スポンサーリンク

スポンサーリンク

アリョーナ・コストルナヤ フィギュアスケート 紀平梨花

投稿日:

ジャンプへの疑問を指摘!女子フィギュア4回転時代のこれからは?

皆さん、こんにちは。

ドーナツスピンマイスターの中野友加里氏が、現在の女子フィギュアの4回転時代のプレロテについて的確な指摘をしているインタビュー。

彼女の言葉自体はとても興味深く、考えさせられる素晴らしいものだったので、ここでご紹介させて頂くわね。




女子4回転時代のプレロテジャンプを指摘!中野友加里氏インタビュー

中野友加里が語る女子4回転時代の技術。「次元が違うジャンプ」とは

女子フィギュアはこの1シーズンで、技術的な部分ががらりと変わってしまいました。まさか女子でも4回転を跳ばないと勝てない時代になるとは思いませんでした。3回転を跳んだら次は3回転+3回転、その次がトリプルアクセルというのが、これまでの一般的なステップアップでしたが、それを飛び越えて、何種類もの4回転を跳ぶ選手が出てきました。

ロシアの女子選手が台頭した一番の理由は、それがまさに「ロシア勢」だったことにあると思います。4回転を跳べば勝てるという考えが生まれ、ひとり成功すると、同じリンクで練習している選手は「私も跳べるかも」と思うようになります。身近にお手本となる選手がいることが大きいのです。新しい種類のジャンプを跳ぼうという欲も生まれます。

もちろん、若いうちから徹底した指導を受けることの恩恵もあります。特に女性は、少女から大人の身体に変化すると、高難度のジャンプは跳びにくくなります。身体が出来上がる前に、技術を体に染み込ませる指導をすることで、大技を身につけることができます。何と言っても練習量がすごい。私たちの頃は、地上での練習といえば筋トレとバレエぐらいでしたが、いまは地上で回転する練習も当たり前のように行なわれています。

女子選手の4回転を見ていると、高さのあるジャンプではなく、回転速度をうまく使ったジャンプだと感じます。身体が細いことをうまく利用して、糸のように回るイメージで、少女らしい小柄な体型を生かしたジャンプです。

そんななかで、アンナ・シェルバコワ選手とアレクサンドラ・トゥルソワ選手は、小さいながらも力で跳んでいるように見えます。それを試合本番でできるのは、やはり相当な鍛錬を積んでいるからに違いありません。

彼女たちは、体格的にもいまが一番いい状態なのでしょう。

ただしそのジャンプは、跳び上がるのと同時に回り始める、もっと言えば、回りながら跳び上がるようなところがあります。いい悪いは別として、それを身につければ4回転を回り切れる可能性は高くなります。逆に判定でそれを「回転不足」と厳しく取られるようになると、何らかの対応をしなければならなくなるでしょう。

それに対して、アリョーナ・コストルナヤ選手のトリプルアクセルは、次元が違います。4回転が入らないショートプログラムでの群を抜いた高得点にそれが表われていますが、高さ、幅、回転速度が、すべて理にかなっている。それをいとも簡単に跳ぶことができるというのは、天性の才能だと思います。

彼女に関して言えば、そのスピードにも衝撃を受けました。

プログラム全体でスピードに乗りっぱなしで、こんな女子選手は昨今、見たことがありません。

才能をうまく生かしたスケーティングの質です。ジャンプをしても失速することがないので、流れを壊さずに、トリプルアクセルをプログラムの一部として跳ぶことができています。ライバルが4回転を跳んでも勝てるだけのものを持っているのです。

一方、紀平梨花選手は、教科書に載っているお手本のようなトリプルアクセルを跳びます。

一番すばらしいのは軌道。トリプルアクセルを跳ぼうとすると、「回らなきゃ、回らなきゃ」と、中に入ろうとする意識が働くのですが、彼女は回り込まず、真正面を向いて、跳び上がってから回転しています。それほど高さのあるジャンプではありませんが、幅を使って、スピードを落とすことなく、リズミカルに跳び上がります。軌道が美しく、空中の姿勢もすばらしいです。

紀平選手は4回転サルコウも正統的な跳び方をしています。きっと、成功すると見栄えのいいジャンプになります。もっと力がついてきたら、高さ、迫力も出てくるのではないかという気がします。

※Sportivaより一部引用

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/figure/2020/03/23/post_15/index.php

まず女子の4回転に対して、回りながら跳び上がるプレロテをズバッと指摘しているわよね。

これはスケーターが悪いのではなく、ISUがルールとして減点対象にしないところが一番の問題よね。

女子の場合、プレロテを厳しく判定するようになると、4回転をきちんと跳べる選手は紀平梨花のみになってしまうような気がするわね。

もちろんジャンプ技術を高いレベルに押し上げていくことは素晴らしいし、

その為の努力も大変なことだと思うのよ。

だから、あくまでそれをすべて審査するジャッジがきちんとしたガイドラインを示していかないと、同じジャンプでも得点差にバラツキが出てしまうのよね。

もっと内部からジャンプについての指摘が多く出てくると、ISUは動くのかしらね?

「プログラム全体でスピードに乗りっぱなしで、こんな女子選手は昨今、見たことがありません」

コストルナヤの才能に、「次元が違う」と友加里も驚愕よね。

そして、正統的なジャンプを跳ぶ紀平梨花についても高い評価をしているわよね。

あたしの希望は、このふたりは4回転なしで、出来れば勝負を続けていってほしいのよね、フィギュアスケート本来の美しさを保ったままね。

中止になってしまった世界フィギュアで、このふたりの対決とトルソワ、シェルバコワを交えた結果が、

どのような位置づけになるのか、非常に興味深かったのよね。

いずれにせよ、この4人がしばらく女子フィギュア界を牽引していくのは間違いなさそうね。

ワリエワがシニアに上がってきたら、どうなるのかしら?笑

☆合わせてお読み頂きたい世界フィギュアの展望を描いていた記事よ☆

世界フィギュア勝てるのか?紀平梨花がロシア最強娘達に挑む!

エテリガールズからまた11歳ジリナという新たな才能が!3アクセルを成功!

エテリ門下生のヴェロニカ・ジリナ(11歳)が練習でトリプルアクセルに成功!

すでに4回転ジャンプも成功しているそうよ、、、

ジリナって何者よ!?って検索していたら、

なんて素敵なロシアのフィギュアスケート番組を見つけたわよ!

司会はまさかのヤグディン、そして審査員にはタラソワ氏が!グリーンのお衣装が美しいわよ!

毎回タラソワ氏の衣装だけでも楽しめそうよ笑

ていうか、なによこのフィフスエレメント、トルソワに続く宇宙人感!幾何学的な衣装に、お顔にまっぷたつに縦に入ったシルバーライン!笑

ジリナも宇宙人だったことが判明したわ笑

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

ぜひ下のブログランキング2つをポチっとして頂けると、励みになります。




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第8位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第1位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-アリョーナ・コストルナヤ, フィギュアスケート, 紀平梨花

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.