ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

羽生結弦の採点コラムからISU思惑のカラクリが見え始めたわ!

ブログ読者様より、

羽生結弦、演技点8点台のカラクリ。

という記事を野口美恵が書いているとお聞きして、

あんたファンが採点で揉めてる時に、今度は何書くのよ?って読んでみたら、

新ルールについていろいろと話しているのよね。でもルールよりも、

読んでいくうちに、ISU思惑のカラクリがあたしには見えたわ!笑




フィギュアは芸術でなくジャンプ技術重視!なISU

重大なエラーが2つあると……。

まず今季の運用規則変更の1つとして、「重大なエラーがあった場合の演技構成点の上限」が決められた。昨季のルール改正でも上限が決められたが、しっかりと運用されなかったため、さらに厳しい減点になったのだ。

重大なエラーとは「プログラムが中断され、構成や音楽との関係、連続性、流れるような美しさに影響を与えるもの」を指す。転倒は確実に含まれ、ステップアウトは演技の動きを途切れさせるようなものであれば、重大なエラーになる。

またトップスケーターからは大幅に得点が引きにくいというジャッジ心理も踏まえて、こう注意書きが加わった。

稚拙なスケーターから卓越したスケーターまで、あらゆるスケーターに適用」

つまりどんなに実力のある選手でも、ミスがあると演技構成点が抑えられてしまうことになったのだ。

そして今回、羽生選手はフリーの冒頭で、2つのステップアウトがあった。それぞれステップアウトで流れが途切れた。すぐに曲に追い付こうとして、いつもと違うステップが入り、わずかに音楽とのズレも生じた。

そのため多くのジャッジが「2つの重大なエラーの場合」を適用。この場合は、「『スケート技術』『つなぎ』『構成』は9.25点まで。『演技力』『音楽解釈』は8.75点まで」となる。

「形としては整っていたと思います」

今回の演技について羽生選手はこう振り返る。

「(前半ミスがあったので)後半は冷静に、詰まったトリプルアクセルはダブルにして、次のトリプルアクセルで3回転をつけてリカバリーすることも出来て、後半はプログラムとして形としては整っていたと思います」

羽生が言うとおり、冒頭2つミスはあったものの、そのあとは立て直してまとめた演技だった。2季前までなら、後半の演技をまとめたことを評価して、高い演技構成点も出せた。しかし新たなルールにより、いかに羽生が後半に良い演技をしても、9.25点と8.75点以下にしなければならない。

ジャッジスコアを見てみると、「演技」は6人のジャッジが8.75点をマーク。「音楽解釈」も5人が8.75点とした。このジャッジ心理を裏から読めば、「本当はもっと高い評価を出したいところだが、重大なエラーが2つあったため、最高点の8.75点にした」ということだ。

※Numebrより一部抜粋

https://number.bunshun.jp/articles/-/840783

まずISUの注意書きで、「稚拙なスケーター」って表現されるの?

これスケーターに失じゃない!?

ISUってスケーターを何だと思ってるの?

ちょっと話を進めるわね。

これ、ジャッジに対する批判ポスター@宇宙人のようだわ笑

全部おまえらの言いなりではないんだぞパンチ!

野口氏のいう重大なエラー2つがあると、「2つの重大なエラーの場合」が適用になる。

でも重大なエラーって、ほぼジャンプの転倒やステップアウトのことよね。

スケート技術」・「つなぎ」・「構成」は9.25点まで。「演技力」・「音楽解釈」は8.75点まで。

なんでジャンプミスで「演技力」と「音楽解釈」の点の方が減点度合いが高いの?

ジャンプでの重大なエラーなら減点すべきはスケート技術に直結するんじゃないの?

ジャンプミスが「演技力」やましてや「音楽の解釈」に影響するとはあたしは思えないんだけど。

これ皆様どう思うかしら!?

結局、そのスケーターが体現しようとしている表現力の美しさよりも、

ISUはジャンプ偏重主義を宣言しているようなものだわ。

少なくともあたしにはそう聞こえたけど。

羽生結弦が言う、確かな技術に裏打ちされた上に芸術や表現があるっていう理論に基づけば、

技術におもむきを置くならば、逆に「基礎」となるジャンプを厳しく減点を取るのではないの?

回転不足は厳しくなったの?緩くなったの?一体どっちよ!?

回転不足の判定は厳しくなった。

ここ2年で厳しくなったのが回転不足の判定だ。昨季から、「ぴったり4分の1回転不足」のグレーゾーンは、アウトになった。平昌五輪シーズンまではセーフだった。判定が厳しくなった分、今季から回転不足による基礎点減点は、すこし緩めて75%から80%になった。

羽生は今回、フリー中盤に4回転トウループを2本降りた。2本とも流れはあったが、回転不足の判定に。羽生自身はクリーンに降りたと感じていたため、記者から質問されて、驚いていた。

「ええ? トウループ2つとも、あれで回転不足? それで点数出ないのか。僕としては、普通に降りたなと思っていました。自分の感覚に疑問はないので深く考えません」

※Numebrより一部抜粋

https://number.bunshun.jp/articles/-/840783

以前の記事で、

 国際スケート連盟(ISU)は21日、フィギュアスケートで回転不足の範囲が4分の1以上、2分の1未満のジャンプについて、2019~20年シーズンから基礎点の80%を与えると発表した。これまでの75%から引き上げる。

回転不足の判定は18~19年シーズンにそれまでより厳しくなり、ちょうど4分の1回転足りない場合も回転不足となって基礎点が75%になっていた。ISUによると、判定を厳しくしたことで選手が難度の高いジャンプへの挑戦に足踏みするのを防ぐため、回転不足の基礎点を5%引き上げた。

※時事ドットコムより一部抜粋

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052201098&g=spo

回転不足の判定は結局厳しくなったの?緩くなったの?笑

判定が厳しくなった分、今季から回転不足による基礎点減点は、すこし緩めて75%から80%になった。

【4回転ジャンプの基礎点】

4トーループ 9.5
4サルコウ 9.7
4ループ 10.5
4フリップ 11.0
4ルッツ 11.5
4アクセル 12.5

【世界フィギュア2019プロトコル】

回転不足が厳しい、緩いなどではなく、

実戦で難度の高い4ルッツ、4フリップをプログラムに組み込んでくる構成がさらに有利になるということなのよね。

話を最初に戻すと、ISUは重大な(ジャンプ)エラーが2つあると点数の上限を決めて、

プログラムが中断され、構成や音楽との関係、連続性、流れるような美しさに影響を与えるもの

と表向きは真っ当なことを言っているようなルールを定めているけれども、

例えジャンプの失敗があろうが、演技全体を通してのプログラムの統一感というか、

構成、音楽との関係、連続性、流れるような美しさって損なわれないと思うのよね。

だってフィギュアってジャンプだけじゃないもの。

ジャンプが失敗しても表現力で目を見張るものだってあるわけでしょ。

それって、曲をより深く掘り下げて解釈をしているからこそじゃない。

そこに重大なエラーが適用されて、点数に上限を定めるってどうなのよ!?

あたしはどんな失敗だろうが、演技構成点の「表現」・「曲の解釈」に上限をつけることってナンセンスだと思うのよね。

ISUはまるでジャンプ技術だけ重視で、

ジャンプにだけ長けた選手を勝たせようとしている思惑にしか見えないのよね。

↓10月9日発売フィギュアスケートLife予約受付中よ↓

皆様、最後までお読み頂き、ありがとうございます。

共感頂けることがあれば、ぜひ下のブログバナーをポチッとお願いします。




【皆様のおかげです!心から感謝】

羽生結弦と紀平梨花のブログランキングバナー、

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です!】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村は第3位です!】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.