの時に右端に映っている、

タラソワコーチのアシスタント、ジャンナ・フォレコーチが、

スパイラルに合わせて両手をパンと合わせるシーンが印象的でね。

タラソワ「彼女が頑張ってくれたこと、素晴らしい選手であることに、彼女が自分に打ち勝ったことに本当にありがとうと言いたい!」

このフィニッシュポーズがあまりにも美しくてね。

ショートがうまくいかなくて、どんな気持ちでフリー前夜を過ごしたのか。

それでも彼女はリンクに戻って来てくれて、今できる最高の演技を魅せてくれたのよ!

同じ時代に浅田真央というアスリートの演技をこの目に焼き付けることができたことを、本当に誇りに思うわ。

ぜひタラソワ解説のソチフリーをご覧くださいまし。

納得いかないルールとジャッジについて、、、

こちらが浅田真央フリーのプロトコルよ。

回転不足ルールってなんなのかしらね!?

今日は真央のフリーに浸っていたいから、あえて多くは書かないわ。

日を改めてまた吠えさせて頂きたいわよ。

こちらがフリーの順位表。

演技構成点(PCS)低すぎない!?

ソトニコワとキムヨナとの違いを「差」を教えてほしいわ。

まあ、この話もまた今度よ!

どんなに理不尽なルールだろうと採点だろうと、

これだけは言えるわ!

ソチのリンクで、

浅田真央の伝説のフリーが生まれたのよ!

皆様、最後までお読み頂き、どうもありがとうございました!

浅田真央ヒストリーですが、これで最後と言っておきながら、

またすぐにでも過去の紹介しきれていない演技を突然お話することもあることと思います。

それだけ良い演技はいつでも何度でも見たいのよ!笑




最後に期間限定2つの「春よ来い」ブログランキングバナー、

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!


フィギュアスケートランキング

皆の春を乗せて、天に願いを届ける、、、

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 浅田真央

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.