スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

本音かしら?安藤美姫の4回転ジャンプを増やせば発言について

皆様、こんばんは。

スケートカナダで素晴らしい演技で見事に優勝した羽生結弦。

マスコミはお約束のように、ここぞとばかりに

ネイサン・チェンとの世界最高得点「わずか1点」の差をあ~だ、こ~だと。

結局はジャンプ対決に持っていきたいだけなのよね、、、




フィギュアスケートはジャンプだけを競う競技では決してないはずよ!

安藤美姫 羽生結弦VSネイサン・チェンに「羽生選手はもう1本4回転をやれば競り合える」

フィギュアスケート元世界女王で、プロスケーターの安藤美姫(31)が28日放送のフジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に生出演。フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダの男子で、自己最高得点を更新して初制覇を果たした羽生結弦(24=ANA)についてコメントした。
キャスターの小倉智昭氏(72)が「羽生君はすごくいい演技したと思うんですけど、自己ベスト出してもネイサン・チェンの最高得点までいかなかったじゃないですか。やっぱりジャンプを跳ばなきゃだめだっていうこのフィギュアはどうにかなりませんかね」と聞くと、安藤は「ネイサン・チェン選手はもちろんルッツとかフリップという高難度の4回転をやるんですけど、それ以外のところが強いんですね」と説明した。

その上で「5コンポーネンツだったり、エッジワークだったり、表現力だったりというところが羽生選手と同じように高い点数が出るので、羽生選手はサルコー2本だったらいけるんじゃないかって思っています。もう1本4回転をやれば確実に近い点数で競り合える」と分析した。

また、5回転時代の到来については「まず4回転―4回転、コンビネーションだと思います。宇野選手がトリプルアクセル―4回転トー(ループ)をやっているので」とし、「5回転の前に4回転半がきて、4回転―4回転のコンビネーションで5回転じゃないかな」と予想していた。

※スポニチより一部抜粋

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/28/kiji/20191028s00041000215000c.html

まず小倉氏は羽生結弦の演技やインタビューをちゃんと見てないでしょ!

自己ベストを出したとはいえ、本人もまだ20~30%の出来というように、

ループの着氷だったり、ステップの取りこぼしであったわ。

そしてまだ本人が完成形というすべての構成が入ってないじゃない。

それを踏まえた上での世界最高得点に届かないなの?

そして安藤美姫の「もう1本4回転をやれば確実に近い点数で競り合える」

これはテレビ用の建て前?

プロデューサーに、ネイサンVS羽生結弦の構図を強調するように言われたかしら?笑

それともプロフィギュアスケーターとしての本音の見解?

あたしは前者であってほしいわね。

ネイサン・チェンはジャンプの前の繋ぎを抑える代わりに、

シンプルながらも、ダイナミックなジャンプを跳ぶ素晴らしいスケーターよ。

高難度の人間の限界に挑戦するスケーターだわ。

でもね、羽生結弦はジャンプを演技の一部として捉え、複雑な繋ぎや豊かな表現力で、

演技全体をひとつのストーリーとして魅せるスケーター。

あたしはふたりを比較する必要性は全くないし、

安藤美姫の言う、ふたりの間を埋めるものは「4回転ジャンプの差」とは違うと思うのよね。そもそも方向性が違うんだから比較するのはナンセンスよ。

論点をジャンプに持っていくのではなく、

毎回採点基準が違い、要素の加点や、理不尽な演技構成点など、

今の採点ルールへの疑問を呈する発言であれば、安藤美姫よくぞ言ってくれた!と舌を巻いて絶賛していたわ笑

女子の4回転時代では的を得た発言も!

 安藤は女子選手が4回転ジャンプを跳ぶようになった背景について「今の時代、トリプル―トリプルっていうコンビネーションジャンプは、ほぼ全ての選手、トップ以外の選手もやってくるので、その中で勝ち抜くためには、という思考が大きい。それでトリプルアクセルや4回転にチャレンジする女子選手が増えたのかなと思います」と分析した。

3種類の4回転ジャンプを跳ぶことができるアレクサンドラ・トルソワ(15=ロシア)がトリプルアクセルを跳ばないことには「跳べないのではなくて、4回転の方が確率がいいんだと思います」と言い、「私もそうだったんですけど、アクセルも跳べるんですが、4回転の方が好き、フィーリング、タイミングだったりとかが。もしかしてトルソワ選手もアクセルを跳べるけれども、4回転の方が確率がいいってことで4回転に特化してるんじゃないかと勝手に思っています」と自らの経験を踏まえて話した。

キャスターの小倉智昭氏(72)が「成長して体が大きくなった時に4回転をそのまま跳べるかなあ、なんて心配もあるんですけど、大体シニアの選手が4回転時代だって言って足を痛めたりする人が多くならないかなってそれが心配」と言うと、「トルソワ選手はもうすでに身長が伸びていまして、紀平選手よりももう高くなって。私、夏にもお会いしたんですけど、その時よりもグンと伸びていて今の技術を保っているっていうのと、あと4回転を回数的にすごく制限して練習されている。それプラス体のメンテナンスもきっとすごくされていると思いますので、そこが調整できればケガにはつながらないジャンプなのでうまく付き合っているのではないかと思います」と解説した。

また、ロシアに4回転を跳べる選手が多いことに「トリプル―トリプルっていうコンビネーションはもうマスト。それで同じ土俵で戦うにはどこで一歩上に行くかっていうところでトリプルアクセル、4回転。みんな同じコーチの下、小さい頃から競り合っている選手なので、単純に“勝つぞ”という気持ちが大きい。“この選手より私がうまくなる”と切磋琢磨(せっさたくま)するっていうところがすごく大きいと思います」と話した。そして「4回転を跳べるから強いというわけでなくて、ザキトワ選手は4回転もトリプルアクセルもない中、なぜ勝てるかっていうところで、やはり演技構成点のところの評価が高いのと、一つ一つジャンプ以外ステップだったりスピンとかのGOE(出来栄え点)がすごくつくんです」と説明した。

一方、紀平梨花(17=関大KFSC)の4回転ジャンプについて「すごい才能のある選手なので、このままコツコツ練習していけば4回転の確率も上がってくる。まだちょっと回転が足りないのでそこは微調整をしながら」と言い、「私の意見としては、トルソワ選手のように2種類3種類の4回転をボンってやられると4回転を入れても難しいところはあると思うんですね。ただスケートアメリカでルッツを2本入れたシェルバコワ選手にはまだトリプルアクセル2本で勝てると思います。トータル的に紀平選手の方が洗練されている部分がありますし、ショートでもトリプルアクセルを跳ぶのは強みではある。でもトルソワ選手に勝とうとするともしかしたら難しいのかな」と自らの見解を示した。

※スポニチより一部抜粋

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/28/kiji/20191028s00041000227000c.html

「トータル的に紀平選手の方が洗練されている部分がありますし」

やだ、こんどはまともな事言ってるわ、安藤クレオパトラ美姫!笑

確かにトゥルソワはジャンプ特化型のように報道されてしまって、あたしアメリカの解説者がね、

「ジャンピングマシーン!」ってフリーの演技後に言っていたの聞いて、

なんかそれもどうなのよ?って思っていたんだけど、

やっぱり女子フィギュアは華やかさもあって、表現力の美しさも評価してほしいところなのよね。

【2004世界フィギュア、サーシャ・コーエンショート動画】

あたしが何度か記事でも取り上げているんだけども、コーエンのマラゲーニャ。

あたしの中では史上最高のショートよ!

技術と表現のバランスのとれた「フィギュアの美」を体現しているのよね。

そして安藤美姫も言うように、紀平梨花はひとつひとつの要素が非常に洗練されていてエレガント!

実はジャンプ以外のところにも彼女の良さってたくさんあると思う。

今季のフリーの音源はその良さがどこまで伝わるか難しい曲ではあるけれどね。

マスコミが4回転ジャンプにスポットを当てていく中で、

フィギュアスケートの美しさは違うところにもあることを強調してくれるコメンテーターが出て来てくれれば、世間の認識も少しは変わってくるのにと思ってみたり。

フィギュアスケートってジャンプ大会じゃないですから。

それにしても、あたしもトリプルアクセル跳べたんですがって、

ちゃっかりアピールを入れているクレオパトラ、さすがだわね笑

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下のブログバナーをクリックして頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング】


フィギュアスケートランキング

瞳を閉じたOtonal美に酔いしれたままポチっと!

【ブログ村】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

美しすぎるOrigin美のポーズにポチっと!

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.