スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

苦言!ISUとスケ連に羽生結弦は守られていない!ロシアメディア

皆様、こんにちは。

大晦日、大掃除や新年に向けてのご準備などはお済になられましたか?

先日読者様よりお教え頂いた、ロシアメディアの羽生結弦の過密スケジュールについての報道を

ロシア語の自動翻訳ですが、こちらでご紹介致しますね。

日本語変ですが、敢えてそのままニュアンスだけでも感じて頂けたら、、、




ロシアメディアまでがISUとスケ連に守られていないと苦言を

疲れ果てた結弦は文字通りジャンプから自分を絞り出した。しかし、このパフォーマンスの理由は明らかです。アスリートはレモンのように絞られています。月あたりのフライト:カナダ-日本カナダ-トリノ-カナダ-日本。

今、彼らはこれが彼のキャリアの終わりの始まりであることを至る所に書いています。彼がネイサンを決して迂回しないこと。

はい、彼は若くて健康になりません。彼の体は、ネイサンの体よりも1.5オリンピックサイクル消耗しています。

彼は正しいジャンプテクニックを持っていますが、より経済的な不正行為ではなく、少ない労力でマルチクワッドプログラムを展開できます。

彼は喘息患者で、プログラムの後半を展開するのに苦労しています。彼はすべて壊れており、健康な靭帯を持つことはありません。

彼はISUまたはネイティブフェデレーション(日本スケート連盟)のいずれにもサポートされていません。

しかし、そのような条件下では、彼は競争し続け、より複雑になり続けています。

彼は4倍のルッツを復元し、4倍のrittbergerをジャンプします。史上初めて、2回のオリンピックに勝った古くからのアスリートは、既存のものの保持に従わないが、合併症の経路に沿っている。したがって、これで終わりではありません。

彼の敗北について、結弦はこれが「継続的な苦痛の期間」であると言った。誰もが彼はすでに伝説であり、すべてを証明したと彼に言います。しかし、これは彼にとって十分ではありません。

彼によると、彼は過去の勝利で生きているある種の化石にはなりたくないが、前進して勝ちたいと思っており、彼の栄光にとどまることはしたくない。

彼はワールドカップでジャンプしたい4つのアクセル。彼の次のスタートは、ネイサンがいない4大陸のチャンピオンシップになりますが、ショーマがあります。

ゆずるは、この2か月間に4重アクセルを着陸できたら、チェカでそれを実行すると言います。しかし、主な目標は世界選手権です。

頑張って武士。彼の主な夢が叶いますように!

※ロシア記事より一部抜粋、翻訳

https://zen.yandex.ru/media/figureskating_gymnastic/iudzuru-haniu-o-porajeniiah-v-etom-sezone-eto-period-sploshnyh-muchenii-5e02897234808200b1fdd182

ロシアメディアは彼の今シーズンの過密スケジュール、そして移動の大変さであることもきちんと言葉にし、

また健康に大きな影響を与えていることもしっかり伝えているのよね。

そして、はっきりとISUと日本スケート連盟にサポートされていない、守られていないと!

日本のメディアでこの言葉を上げてくれたところがあったかしら?

ゼロよね。

日本のメディアが真実を伝えないことがどれだけおかしなことか、、、

頑張って武士!彼の夢が叶いますように、、、

そして文章の締めくくりに、

「頑張って武士。彼の主な夢が叶いますように!」

武士という翻訳に深い意味を感じてしまったのよね。

まるで彼を取り巻く周りの大人たちは戦場ですべて敵のように見えてしまうから。

「長いものに巻かれろ!」の日本のメディアの姿勢はダメよ!そしてスケーターは何も言い返さないのをわかっているのを良いことに、どんどんスケーターにとってのネガティブな話題ばかりを記事にする。それが読者達に「読まれる記事」と勘違いしている。

腹立たしいのは、ファンが読むと怒りを買うのをわかってて、書いているところ。

そうすれば拡散されて、ある意味メディアの思う壺なのよね。

なんだか大晦日なのに、メディアはスケート界でも離婚だの、芸能界でも離婚、グループ脱退などのニュースばかり。

来年の「リンクの中の展望」でも書いていてくれた方が内容云々は置いといて、よっぽどいいわね。

いつもブログをご覧下さって本当にありがとうございます。

皆様のお陰でブログランキング素晴らしい順位にいることができています。

本当に感謝しております!

ぜひ下のバナー2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第8位です】

フィギュアスケートランキング

皆の期待が結晶となり空へ舞う!

【ブログ村第2位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

圧倒的なOtonal美、、、

-フィギュアスケート, 羽生結弦


 

愛のオネエサロン

  1. まどか 2019年12月31日 12:02 PM

    こんにちわm(_ _)m

    敢えて自動翻訳のニュアンス、の意味、分かりました。なんかジーンときますね。普通の文章より伝わるものあったりして。
    「彼は過去の勝利で生きているある種の化石にはなりたくないが、前進して勝ちたいと思っており、彼の栄光にとどまることはしたくない」←これこれ!これが羽生結弦という人なのですよね!前進あるのみ!来年もどうか飛翔の年となりますよう…。
    それにしても最近こちらでも話題になる喘息については心配なところです…。

  2. おばちゃん 2019年12月31日 12:39 PM

    オネエさま ロシア記事翻訳でありがとうございます!
    自動翻訳でも充分伝わりました、先のアナザーストーリー(ハビで毎回泣ける)の記事といい小掃除を済ませホッと一息にピッタリの良記事ですね(^.^)
    フィギュアは野球やサッカー、テニスなどのように広い人気のあるスポーツではありませんから、メディアの扱いヒトツで印象操作されがち やんなるわ。
    選手に寄り添った、誠実な記事が望まれます。
    今年もあと数時間、今年はオネエさまのブログにも出会いフィギュアライフが一層楽しい時間となりました。クスッと笑えたり、ワクワク出来る、憤ったり、胸が締め付けられたり、そんな時間をサロンの皆さま共々分かち合えた年でした。
    羽生結弦選手に感謝、新たな活躍を初詣でお祈りします!

    そして…キスクラ選手権〜、紅白共々楽しみにしてまーす 笑
    そして…四大陸ツアー、hisに申込んだけどチケットの手配の予定がたち次第⁉︎ツアー成立までお待ちくださいと(^_^; 1500人待ちです!

  3. ミントブルー 2019年12月31日 12:48 PM

    こんにちは
    記事のご紹介ありがとうございます。
    日本では誰も言わないからおねえさまがご紹介くださると嬉しいです。
    世間の人達にも1人でも知る人が増える事を願います。
    もう涙が出そうです。
    締めくくりが素晴らしいですね。
    羽生くんはまさに武士、侍魂を持った人ですよね。
    ダメダメな日本人メディアやアンチが多い日本ですが、正しく見れる日本人が出来る事は何でしょうか?
    ごめんなさい、私個人は精一杯応援することしか出来ません。
    羽生くんは全てわかって悟って動いているのがわかるのが、また切ないです。
    それでも礼を尽くす姿がまたまた侍だなぁ。

  4. 千聖 2019年12月31日 1:13 PM

    オネエ様

    あえてそのままニュアンス、ありがとうございます。伝わりますよ、もう「なんで…」をずっと繰り返してます。自分が眠れなくなるほど悔しくなったのは単に彼が2位だったからじゃない…
    全て理解した上でそれでも死力を尽くし、周囲への礼を尽くし、後輩に自分と同じ思いをさせぬように深く気遣う、笑顔で観客を楽しませる彼がかなしくていとおしいです。改めて。
    「彼はすべて壊れており、健康な靭帯を持つことはありません」…感動をありがとうなんてもう、言えません。何だか気持ちがまとまらず、とりとめのないコメントになってしまい申し訳ないです。

  5. もみじ 2019年12月31日 3:29 PM

    オネエ様皆様こんにちは。今年最後の掃除、夕食の準備が終わって、ちょっと休憩に、オネエ様のブログへ。皆様がおっしゃってくださってるように、全日本選手権が終わって、悲しくて、切なくて、何もする気がおこならくて、落ち込んだのは、ゆづ様が、優勝できなかっただけではないのですよね。ぼちぼちの身体で、気を振り絞って、頑張っても、ひどいジャッジにあい、点数がでない、優勝を逃しても、ちゃんと後輩を讃える、こんな人いません。日本スケート連盟は、どこに向かって行ってるんでしょうか。9人のジャッジのうち、7人は、先輩のコ-チと深いつながりの方とか、思い通りの結果で喜んでいるんでしょうか。もう全部AIの採点にしていただけないかしら。今日、最後の1日だから、言わせていただきました。もう、数時間しかありませんね。来年は、どんな一年になるでしょうか。良い年になればいいなあ。オネエ様皆様良いお年をお迎えください。

  6. もみじ 2019年12月31日 3:31 PM

    すみません、ボロボロの身体です。間違えました。

  7. マシュウ 2019年12月31日 4:11 PM

    こんにちは!
    もう今日は何もすることがなく、実家でのんびりしています。
    全日本フィギュア、録画を編集しながら見返しましたが、ほんとに羽生さんお疲れ様としか言葉がみつかりません。どんな状態だったか想像も難しいですが、SPで素晴らしいオトナルを見せてくれ、FSも諦めずにジャンプに挑んでくれました。でも大会自体、商業的ニオイがプンプンのお祭りでしたね。そこを目指してきた選手たちには、失礼では?と感じることもありました。
    居場所があるか不安だったり、必須であたり、日本語ばかりで緊張したり…そういうことを機会あるごとに発言して、少しでも軽くなってと思います。フィギュア界に疑問をもつ人が増えるかもしれないから…。そこを叩くようなメディアが出てきたら、どんだけー!ですよね。

  8. あじさい 2019年12月31日 5:43 PM

    こんばんは
    オネエ様 皆様 どのような31日をお過ごしですか? 
    この記事を読んで何だか感謝の気持が湧いて来ました。書かざるを得ない雰囲気を海外にいてもくみとって下さり 羽生君が壊れてしまったらどうするんだ…と言う心配が伝わって来ます。
    この前発売になったゲーテに羽生君は自己投資の王者である…と書いてありました。自分の演技を進化していくために スケートに関係することの中から 必要だと思う事を貪欲に選び 理想に近づきたいと言う明確な目的を失わない。理想に近づくとまたハードルを上げて行く。本当に真のアスリートの姿ではないでしょうか?
    しかしこれをできるメンタルは誰でもマネ出来ない。だからこそ羽生君は世界の宝なんですよね。年の最後にこの記事を読んで 来年も力強く応援するぞ!と心した私です^_^
    三が日は駅伝三昧の予定です。
    オネエ様 皆様 楽しい時間を共にして下さってありがとうございました!素敵な新年をお迎え下さいね〜‼︎

  9. マルタ 2019年12月31日 6:27 PM

    Tomoさん、大晦日の夜、いかがお過ごしですか。
    今年もフィギュアは話題満載、そしてモヤモヤもいっぱいの1年でした。1人では抱えきれない喜び、失望などをこちらのブログ、サロンの皆様のコメントで共有しあえたこと、本当に有難かったです。怒濤の更新もお疲れ様でした。

    羽生くんが心身共にゆっくり休み、幸せな年末年始をご家族と送れている事を祈るばかりです。
    来年もフィギュア愛溢れるブログ、楽しみにしています。
    Tomoさん、サロンの皆様、来年もよろしくお願いします!良いお年を~❤

  10. ANA 2020年1月2日 7:31 AM

    こんにちは、お姉さん。
    結局、羽生くんは物凄く賢く強いのに、一分の羽生ファンが強烈に⚫⚫で、自分に悪い所があるのを認めることが出来ないから、羽生くんまで石投げられてる所があると思います。
    プーさんも国旗もバナーもやり過ぎです。海外解説聞けば、引いてるのわかりますよね。オバチャンがキャーキャーいうのも、完全に痛い高齢オタクです。

    もし羽生くんだったら、悪い所があれば、速攻で次の試合では修正してきます。彼は完璧な存在に見えますが、自分が未完成な存在だと分かっている。常に努力を重ね、強く美しくある為に理不尽さえ糧にする。
    それが一部の羽生ファンは、羽生くんの完璧性に甘えきり、自分を羽生くんのような完璧な存在だと勘違いして暴走します。
    (マオタやデーオタは、これの何十倍も酷く悪質でしたが)

    今回はこのロシア記事から、理不尽な後輩叩き・全員応援は本当のファンじゃないとか・ジャッジを妄想で叩く(高橋選手やそのコーチと仲がいいジャッジだから、悪いに決まってる!みたいな)、情けない羽生ブロガーが目立ちます。ジャンプの検証を、平等に丁寧にやっているならわかりますが。

    羽生くんも25歳で、怪我もあります。これから辛い状況がもっとまっているかもしれない。
    ファンには、勝とうが負けようが、現実の羽生結弦を、シッカリと愛情深く支え切る覚悟が必要です。
    羽生くんが苦しんでいる時こそ、ファンの出番です。

    自己満足なプーさんシャワーは卒業、オタクも卒業、後輩への嫉妬も卒業、自分を磨いて、羽生くんの演技に感想や励ましをもっともっと増やして欲しい(羽生くんはYouTubeみてるみたいなのに、YouTubeに感想少ないですよ!)

    羽生くんが、「おれのファンくらい素晴らしいファンはいない!」って、堂々といえるようなファンを目指してほしい。羽生くんという、素晴らしいお手本が、目の前にいるのだから。

    • オネエ 2020年1月3日 10:30 AM

      >ANA様

      ANAさん、はじめまして。
      コメントどうもありがとうございます。
      他のブログは見ることがないので、よくわからないのですが、
      「全員応援は本当のファンじゃない」これは余計なお世話だなって思います。
      フィギュアが好きで、演技が好きで様々な選手を応援したいを否定したりする権利は全くないはずですし、
      誰が誰を応援しようなんてよその家の塀を勝手に超えて庭に土足で踏み込むようなことです。
      他の人をどうのこうの非難することなんて、理解に苦しみます。

  11. nao 2020年1月3日 9:08 PM

    おネエさん、初めまして。
    いつも、愛のあるブログを楽しく読ませていただいています。
    ありがとうございます。
    私も羽生選手が大好きで、ソチオリンピックの時から応援しています。
    彼のスケートはもちろんですが、生き方が10代の頃から驚く程に素晴らしく、
    人生を半世紀近く生きてきた私も幾度も心を洗われてきました。
    彼は分かっていると思います。
    世の中は理不尽なことだらけであると。
    私が個人的に思うのは、彼にとって一番理不尽に感じたこと、
    それは東日本大震災であったのではないでしょうか。
    色々なものを失いかけて、様々なことに葛藤し、それでも自分に出来る事は
    スケートだと大きな目標を掲げて立ち上がった姿。
    ソチで金メダルを取っても、すぐには復興に役立つわけではないと感じた無力感。
    それでも、その後、事故やケガ、病気を経験しながらも試合に出続けた忍耐強さ。
    今回もGPFではコーチ不在のアクシデントに見舞われたり。
    彼が、試合前のインタビューで、
    「色々な事が起きると思うが、それらを全て乗り越えられたら」
    というような事を言っていて、アクシデントの事を知らなかった私は
    なんだか意味深な言葉だなと思った事を覚えています。
    あの時、既に彼にはアクシデントが起きていて、全てを乗り越える覚悟をしていたのですね。
    理不尽な事も含め、逆境に立たされた時ほど、乗り越えて強くなろうとするのが
    羽生選手。課題を学びと捉え、そのことをむしろ喜びの材料とする、
    ピンチをチャンスに変える力を持っている「本物の人物」であると
    思います。
    私も1ファンとして、彼の身体の状態が本当に心配になります。
    年齢のこともありますし、右足首の状態も。もう大好きなスケートを
    滑れなくなってしまうのではと。
    それでも、大ケガのことも原因になったルッツやループを強く美しく決めたあの勇姿!
    あれこそが羽生選手なのでしょう。
    全日本選手権で上手くいかなかった事を、健康管理も含めて、彼と彼のチームは
    しっかりと対策をし、きっと良い方向に改善していくことでしょう。
    彼には理不尽な事があっても試練があっても、彼を手助けしてくれる多くの味方が
    いると思います。
    きっと、この先も理想のスケートを実現するため、そして勝つために競技を
    続けていかれると思います。
    彼が競技で勝ちたい理由、それは彼自身の喜びであると同時に、
    東日本大震災で被災した方々へ向けた負けないで欲しいというメッセージでも
    あるように感じます。
    きっと羽生選手なら大丈夫でしょう。

    • オネエ 2020年1月4日 8:44 PM

      >nao様

      naoさん、はじめまして。
      いつもブログをご覧頂き、本当にありがとうございます。
      羽生結弦の生き方は全くブレないですよね。
      芯の強さがあります。様々な理不尽なことも理解した上で、
      何も言い訳せずに前を向く姿に魅せられ続けています。
      これからも一緒に応援していきましょうね!

  12. nao 2020年1月3日 11:34 PM

    おネエさん、初めまして。
    いつも、愛のあるブログ、楽しく読ませていただいています。
    ありがとうございます。
    私もソチオリンピックからの羽生選手の大ファンの1人です。
    彼のスケートはもちろんですが、10代の頃から生き方が本当に素晴らしく、
    半世紀近く生きてきた私も幾度も心を洗われてきました。
    彼は全てわかっていると思います。
    世の中は理不尽だらけだということを。
    私が個人的に思うことではありますが、彼にとって一番理不尽だと思ったのは、
    東日本大震災ではないかと。
    色々なものを失いかけて葛藤した苦しい日々。それでも自分に出来る事はスケートだと
    大きな目標と決意を抱いて立ち上がった16歳のあの日。
    様々な困難を乗り越え、見事、ソチオリンピックで優勝するも、
    この金メダルがすぐに復興に役立つわけではないと感じた無力感。
    それでも、その後、さらなる困難を乗り越え見事に掴んだ平昌での
    金メダル。
    物事を成し遂げるため、茨の道を通って来た羽生選手。
    試練も課題も理不尽な事も学びと捉え、むしろ自身が成長するための
    糧とする、喜びとさえ感じるような人間性、そして必ず結果を出す素晴らしさ。
    彼が「本物の人物」であることを示しているように思います。
    先日のグランプリファイナルで、試合前に彼が、
    「色々な事が起きると思う。それらを全て乗り越えたい」
    というような事を言っていたのを聞き、なんだか意味深だなと思いました。
    実はあの時、既にコーチ不在のアクシデントが起きていて、
    何があっても全て乗り越えて勝利するのだという覚悟があったのだなと。
    でも、そんな状況にも負けず、フリーでは大ケガの原因となった
    ルッツとループを鮮やかに決めて勇姿を見せてくれました。
    まさに、これが羽生選手だなと思わせる場面でした。
    もちろん、ファンとしては彼の身体の事が、すごく心配です。
    全日本選手権では、調整が難しく「日に日に身体が劣化していく感じ」と
    いう言葉にショックで、あの夜は一睡もできませんでした。
    もう、大好きなスケートを滑れなくなってしまうのではと。
    気持ちが落ち着くまで少し時間がかかりましたけど・・・。
    でも、きっと、彼なら今回上手くいかなかった事を、健康管理も含め、
    彼のチームと共にしっかりと検証し対策をしていくことでしょう。
    理不尽な事があっても、彼には心強い味方がたくさんいて、
    きっと素晴らしいサポートをしてくれていると思います。
    そして彼は負ける事が何よりも嫌いです。
    自身が理想とするスケート、そして勝利を掴むまで、
    きっと、これからも進み続けていかれることでしょう。
    勝つこと、これは彼自身の喜びでもありますが、
    震災で被災された方々への「負けないで」というメッセージも
    込められているのだと思います。
    理不尽な事があっても希望を持って欲しいと。
    その方々の笑顔を見て自身の喜びとする、こんな素敵な人に
    天が味方をしないわけがありません。
    羽生選手にとっては、まだ続くこの道。この先に、もっと大きな喜びが待っていることを
    信じて、これからも応援していきたいと思います。

  13. nao 2020年1月3日 11:44 PM

    おネエさん、先程お送りしたメール、初めてのことで
    一通目の送信に失敗したと思い、書き直したものを
    送ってしまいました。
    一通目のものを思いだしながら、少し変えた部分もあり
    お恥ずかしい限りです。
    長いものを2通もお送りしてしまい大変失礼しました。

    • オネエ 2020年1月4日 8:46 PM

      >nao様

      naoさん、決して謝らないでくださいね。
      愛あるコメント、本当に嬉しく思います。
      そして貴重なお時間を割いてくださっていることに感謝しています!
      naoさんの想い、しっかり伝わっています!

  14. nao 2020年1月4日 9:11 PM

    おネエさん、温かいお言葉ありがとうございました!
    これからも、おネエさんのブログを楽しませていただきながら、
    羽生選手を共に応援していきたいと思います。

    • オネエ 2020年1月6日 8:31 PM

      >nao様

      naoさん、コメントありがとうございます。
      こちらこそ、またいつでも想いが募る時にでもコメント頂けたら、
      嬉しく思います。一緒に応援していきましょうね!

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.