清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

【速報】フランス杯女子ショートをオネエが斬る

フランス杯女子ショート、
上位3人が65点台
という接戦になったわね。

トリノ五輪ショートみたいな横並びだわ。



フランス杯は全体的に
ジャンプの回転不足や
エッジの使い方など、

厳格に採点されたんじゃないかしら。
70点に届かなかったものね。

紀平梨花 67.64点

トリプルアクセルすっぽ抜けて
しまったわね。
それだけ難しいジャンプよね。

いかに大きな試合で
今後きっちり決めれるか

焦点になってくるわね。

でもその後は崩れることなく、
この点数は立派よ。

リッポンルッツキレイだわ~。
ちゃんと手を伸ばし切ってるところが
ポイントよ~。

フリーでは外野の期待に
惑わされることなく滑りきってほしいわよ。

本田真凛 65.37点

アメリカ大会に比べてスピードがあって、
あたしは良かったんじゃない
かしらって思ったわ。

最初の3Lo-3Tは
回転不足となってしまったわね。

精度を高めつつ、ジャンプの
加点をきっちりもらえる

ような質の良さ
彼女には求められるわよね。

このツラ見たら、
まだ本人の評価とジャッジとの評価に
差があるんじゃないかしら。

不満気だものね、

もっと謙虚におなりなさい!

PCSで少し上位と差が
付き始めてるのも気になるのよ。

三原舞依 67.95点

ショート首位に立ったわね。
最初の3Lz-3Tがまたもや回転不足。

ジャッジもこのジャンプを毎回厳しく
見ているわよね。

ホントにキレイなスケーティングだから、

もっとダイナミックに、
ジャッジに

きっちり回ってるって
いう印象を
付けないと、

このジャンプが今後の勝敗を左右すると
言っても過言ではないわ。

演技全体がコンパクトにまとまり過ぎて
いるような印象を与えてしまうのよね。

フリーはあたしの大好きな
「ガブリエルのオーボエ」。

舞依の透明感いいわ~。

メドベージェワ 67.55点

ルッツのアテンション、
跳ぶとき、踏切を意識しているのも
よく伝わってきてるわ。

3F-2Tで最初のジャンプの着氷が詰まり、
セカンドに3回転を
付けることが出来なかったわね。

手を上げるタノジャンプ
いい加減おやめになったら?

と思うのよ。いまジャンプは改良中
なんだから、体に基本を
染み込ませるのが先よ。

上位4人ともに誰が抜け出すか、
フリーの勝負となったわね。

あたしは紀平がいくんじゃないかと思うわ。
その後はメド子、舞依と続く予想よ~。

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.